コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

Twitter

リンク

経済・政治・国際

2021年3月29日 (月)

東京オリンピックの聖火リレーは中止すべきである。そしてオリンピックは延期すべきである。

聖火リレーは中止すべきである。

聖火リレーには多くの観衆が集まっていると聞く。何がソーシャルディスタンスだ!!

https://togetter.com/li/1689550

 

その観衆とオリンピック反対派を封じ込めるため、膨大な人数の景観等が動員されているという。

政府と電通は、コロナ終息の方向に向かうと喧伝しているが、今や外国の報道機関も疑念を証明し始めている。全世界へ放映権を持つアメリカの放送局ですらそうなのだ。

世論調査でも50%i以上の人が開催に反対なのだ。

コロナの第4波はすでのはじまっているとの観測もある。

大相撲やプロ野球は感染者を制限して開催されている。競馬に至っては今でも無観客での開催。花見自粛も呼びかけられている。

芸能人のかなりの部分が整理リレーを辞退し、宮本亜門氏ははじめとしてテレビで公然と反対表明をする人も少なくなくなった。

私としては、励んできた選手たちには申し訳ないが、2024年に延期し、次のパリも順送りで延期すべきと考える。

私の98歳の老母は、介護衆院を1年間続けているが、いまたに全面面会禁止である。時々電話で話をするが。

●久留米フォーカシング・カウンセリングルーム

2019年7月19日 (金)

山本さんの追及の仕方は凄い

去年の西日本豪雨のあとですが。 こういう追い込み方ができるのはすごいですね。

JAL 日本航空 国際線航空券 G-Tune

2019年7月18日 (木)

北海道での安倍首相演説時にヤジで警察官によって排除された件についての政府答弁

「詳細は警察に問い合わせろ」で逃げて、原則論だけで逃げるなよ。

JAL 日本航空 国際線航空券 G-Tune

れいわ新選組山本太郎、ネコのような生き方を説く

ネコのように周囲に余計な気遣いなどせず、気ままに生きる権利が欲しいものです。生きる「価値」とか「生産性」で人をはからないでいられる社会。

こちらからどうぞ。

 

安倍総理「お父さんは恋人を誘って、お母さんは昔の恋人を探し出して、選挙に行きましょう」・・・どこが「家族の絆が大事」やねん。

「夫婦そろって」「恋人一緒に」「近誘い合わせの上」「友達と一緒に」「おひとりさまでも」ならわかる。

こちらからどうぞ。

JAL 日本航空 国際線航空券 G-Tune

れいわ新選組の提起する政策は決してポピュリズムではない。各党の中でMMTのいいところを取り入れた一番妥当な政策と思えてきた。

2019年7月15日 (月)

対人援助職の人は、「使命感」から仕事に励んでいるのはよくない・・・という大逆説

これも「カウンセラーこういちろうの雑記帳」で少し触れたことなのですが、今の私なりの言葉で拡大敷衍しましょう。

 

・・・これは心理カウンセラーも同じことですね。

「使命感」で薄給に耐えて仕事してませんか?

親や配偶者の給料をあてにしないと生活できていないのではないですか?

自分の仕事に「専門職」としてもっと「プライド」を持ってもいいのではないですか?

中井久夫先生が、確か「軽症境界例について」という論考で述べています:

「なぜ精神科医をしているのかと患者に尋ねられたら、『ただ日々の糧を得るため』と答えられるべきである」

究極の大逆説です。

「使命感」から仕事をすると、クライエントさんを必要以上に「退行」させ、自分で自分なりに問題に取り組もうという意志をむしろ阻害してしまいます。

そうやって「期待」させておいて、救世主のように称えられ、依存させていると思っていたら、何かのはずみで「期待」に応えれなくて、今度は憎しみを生む。「陽性転移」から「陰性転移」への逆転なんてそんなものじゃないですか?

いわゆる「境界例人格障害」は、もちろん成育歴(親の隠れた虐待なども含みます)や、生まれ持った生理的・神経学的要因もあるでしょうが、歴代精神科医や歴代カウンセラーによって、いっそう「こじらせられた」状態かもしれないと思います。

*****

やりがいに「見合う」だけの報酬が得られるのなら、真のプライドが持てるはずです。

クライエントさんにしても、特にうつ病圏の人は、「使命感で」仕事をしようという呪縛にとらわれている気がします。

人に認められようするために仕事しようとするのは「不健全」です。

「自分のための」人生です。

仕事以外のパーソナルな世界のために「投資」できるくらいの余裕が持ててこその人生です。

・・・それができないのなら、それこそ選挙で、対人援助職の雇用の安定と賃金の増加に少しでも貢献してくれそうな候補に投票して、主権者としての権利を行使するとか、国会議員に請願するとかしたほうがいいかと思います。

これ、批判を覚悟で書いておきますね。

2019年7月14日 (日)

人は生きているだけで価値がある存在である

れいわ新選組の山本太郎代表の政権放送。

埋め込みでは表示できないので、もう一つ先までクリックしてください。

「人は生きているだけで価値がある存在である」

この言葉だけで重いと思います。

比例区は「山本太郎」で行こうかなー

この政見放送でも説明されていますが、比例区は「れいわ」と書かなくても、「山本太郎」でいいんですよ。

2019年7月13日 (土)

"responsibility"とは"response-ability"

"responsibility"とは"response-ability"すわち「応答能力」のことだと思う。

”accountability”と近いだろう。

「それは違うと思う」「それは私にはできない」でもいいと思うし、最低限「読んだよ」でもいいと思う。

TwitterやFacebookのレスには「いいね!」ボタンという便利なものがある。

私はresponse-ability"を果たしてくれない「沈黙」が大の苦手であり、耐え難い苦痛であり。孤独である。

批判されでこき下ろされる方がナンボカマシで、耐えられるし、感謝も信頼もできる。

これは少なくとも欧米社会ではまず見られない事柄ではなかろうか。

 「沈黙」されると、いちいち相手の気持ちを察して、「何かマズイことでも言ったかな」「場の空気を読めないでいるのかな」とか自責的におろおろしなけらばならなくなる。

大学院時代、そうやって私の発言に沈黙をもって応えられてばかりの時に、先輩に「つらい」と相談したら、「あなたの発言にみな圧倒されているのだよ」と言ってもらえて、随分救われたことがある。

「カウンセラこういちろうの雑記帳」より引用:

 人は、相手が自分のことを「理解していない」とか、「冷たい、拒否的な態度を取られる」ことには、実は結構耐えられるのではないかと思う。

一見「受容的」態度の結果、「自分が自分でいられなくなること」にこそ、人は絶望するのではないか。

ある意味で、その人を、より深く自己理解しようという方向へ導けるのは、その人自身だけであるし、それは、その人の「権利」ではあっても「義務」ではない。
その、『権利』を行使するための単なるお手伝い、それがカウンセリングではないか。

 

2019年7月 7日 (日)

参議院選挙福岡選挙区野田くによし候補演説会ノーカット

久留米市宮ノ陣町にある久留米ビジネスプラザアルカディアホール。

「頑張ろー!」のコールもやりましたし、ひとりひとり握手していくのにも加わりました。 

動員は成功していて、中規模ホール一杯、200人は聴衆がいたと思います。

久留米の中心から少し離れた、しかしマンションやいろいろな病院や地域施設、工場や研究所が最近増えている宮ノ陣町、宮の陣駅から歩いてに15分ぐらい。(と言っても私の住む櫛原駅らから筑後川を渡って一駅)

宮の陣というのは、南北朝動乱で懐良親王が陣を置いたことが由来。

親王が血染め太刀を洗ったという大刀洗町も近くです。

大抵の人が自家用車で来ていました。

これでの私後援会活動は一応終わりかな?

変なことは何一つ言い出さない、平凡といえば平凡ですが、地域に根を張ってきた、実務型政治家という印象です。

 

JAL 日本航空 国際線航空券

G-Tune

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール