この神社に参拝した時点で、町営バス発車まで残り50分。「関の五本松」は山の上にあるので、この段階で行くのを諦めた。一本余計にバスを待つと、境港側に渡ってから日が暮れそうで、そうなるとよく見えなくなるおめあてのものがあったものでして....(え?薄暗がりで「よく見えない」方が「それ」っぽいって?)