ここからしばらくは、謹んで、あえて解説は遠慮いたします。