コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

音楽

2022年11月24日 (木)

阿世賀浩一郎 著 「若き臨床家のために」Amazonで発売開始

本日、拙書「若き臨床家のために」が発売開始されました。

ロジャーズの、受容・共感・自己一致の相克とその解決法から解き明かし、フォーカシング関係では、積極的傾聴、体験過程尺度、体験過程インタビュー、Focuser as Teacher、インタラクティヴ・フォーカシングの臨床的活用なども取り上げています。

クライエントさんのことを「理解する」ということはどういうことかというテーマが通底しています。

私の現場カウンセリング技法の、現段階での集大成と自負しております。

現段階では、Amazonでの通販のみでお買い求めいただけます(Kindle版は、恐らく10日ほど発売が遅れます)。

オンデマンド出版のため、一般書店ではお買い求めいただけず、ネットを通してのみとなります。

販売サイトは、他にも拡大できればと思っておりますので、どうかよろしくお願い申しあげます。

******

はじめに 
   
第1章 なぜカウンセラーになったのか 
第2章 カウンセラーとしてしか生きられないからカウンセラーをしているだけ?
第3章 相談に来た方の話を「受容しよう」と「がんばる」ばかりのカウンセラーの弊害
第4章 共感的に話を聴くとは? (入門編)
第5章 カウンセラーは、クライエントさんの話を「受容・共感」できない方向に、徐々に追い詰められていくことも多い
第6章 自分が相手に共感できて「いない」ことを「自己『共感』」すること 
第7章 クライエントさんに「共感できない」気持ちを糸口に、クライエントさんへの深い「共感」への道を開くこと 
第8章 安易に共感されると人は自分自身でいられなくなる
第9章 「異邦人」としてのカウンセラー
第10章 カウンセリングの開始とは、実は、クライエントさんの最初の「行動化」である
第11章 ユーミンのデニーズ伝説 Ⅰ
第12章 ユーミンのデニーズ伝説 II
第13章 ユーミンのデニーズ伝説 III
第14章 「ケーススーパーバイズ」とは何だろう ~入門編~
第15章 私のスーパーバイズ ~実践編~
第16章 「オモテ」技法と「ウラ」技法 または収穫逓減の法則
第17章 カウンセラーに何ができるか
第18章 体験過程尺度入門
第19章 体験過程インタビュー
第20章 クライエントさんの真の洞察の瞬間、カウンセラーはクライエントさんに「追い越される」
第21章 単なる「ロールプレイ」より効果的なカウンセラー訓練
第22章 気持ちを表わしたり聴いたりする際に、五感を「主語」とする言葉を使うこと。「やまとことば」に敏感であること
第23章 村瀬嘉代子先生語録
第24章 カウンセリングがうまく進んでいる時とは? ~黄金のトライアングル~
第25章 「甘え」と「KY」 -土居健郎先生ご逝去に寄せて-
第26章 格差社会の中での開業カウンセリング
第27章 カウンセラー同士の人間関係
第28章 若き臨床家のために
第29章 治療者とクライエントの間の「秘密」について
第30章 日常とカウンセリング場面の往復
第31章 巣立たれること。

おわりに

2_20221124131301

 

2022年11月 7日 (月)

広島同人誌即売会で、TAMさんにまどマギの「コネクト」リクエストした。

TAMさんというYouTubeやニコニコ動画で活躍するばかりか、世界をまたにかけてライブしている著名なアニメ・ミュージックのバイオリニストがおられる。

私は未知の方だったが、広島での同人誌即売会で、ちょうど向かい側のブースでCD等を売っておられて、いつも人が絶えなかった(その時の写真撮っておけばよかったな)。

即売会閉会後に、ミニコンサートとなったのだが、リクエストを募られたので、私は思い切って「まどか☆マギカ」の「コネクト」をリクエストした。

「コネクト」なら、バイオリンソロでも重音奏法(ダブル・ストップ)で軽快に弾きこなせる可能性があり、ステージ映えするし、若い人まで皆知っているから喜んでリクエストに応じてくれると直感してのリクエストだったが、期待通りに弾いてくださった。

これなら動画にもありそう、と漁ってみたら、ニコニコ動画に、二重録音のものはあったのでご紹介。

 

******

遡って書けば、広島には前泊したが、新幹線で広島駅に着いた後、まずは広島電鉄の路面電車で平和祈念公園に向かった。

Photo_20221107033201

原爆ドーム

Photo_20221107033501

原爆の子像

Photo_20221107033601

原爆の火

Photo_20221107033602

平和記念館

Photo_20221107033701

平和記念館の窓から全景

Photo_20221107033702

広島即売会設営

Photo_20221107033901

サイバーリンクパソコン工房

2022年10月23日 (日)

AKG BluetoothヘッドフォンTK371-B

ドイツ製 AKG(アーカーゲー)の Bluetooth 無線接続 ヘッドフォン、K371-BT。
20221023_195038

すでに SONY のWH-1000XM5を持っていて、十分に音に満足していたつもりだったが、サウンドハウス から貯まったポイントの有効期限が迫っているとのメールを受け、中古で何か買えないかと思って買ったのだが、コーデックが AACであるにも関わららず、SONYとは異次元の音楽性に仰天した。

定価の3分の1で、出来心で買ってみてほんとうによかったと思う。

ノイズキャンセリングはないが私は使わない主義なので問題なし。

こういう点は日本の製品はヨーロッパの老舗にはかなわないのか。

若い頃はAKGの音は嫌いで、圧倒的にゼンハイザー派だったのだが。

サイバーリンクパソコン工房

2022年10月19日 (水)

阿世賀浩一郎新刊「若き臨床家のために」表紙装丁完成。

「若き臨床家のために」表紙装丁完成。

11月末、Amazonより電子書籍とオンデマンド出版予定。

Photo_20221019181801

サイバーリンクパソコン工房

2022年10月11日 (火)

とりあえず自宅オフィスのアナログオーディオ環境十分整ったか?

20年ぶりにアナログを復活させようと思い、まずは低コストで無理のないことをしてきました。

ターンテーブルはテクニカ AT-LP60X DGMのカートリッジをオルトフォンVNに取り換え、下はパール金属 大理石 めん台で支えています。

SoundArtist SA34A 真空管アンプ、スピーカーはSANSUI 真空管ハイブリッドアンプ搭載CDステレオシステム SMC-300BTのスピーカーを流用。

これだけでは音像がぼやけ過ぎと思ったので、スピーカー台としてBQKOZFINの木製のものに、柱の中に砂を充填して載せました.。

すると、帯域感が大幅にひろがり、音もくっきり、間接音成分の空間感もかなり表現されるようになりました。

テーブルタップはオヤイデのOCB-1 ST II、スピーカーケーブルはZONOTONE 6NSP-1500Meisterです。

実質10万ちょっとの出費ですが、とりあえず最低限は満足しました。

あとは、天神の新オフィスが黒字経営に転じたら、カートリッジ→スピーカー→ターンテーブルの順で徐々にグレードアップしていくつもりです。

Fexiremakaaia8o

サイバーリンクパソコン工房

 

2022年10月 9日 (日)

「若き臨床家のために」目次

まもなく刊行する「若き臨床家のために」の目次です:

 

******

 

はじめに
第1章 なぜカウンセラーになったのか 
第2章 カウンセラーとしてしか生きられないからカウンセラーをしているだけ?
第3章 相談に来た方の話を「受容しよう」と「がんばる」ばかりのカウンセラーの弊害   
第4章 共感的に話を聴くとは? (入門編)
第5章 カウンセラーは、クライエントさんの話を「受容・共感」できない方向に、徐々に追い詰められていくことも多い
第6章 自分が相手に共感できて「いない」ことを「自己『共感』」すること 
第7章 クライエントさんに「共感できない」気持ちを糸口に、クライエントさんへの深い「共感」への道を開くこと 
第8章 安易に共感されると人は自分自身でいられなくなる
第9章 「異邦人」としてのカウンセラー
第10章 カウンセリングの開始とは、実は、クライエントさんの最初の「行動化」である
第11章 ユーミンのデニーズ伝説 Ⅰ
第12章 ユーミンのデニーズ伝説 II
第13章 ユーミンのデニーズ伝説 III
第14章 「ケーススーパーバイズ」とは何だろう ~入門編~
第15章 私のスーパーバイズ ~実践編~
第16章 「オモテ」技法と「ウラ」技法 または収穫逓減の法則
第17章 カウンセラーに何ができるか
第18章 体験過程尺度入門
第19章 体験過程インタビュー
第20章 クライエントさんの真の洞察の瞬間、カウンセラーはクライエントさんに「追い越される」
第21章 単なる「ロールプレイ」より効果的なカウンセラー訓練
第22章 気持ちを表わしたり聴いたりする際に、五感を「主語」とする言葉を使うこと。「やまとことば」に敏感であること
第23章 村瀬嘉代子先生語録
第24章 カウンセリングがうまく進んでいる時とは? ~黄金のトライアングル~
第25章 「甘え」と「KY」 -土居健郎先生ご逝去に寄せて-
第26章 格差社会の中での開業カウンセリング
第27章 カウンセラー同士の人間関係
第28章   日常とカウンセリング場面の往復
第29章 巣立たれること。

 

2022年10月 6日 (木)

アントニオ猪木の死にあたって、敢えて諸富祥彦先生に捧ぐ

 

「猪木さんがお亡くなりになって残念ですね。さぞお悲しみのことと思います」

 

とメールで書いておいたのですが、やはり相当落ち込んでおられると推察していました。

 

結局、諸富先生からは、わずか3行、

 

>紹介できる出版社一社だけあったのですが
>病で倒れてしまわれました
>申し訳ありません

 

とのお返事。

 

でも、一人のヒーローに、ここまで寄りかかっていたって、それでいいの?

学会で対話した時、この人、ほんとにケン・ウィルバー読んでいるのか疑問に感じたことがあります。

個人主義を澱まで飲み干した先にしか、トランスパーソナルな世界はないはず。

浜崎あゆみがどれだけ孤独に耐えたか、それでも「自分」を貫いたかなんて、理解できそうもない。

「一人でいても感じる孤独より二人でいて感じる孤独の方がつらいことのように」
(SURREAL)

これがプロデューサー、MAX松浦との関係だったわけでしょ?

「どこにもない場所」に敢えて自分から立つとはどういうことか?

私の考えでは、

「どこにもない場所」

に立ち、

「私は私のままで立ってるよ」

「ねえ君は君のままでいてね そのままの君でいて欲しい」

と思えた時に、クライエントさんは自ら変化して行くんですよ。

ねえ 諸富祥彦 さん!!

おまけ。

2022年10月 3日 (月)

SoundArtist SA34A 真空管アンプ

プリメインアンプです。
入力はアンバランス2系統。
重いです。
私はORIONのハイブリット型真空管レシーバーとサウンドバーを持っていますが、解像度と輪郭の鮮明さでは真空管とデジタルのハイブリッドの方が勝るかと思います。
しかし、物柔らかな音で、LPプレーヤーからのアナログ入力を楽しむのには王道かと思います。
なお、専用CDプレーヤーは持っていないので、その形での視聴はしていません。
Fd968doacaa9qtv

TANNOY アンプ内蔵スピーカー GOLD 8

私は15年ほど前までタンノイのスターリングを使っていましたが、売却していました。
本製品はタンノイのトレードマークである同軸2ウエイを採用しています。
アンプ内蔵ですが、バランス入力も可能。
後は、広域から中域にかけては、タンノイならではの媚薬的な艶めかしさ。
低域はドスンとくるパワーはありませんが、ぼってりしないすっきりしたものです。
ステレオミニプラグ入力。だだこのミニプラグコードがやたらと長くて高品質と思えないので別に買ったほうがいいかと思います。
また、1本売りでして、ステレオ2chにするには2つ買いが必要。電源プラグは三相式であり、相応のテーブルタップが必要です。
スマホのサブスクを聴くとすれば、コストを考慮すると最高の組み合わせに一つかもしれません。
Fdz4wc3acaevz4n

永野希さん出演のミュージカルで直筆サインいただきました。

私は、漫画家、永野のりこ さんとは大学時代同期で、臨床心理自主ゼミという小さなサークルでご一緒していました。

彼女の娘さんが永野希さん。

little non というユニットで歌手デビューしましたが、彼女がデビュー前、秋葉原で誰も聴衆がいないのに元気にひとりで歌っていた姿に遭遇し、「のりこさんに似てない?」と思ったけど声をかけられず、数か月後にデビューしてびっくり!というエピソードがああります。

彼女はその後、声優、アニソン歌手、いや、それだけではないマルチアーティストとして活躍していますが、偶然、朝倉薫演劇団主催のミュージカル「シーラカンス・アピアランス」に出演すると知りました。

私は速攻で東京、新宿シアタープラッツまで観に行くツアーを敢行しましたが、そこまでしてほんとうに良かったと思う。

私はミュージカルは大好きだが小劇場というのははじめてだった。

テンボよい洗練された内容で、どの役者も、歌もセリフもひとり残らず非常にうまかった。

ソーシャルディスタンスで終劇後のサイン会では握手もできず、3メートルの距離を持ち、係員が手渡し仲介するまどろっこしい形ではありましたが、2,3分丁寧に時間をかけて書いていただいたサイン はいただきました。

「お母様によろしく!」と声をあげるのが精一杯でしたが。

主催:朝倉薫
脚本・演出:麻草郁
作曲:中村康隆
ケイト(主役):栗生みな
シーラ:あさみゆうき
ビジィ(取材記者):湖山ひかる
アレア(麻薬捜査官):ナギノエナ
ザナ:谷向美紅
ティフィ:懸佑芽
エディス(セラピスト):今西由夏(ゆかんぬ)
アレックス:星友里恵
カーラ:更科零
ベティ:松原瞳
デルマ:端穂
ミッチ:伊藤茜
マーサ:内田美幸
リバー:風間涼香
シャーリー:永野希
リリィ:椎名桂子

Feckruwacaarfwy Feclspfaeaafv8Fd3j6peuoaeuh49

FecmhvoagaawqaFedvgiyaaaa5so0Fedwe_jaaaakrb3Photo_20221003015101

●永野希(Wikipedia)

より以前の記事一覧

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。