下り道は楽な筈、と思いましたが、実際楽でした。一度通った道だとなおのこと。