町営バス終点から遡って徒歩2分ぐらいの美保神社。観光客はぽつりぽつりいました。お土産物屋はこの鳥居のそばに集中しています。

 私は、その土産物屋にひとつで、ある商品に「呼ばれて」しまい(^^;)、「このあとどうやって持ち歩くの!!」となるのを覚悟で買いました。そんなに高くはありません。背中に背負う大きな竹かごのようなの!!

「証拠写真」は、この写真集の最後に掲載される予定ですが、この日、この後、このかごを「背負って」持ち歩いた(他の荷物や土産はすべてこの中に)おかげで、地元のお婆さん数名に声をかけられ、会話が弾むことになります。ちなみに、私はそのかごを背負って帰りの新幹線にまで平然と乗ることになります。