コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

2021年6月18日 (金)

「ミンキーモモ」の脚本家、故首藤剛志氏に、脚本の今後の展開について相談される夢。

朝になりましたが、さっきまで、また夢をみておりました。

*******

わたしは高校生です。しかし実際に通っていた高校とは違うようです。

私は、どういうわけか授業をサボって校内をうろついていました(私は現実にはサボったことはありません。皆勤で、ついでに言えば、生徒会副会長、成績優秀な模範生徒ということになっていましたから)。

ところが、いざ教室に戻ろうとすると、どうしても自分のクラスにたどり着けません。

正確には2年生で、校舎の2階に私のクラスはあるのですが、なぜか2階にたどり着けず、どれだけうろうろ探し回っても、上級生のいる3階と、最上階の4階にしかたどり着けないのです。

あるいは突如グラウンドを延々ランニングしている(・・・あ、これだけはすぐわかる。「ウマ娘」の影響だ)。

そうした経過を経て、自分のクラスにたどり着けたと思ったら、「今日のこの時間は、このクラスの生徒は全員校外実習に出ているよ」と、他の教師に言われる。

うちのクラスの生徒達は、しばらくして戻ってくるのだが、クラスメートは、「○○君、今度突然、ドイツに放浪の旅にでるらしいよ」とか、「△△さん、ホントは自殺だってさ」という噂ばなしをしている。

しばらくすると、なぜか廊下に、すでに亡くなった、アニメの名脚本家、首藤鋼志氏がいて、私に話しかけてくる。

(この首藤氏は、「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」や「戦国魔神ゴーショーグン」、「幻夢戦記レダ」、晩年は「ポケモン」などのたくさんの作品で知られた、大脚本家である)

「今、『ミンキーモモ』の新シリーズ(3回目)を放送しているんだが、低視聴率で打ち切り寸前なんだ。とうしたらいいと思う?」

なぜか、クラスメートの多くも「ミンキーモモ」の新シリーズをテレビでみていて、「首藤さんの才能も、もう尽きたね」とか噂をしている。

ちなみに夢の中の私は、この新シリーズを観てはいない。

私は、首藤氏から作品の構想とその意図について尋ねる。

すると、

「人魚姫はね、○○の伝説によれば△△という流れで、そこには□□という象徴的な意味が込められているんだよ・・・」

と解説を始める。

私はそれを聴いていて、イライラしてくる。

「首藤先生、そんな頭でっかちな理屈で作品を作ろうとしても、難解なだけで、視聴者のハートには響きませんよ。昔の先生はどこに言ったんですか!」

******

・・・これで夢は終わる。

首藤さんは、本来、象徴主義と感性に訴えかける面のバランス感覚があり、ファンタジックな世界とリアルな現実社会のビターな相克というテーマに説得力があった。

ただし、OVA第一作「夢の中の輪舞」は非常にバランスのいい、感性に訴える作品でしたが、OVA2作目、「旅立ちの駅」は、ちょっと頭でっかちで、理解に苦しんだ思い出がある。

他に、「頭でっかちな象徴主義に陥り、不評で大コケしたアニメ作品」といえば、私にまず思い浮かぶのは、やまざきかずお監督が作った、劇場版「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」が思い浮かぶ。

やまざき監督は、前任者の押井守監督が生み出した、アニメ史に残る傑作、「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」へのリプライとして、自分の劇場版を作ったらしいのだが、押井監督のような天才的才能には恵まれていなかったのだと思う。

押井監督なら、どれだけ象徴的でシュールな作品を作ろうと、観客にアピールするんだけどね。

最後は頭でっかちになって、思わせぶりばかりで、伏線を全然回収できず挫折し、さんざんな評価を浴びた作品といえば、あの庵野秀明監督の「エヴァンゲリオン」TVシリーズも思い浮かびます。・・・庵野さんは、むしろそのおかげで、最近まで「エヴァンゲリオン」で飯を食えたわけですが。

******

この夢、私が「頭でっかち」になっているということではないと思う。むしろ感性のおもむくまま、本能のおもむくままま(爆)となってきているというか。

昨日書いたように、私は一部のフェミニストの「頭でっかち」ぶりには悩まされてきたが。

そして、このグログで先日、「2001年宇宙の旅」について「この映画、思わせぶりな象徴主義のようでいて、実はシンプルなプロットの『娯楽作品』ではないか」と書いたばかりである。

この夢の前半の、「どうしても自分のクラスに帰り着けない」という展開は、私が今安心して所属できる集団を持たない、さすらえる放浪者のような状態になっていて、「本来の居場所に戻れない」という意味であろう。

あと、繰り返すが、私が最近「ウマ娘」にはまっていて、トレセン学園という、実質「高校生活」を懐かしく感じているということもあろう。

ちなみに私は男子校(夢の中では共学校・・・これは今でも残念。)、トレセン学園は当然女子校で、恋愛問題はタブーになっているという、これは逆の共通項はあるが。

まあ、今はこのあたりの自己解釈に留めておくとしよう。

下に、懐かしい「ミンキーモモ」のオープニングだけ貼っておきます:

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券
 

2021年5月30日 (日)

人魚姫でセーラー服学生姿の元妻とハルウララと一緒に親戚の祝宴でトンネルに入って道に迷う夢 

一眠りしている間に面倒くさい不思議な夢をみた。

私は実はジュヴナイルと思しきドラマに出演している。ヒロインは女子高生で肩までの顔が隠れるくらいの結構長い髪をしていて美人で若い頃の元妻にどこか似ている。実は人魚姫だったという設定になっている。

マスコットはどいうわけか「ウマ娘」のハルウララである。

私たちは父方の親戚の、何か演芸会のような大勢の人が集まる祝宴に招かれているのだが、私は別室のベットで寝ている。そこに元妻が現れて上からのしかかりセックスをせがむのを待っていたのだが、結局現れない。

そうか、彼女は祝宴の方に参加しているのだろうと気が付き、身を起こして祝宴の大広間の側の廊下まで出向く。彼女は、祝宴の昼間の食事タイムの席にいて、重箱の弁当をつついている。にこやかに話しており、髪が顔にかかるのが魅力的である。

そして彼女の魔法少女のマスコットキャラみたいな従者がどういうわけか「ウマ娘」のハルウララで、こっちはお膳から食べ物を取りこぼすような行儀の悪い食べ方を平気でしている。

再び演芸会はじまるが、私達は再び外の廊下に出ており、前の方の本来の席に座るには遠回りしなければならなくなる。

そこで、私は「部屋の外の周り廊下をL字型に回ればそこに行きつける」と提案する。

その廊下はやけに薄暗い。

行けども行けども暗いトンネルで、その出口を出たら、親戚の家に行く道より遥かに高台の見知らぬ土地に出てしまう。

わたしがは元来たトンネルを引き返すことに躊躇してる。

すると元妻は突如古い味噌屋か酒屋と思える家の裏口を見つけ、そこから断りもなく中に入る。

するとその店のおばあさんが喜んで表口まで土間を通り抜けることを許してくれる。

私は親戚の家に通じる道まで回帰でき、私はホッとする。

*****

・・・・何じゃ、この夢は!!

「ウマ娘」ファンなら、ハルウララが天真爛漫キャラであることはご存知だろう。

「暗いトンネルを抜ける」というのは夢の展開の典型で、得てして胎道を抜けての出生の暗喩である。

思いつくことといえば、昨日の深夜、電子書籍で学生恋愛ものちょっとエッチなコミックを読んだくらいである。

父方の親戚の家に出向く夢は私の定番だが。

夢分析の専門家の私もこの奇妙な夢の解釈には難渋しそうだ。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年5月26日 (水)

日本における多剤処方の問題について

 

>接種の前後に水分、
>とくに電解質の多い水分、を摂ると良い

私の母の場合は、施設内での接種ですから、そこまでやってもらえているかどうかわかりませんが、有効ではあれど「害のない」対策でしょうね。

私のTLに「今回のワクチンに対する副反応そのものを更に『薬で』抑え込もうというのはよくない。異物は排除しようとする生体の自然なメカニズムには逆らってはならないのではないか。安易に自宅療養に依存し、放置してしまうのは良くないが、まずは静養して様子をみるのが一番ではないか」という趣旨のものが幾つか流れてきましたが、もっともな面があると思います。

今回のワクチン接種に限らないことですが、日本は薬の副作用に対して更にそれを止める薬を出して、更にその副作用どめに薬を出す・・・という多剤処方の無限連鎖になっているケースが少なくないと思います。

これが老人たちにやたらと多剤処方する傾向を生み出しているのも確かかと思います。もちろんこの背景には、後期医療制度が1割負担でいいのに乗じた医者の側の儲け心というのもあると思いますが。

私の母も長年実に10種類近くの多剤処方を内科で受けていました。通院に連れていくことの大変さに私が無精したというのもありますが、2年ぐらい前に完全に行くのを辞めて、母は全く薬を飲まない状態になったのですが、99歳を迎え、施設に入所はしましたが、認知症にもならず、穏やかな日々を過ごしています。

この多剤処方の問題は日本の精神医療の世界でも実に深刻なテーマです。

例えば、双極性障害の治療のために、躁状態を防ぐ、本来は抗てんかん剤であるデパケンと、うつ状態を解消するために、同じく本来抗てんかん薬であるラミクタールを併用するところまでは今日世界標準の処方です(気分安定薬といいます)。

ところが、ここに更に本来統合失調症薬であるジフレキサを加え、躁状態を回避する手助けとしようとする・・・というあたりまで来るとだんだん怪しくなって来ます。

シフレキサは頭をどんよりさせ、体重増加を招き、平衡感覚を失わせる副作用があるのですね。そして過眠を誘い正常なレム睡眠の周期を奪い、夢を見るという、本来人間の精神において健全な均衡作用を阻害します。そもそも統合失調症ではない人間にジフレキサという強い薬を処方する時点でいろいろな副作用は生じておかしくないのですが。

気分安定薬は頭をピンと張り詰めた状態にして不眠を誘うので、睡眠導入剤の処方を併用するところまでは必要ですが、これで双極性障害に治療薬としてはたった3種類で済むということになります。

この例なんていい方です。日本の現実はひどいですよ。精神障害者に6種類とか8種類とか平気で処方していることなどありふれています。

これは欧米では全く観られないことです。

・・・話がコロナウイルスワクチンへの副作用の話題からどんどん飛躍しましたが。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年5月17日 (月)

父が私に高校卒業後会社勤めをせまってくる夢

今朝見た夢は、先日の夢と別な意味でビビった。

すでに10年前に死んだ父が、高校卒業の時点で「お前は働け。会社に入れるようにみっちり鍛錬してやる」と言い出し、その会社の上司として私をしごきはじめようとしているのに戦々恐々としている夢。

今の私のやり過ぎをたしなめる、私の超自我からのちょうどいいバランスを取る夢だったと思う。

そして、現実の父親は私の高校卒業後、T大大学院まで随分私を援助して甘やかして育ててくれたものだと感謝。

ともかくもう少し足を地につけて活動して行こうと思う。そういうやり方でコツコツ進めるための布石もすでに十分打ちつつあるのだから。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年5月14日 (金)

さっきまで見ていた夢は強烈!!

夢の中の彼女と交わした唇の生々しい感触は、今も残っている。 

・・・私の本名がネット上で検索不能だから、ブログに載せちゃうけどね。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年4月17日 (土)

改めて、私のフォーカシング個別指導、希望者を募集します。

夢フォーカシング、インタラクティヴ・フォーカシングでもOKです。

Skypeによる全国からのご希望に応えしますし、久留米への来談もご希望に応じます。

●久留米フォーカシング・カウンセリングルーム

830-0003 福岡県久留米市東櫛原町1362ー1(西鉄櫛原駅から徒歩7分。西鉄あるいはJR久留米駅からでしたら、0942-32-5500で久留米タクシーをお呼びになれば「東櫛原の阿世賀までお願いします」で通用します。門には大きな看板が出ています)

2

TEL 0942ー48ー8797

公式サイト:https://kasega.way-nifty.com/nikki/kurumefocusingu.html

メール:kurumefocusing@mbr.nifty.com

トレーナー:阿世賀浩一郎(The Focusing Institute認定トレーナー)

※なお、フォーカシングにとらわれず、通常のカウンセリングも受け付けています。

料金:1時間5,000円(経済的に困難な方、日本フォーカシング協会会員割引3,000円)

時間:skype面接の場合、10:00から0:00まで、隔週火曜日を14時からにする以外、年中無休。来談面接は17:00開始まで・

拙書、「入門・フォーカシング」、無料進呈。出版社贈呈本が家に180冊はあるから。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券 

2021年4月14日 (水)

私の経歴

プロフィール見れば晒してるんだけどね。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

私のブログ参照元ランキング

Facebook王子のきつねさんで大半が占められてますね。

Ws000002_20210414201201
楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

2019年7月27日 (土)

「きまぐれ☆オレンジロード」についての夢ばかりみた。

今朝の夢は「きまくれ☆オレンジロート」漬け。

私の部屋中が「きまオレ」のポスターだらけ。私は出版社でこの作品についての本を書打ち合わせを深夜の高円寺で何やらしている。

私は八王子(以前私が住んでいた)にある公営マンションの7階・・・なぜか窓ガラスは割れまくっている木造の異様にぼろいマンションでに残した老母のもとに帰り、早く食事を作ってあげないと焦って、中央線の電車に乗ろうとしている。

******

アニメシリーズ、放映当時は、原作以上に気取ったリア充的作品のように演出され、鮎川まどかにサクソフォーンは吹かせるシーンは子供が怖がるとかなんとかの理由で、シリーズ後半はお子様向け方向に路線変更され、私は角が取れてしまい、刺激に乏しく感じていた。

望月智充監督による劇場版「あの日にかえりたい」に至っては、恭介とまどか、ひかるの三角関係の解消の物語を、「現実にあり得るように」辛辣に描き過ぎて、原作者のまつもと泉先生ですら、「まどかはひかるをあんな傷つけるような終わらせ方にはしなかった」と批判する始末。

私はひかるちゃんの図太さを、「よくやった!!」と賞賛するスタンスで「アニメージュ」や「OUT」に投稿していましたが。

現在では「きまオレ」の評価自体が相当高くて、今の連中も鑑識眼あるじゃん!と思っています。

現在で言えばひかるはストーカーもどきにまで行き着いています。私は望月監督自身に「危険な情事」からの影響の可能性を書き送ったら、実際にお目にかかる機会がありました。

●Filmarks:「あの日にかえりたい」レビュー

 ↓ このDVDはフランス盤ですので、リージョンが異なります。普通のDVDプレイヤーでは再生できませんので念のため(再生できた場合、日本語対応します)。賛否両論のレビューだけでも読んでみてください。これ以外の方法で観てみたい方は・・・、手はありますので、鋭意努力して下さい(^^)

 

2019年7月 7日 (日)

父親が家に帰還する夢

しつこく夢の話。

著作を3冊出す今の私にとっては、自分を律していくのには、夢という「無意識の世界」という「他者」からのメッセージを大事にすることは、何より精神衛生上大事なことのようだ、

*****

母親と父親が外出している。

私も家に帰ろうとしている。

お宮の鳥(家から400メートルぐらい、子猫の夢に出て来たのと同じ天満宮のお宮さん)の鳥居のあたりで、通りかかる人全員に丸い綿菓子のようなもの(柄はない。薄いビニール袋に入っている)が2個ずつ配っている。

私は、自分は貰わなくてもいいと思い、よけて通ろうとする。

すると、町内会のおばさんと思しき人から、

「あれは全員がもらうしきたりなの。それをもらわないなんて、あなたのお父さんとお母さんの教育はどうなっているの?」

という叱責の言葉がかかる。

私がそのあとその綿菓子を家に帰ったかどうかは夢の中では定かではない。夢の展開からすれば、家に自分の分は持って帰ったように思う。

家に戻ってしばらくすると、父と母がいっしょに帰ってくる。ふたりの手にも綿菓子状のものは持って帰られていた。

父は何か私に向かって始めた(指示を出してきた)ようであったが、その具体的内容は夢から覚めたら覚えていない。

父は3週間ぐらい入院していたようにも思えた。

私は父が帰ってくると知ってはいたが、いよいよとなるとそれを面倒な、重石のように感じている。

ここまで。

短い夢である。

===============

夢フォーカシングを始めるぞ。

起きた瞬間に感じたのは、

「ああ、父はもうとっくに死んでいるじゃないか、父が死ぬ前は確かに『こんなふうな』重圧を自分は感じていたな」

と、父が生きていた頃の「居心地」のようなものを今更のように思い出す。

ぼっとすると同時に、父がいないせいで不自由感からは解放されて、自分が思うがままに決断して動けているのだが、「監視の目が行き届かなくなって、私が危険な暴走を始めても歯止めというものが効かないのだな」という思いである。

確かに、父のような、ある意味で干渉的な「まなざし」を一方で自分で自分に向け続けるのも大事なことのように思われた。

ある意味で世間体を気にしながらも、リアリストで、自分からの冒険をしなかった父。

でも、父親も結構無計画な散財家だったことが父の死後、随分明らかになったっけ。

それはその後の私に似ている。私にとって最後の散財は、本が売れて、印税を得る以前の問題として、読者が私のカウンセリングを受けに来る数が増えて、生活が安定することだ。それまでは辛抱が必要だ。

こうした「辛抱」に関しては、父親だけでは済まされない、自力で獲得できなばならないことだ。

「夢の続き」はどうなっただろう。

以前の私なら父親に隠れて好きなようにやりその後でしくじった後で父親が介入していた。

今の私なら、当初から自分のやりたいことを打ち明けいろいろ批判されながらも、きちんと話し合って、両者納得ずくでことを進めたのではなかろうか。

それは「今からでも遅くはない」のである。父のような慎重さと世間体への配慮、仕事熱心さも自分なりに手本にして、「ここで父ならどうするか」を確認しながらでもいいのではないか。

父に「なってみる」と?

・・・結構「私」のことを善意で心配している。・・・そして、父親は父親なりの生活パターンを、私のことは気にし過ぎずに、守り通すであろう。そういう、いい意味での個人主義性は確かにあっていいことである。

母親は? ・・・結局父と私に思いのままについて行くだけかな。全状況を把握できないまま、亡き父=今の私にすべてを委ねっぱなしだろう。

*****

さて、順序が逆になるが、お宮さんでの「通過儀礼」としての丸くて白いふわふわした綿あめ状のものを最初私はもらわずに通り過ぎてしまおうとしていた私について。

私はいつも「このような」面がある、当然の「通過儀礼」だと周囲がしきたりとしているものを「通り抜けないで」先にすすむところ。

これが周囲に人に疎んじられ、ムラ社会からよく思われてはいまいこと。

「もらわないなんて、あなたのお父様とお母さまの教育はどうなっているのかしら」

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

でも、そうやって素通りできるからこその今の私なんだけどね。

私は「関門」を「正面突破」しようとしたのではない。脇に広い「抜け道」があったから活用しようとしたまでだ。

もちろん、お宮さんでの「神聖なもの」を受け取ることを「回避」していることそのものは、いずれ私にその分の「対価」となる災いをもたらす可能性があるので、注意すべきことだろうとは思う。

夢の中ではお宮さんの綿菓子だが、それはカトリックのミサでの聖体拝領のパン(ビスケット)のようにも思われてきた。

なんという不信仰なものだとうか!!

最後に、綿菓子に「なってみる」。

「・・・おれ、おいしんだぜ。食ってくれよ」

・・・・わかったわかった。

JAL 日本航空 国際線航空券 G-Tune

フォト
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。