帰りに札幌に出たら「北斗星」まで2時間時間が余った。ところがこの札幌駅にしてからが無線LANスポットもない!!(新千歳空港ははLAN対応してます)。時間をもてあました私は、ただわけもなく札沼線で本数の多い、あいの里まで往復して、日本全国乗りつぶしを少しだけ広げるのであった。昔はどんでもない赤字ローカル線で、おかげで新十津川などという変なところで途中でちょん切られて、さほど離れていない石狩沼田までもうつながっていないのに「札沼線」の名は残り、全国でもまれに見る、第3セクター化されていない長距離盲腸ローカル線になったこの路線も、少なくとも石狩当別の次の「北海道医療大学」までは、札幌のベッドダウンとして洗練された住宅街が続き、さらに沿線にいくつも大学ができて、乗客もコンスタントに多く、1時間に2,3本、近代的な通勤用ディーセルが走る路線になってしまったたようである。今や駅の表示にも愛称の「学園都市線」とだけ書いてあったりする。