順序が逆になったが、こっちが「大鳴門橋」、つまり鳴門海峡を渡る橋です。ちなみに、大潮を狙わないと、実は「渦潮」はほとんど見られないことは行った人はご存知ですよね。外すと、ほとんど巨大な川の流れの中に、「洗濯機の中の渦巻き」みたいなのがたまに見られるくらいです。