コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

ゲーム

2021年6月18日 (金)

「ミンキーモモ」の脚本家、故首藤剛志氏に、脚本の今後の展開について相談される夢。

朝になりましたが、さっきまで、また夢をみておりました。

*******

わたしは高校生です。しかし実際に通っていた高校とは違うようです。

私は、どういうわけか授業をサボって校内をうろついていました(私は現実にはサボったことはありません。皆勤で、ついでに言えば、生徒会副会長、成績優秀な模範生徒ということになっていましたから)。

ところが、いざ教室に戻ろうとすると、どうしても自分のクラスにたどり着けません。

正確には2年生で、校舎の2階に私のクラスはあるのですが、なぜか2階にたどり着けず、どれだけうろうろ探し回っても、上級生のいる3階と、最上階の4階にしかたどり着けないのです。

あるいは突如グラウンドを延々ランニングしている(・・・あ、これだけはすぐわかる。「ウマ娘」の影響だ)。

そうした経過を経て、自分のクラスにたどり着けたと思ったら、「今日のこの時間は、このクラスの生徒は全員校外実習に出ているよ」と、他の教師に言われる。

うちのクラスの生徒達は、しばらくして戻ってくるのだが、クラスメートは、「○○君、今度突然、ドイツに放浪の旅にでるらしいよ」とか、「△△さん、ホントは自殺だってさ」という噂ばなしをしている。

しばらくすると、なぜか廊下に、すでに亡くなった、アニメの名脚本家、首藤鋼志氏がいて、私に話しかけてくる。

(この首藤氏は、「魔法のプリンセス・ミンキーモモ」や「戦国魔神ゴーショーグン」、「幻夢戦記レダ」、晩年は「ポケモン」などのたくさんの作品で知られた、大脚本家である)

「今、『ミンキーモモ』の新シリーズ(3回目)を放送しているんだが、低視聴率で打ち切り寸前なんだ。とうしたらいいと思う?」

なぜか、クラスメートの多くも「ミンキーモモ」の新シリーズをテレビでみていて、「首藤さんの才能も、もう尽きたね」とか噂をしている。

ちなみに夢の中の私は、この新シリーズを観てはいない。

私は、首藤氏から作品の構想とその意図について尋ねる。

すると、

「人魚姫はね、○○の伝説によれば△△という流れで、そこには□□という象徴的な意味が込められているんだよ・・・」

と解説を始める。

私はそれを聴いていて、イライラしてくる。

「首藤先生、そんな頭でっかちな理屈で作品を作ろうとしても、難解なだけで、視聴者のハートには響きませんよ。昔の先生はどこに言ったんですか!」

******

・・・これで夢は終わる。

首藤さんは、本来、象徴主義と感性に訴えかける面のバランス感覚があり、ファンタジックな世界とリアルな現実社会のビターな相克というテーマに説得力があった。

ただし、OVA第一作「夢の中の輪舞」は非常にバランスのいい、感性に訴える作品でしたが、OVA2作目、「旅立ちの駅」は、ちょっと頭でっかちで、理解に苦しんだ思い出がある。

他に、「頭でっかちな象徴主義に陥り、不評で大コケしたアニメ作品」といえば、私にまず思い浮かぶのは、やまざきかずお監督が作った、劇場版「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」が思い浮かぶ。

やまざき監督は、前任者の押井守監督が生み出した、アニメ史に残る傑作、「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」へのリプライとして、自分の劇場版を作ったらしいのだが、押井監督のような天才的才能には恵まれていなかったのだと思う。

押井監督なら、どれだけ象徴的でシュールな作品を作ろうと、観客にアピールするんだけどね。

最後は頭でっかちになって、思わせぶりばかりで、伏線を全然回収できず挫折し、さんざんな評価を浴びた作品といえば、あの庵野秀明監督の「エヴァンゲリオン」TVシリーズも思い浮かびます。・・・庵野さんは、むしろそのおかげで、最近まで「エヴァンゲリオン」で飯を食えたわけですが。

******

この夢、私が「頭でっかち」になっているということではないと思う。むしろ感性のおもむくまま、本能のおもむくままま(爆)となってきているというか。

昨日書いたように、私は一部のフェミニストの「頭でっかち」ぶりには悩まされてきたが。

そして、このグログで先日、「2001年宇宙の旅」について「この映画、思わせぶりな象徴主義のようでいて、実はシンプルなプロットの『娯楽作品』ではないか」と書いたばかりである。

この夢の前半の、「どうしても自分のクラスに帰り着けない」という展開は、私が今安心して所属できる集団を持たない、さすらえる放浪者のような状態になっていて、「本来の居場所に戻れない」という意味であろう。

あと、繰り返すが、私が最近「ウマ娘」にはまっていて、トレセン学園という、実質「高校生活」を懐かしく感じているということもあろう。

ちなみに私は男子校(夢の中では共学校・・・これは今でも残念。)、トレセン学園は当然女子校で、恋愛問題はタブーになっているという、これは逆の共通項はあるが。

まあ、今はこのあたりの自己解釈に留めておくとしよう。

下に、懐かしい「ミンキーモモ」のオープニングだけ貼っておきます:

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券
 

2021年6月17日 (木)

カウンセラーの「無知の知」(第2版)

●村瀬嘉代子先生語録

私のブログの人気記事だが、ここで嘉代子先生は、「「活きたGenaral Art(一般教養)を活用できること。産業心理学のカウンセラーで、『日経』や『会社四季報』を読んだことがないのはいかがなものか。」

(続き)「ソニーとアイワの合併について、ソニーとアイワの社風の違いを知らないで、単に『大企業への吸収合併』という視点を持つだけで、アイワの社員の合併後の不適応を理解してあげられるだろうか?」とおっしゃっている。(続く)

(続き)・・・この論理でいけば、例えば競馬好きのクライエントさんでヲタクでもあるクライエントさんがいて、ゲーム「ウマ娘」をやったことがないのはいかがなものか、ということになる。#カウンセリング #競馬 #ウマ娘

  • 【追伸】:この部分、修正する必要があります。嘉代子先生は、「社風の違いを知らなねばならない」と言っておられるわけだから、実際に「ウマ娘」をやる必要はないんです。
  • ・・・恐らく、嘉代子先生の意図に対応する水準としては、ソシャゲとはどういうものか(ネットを通してのコミュニケーションツールであるということ)、育成シミュレーションとはどんなジャンルで、それぞれのジャンルの代表的な作品は何か、ぐらいは知っておかねばならないということぐらいでしょうね。

子供とかヲタクとか若者を相手にするカウンセラーは、ゲームとか「進撃の巨人」「鬼滅の刃」について、やったり読んだりしたなくてもいいから、かなり具体的に理解できないとヤバいと思う。#ゲーム #進撃の巨人 #鬼滅の刃

もちろん、理解でき過ぎるのもどうかと思う。「ふーん、そんなのがあるんだ」というあたりで、むしろクライエントさんに、カウンセラーにそれを「理解させよう」と頑張る機会を与え、自己主張、自己表現のスキルを磨かせることは、成熟へと結びつく。でも「そんなの知らないよ」と突き放してはならない。

  • 【追伸】: ここも補足。「知らねえよ、そんなの(爆)」と、ユーモアを込めて、冗談めかして言うぐらいはいいのだと思います。それに続けて、そのゲームやコミックについての話をクライエントさんがするかどうかは、クライエントさんの意志に任せるぐらいがちょどいいのかもしれません。ここで立ち止まり、ゲームやコミックの話題に執着するのはやめ、自分の主訴・・・例えば学校で孤立しているとか、自分が引きこもっているのをどうしたらいいのか悩んでいる、とかいう話題に立ち返るクライエントさんもいるでしょう。・・・このあたり、非言語的コミュニケーションも含めた次元の、デリケートな問題だと思います。

少なくとも、次回の面接の際に、「あれからゲームの方はどう?」ぐらいはさりげなくどこかで振ってあげてもいいのではないか。

  • 【追伸】:これもクライエントさんによっては避けた方がいい言葉かもしれません。クライエントさんは別にゲームの話をしたくてカウンセリングにきたのではないことを漠然とは「自覚」している場合もあるでしょう。

これは何でも同じことで、フェミニズムの用語を振り回すクライエントさんがいたら、大急ぎでフェミニズムの勉強を、ネットでできる範囲ででいいから、するべきだ。

  • 【追伸】:これはやるべきだと思います。クライエントさんは、いわば「外国語」を話すことに固執しているようなものですから。自分の「土俵」に引きずり込みたがっている。こちらも少しはクライエントさんの「土俵」にあがってあげるしかない。つまり、こちらも少しはその「外国語」を理解できなければならないでしょう。だいたい、フェミニズム固有の内輪の概念を振り回すことに固執しているクライエントさんは、「知性化」傾向が強く、自分の悩みについて生々しく語ることができないでいるのです。

実際Twitter上でツイフェミとの論争の時に私の学習テンポは速く、数日で用語を使いこなせた。しかも半可通のツイフェミより正確に。#フェミニズム

まあ、「カウンセラーなのにそれくらい知ってないのは怠惰だ」とまで上から目線で言われるとムカっとくるけどね。

矛盾することを言うようだが、カウンセラーにもわかるように「説明させる」機会を与えることこそ、クライエントさんを狭い世界に安住させず、「他者」と出会うスキルを磨いてもらうことになる。しかしそのためには、受け身に「受容」することを一歩踏み越えなばなるまい。

いずれにしても、私は私に論争をふっかける人から「カウンセラーなのに」といちいちいち枕詞をつけられるのは大嫌いだ。カウンセラーは神ではない。

でも(また矛盾することを言うが)、カウンセラーは人間としての自己の限界を自覚し、晒す必要はあると思う。

・・・何か、ソクラテスの「無知の知」の逆転した発想になってしまった。・・・今回はこれで一連のツイートは終わります。

*****

以上、Twitter上の連投を平そのまま平文にしました。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

2021年6月 4日 (金)

アニメ「ウマ娘」Season 1 一気に観た。

Season 2 と順序は逆になったが、3年前に放送されたSeason 1 の方を一気に観倒した。

恐らく世に正式に出た「ウマ娘」の最初の姿である。

よくゲームの3年前にここまで設定が完成されていたものである。・・・というか、ゲーム版の発売が3年予定より遅れたという方が正しいのだが。

作画水準はSeason 2よりむしろ高いと思う。各キャラはSeason 2より最終的なゲーム版に似ている。

物語作りも凄い。実に緻密な脚本だと思う。

Season 2 がトウカイテイオーとメジロマックイーンのライバル関係と友情に主軸を置いたのに対して、Season 1 は、スペシャルウィークが主役、サイレンススズカに対する尊敬と追いつこうという思いが主軸にはなっているが、もっと集団劇の様相が強い。

キャラの個性をこれだけ描き分けられるのもたいしたものである。

 恐らくゲームを知らない時点では、ここまで大人数の集団劇となると、その描き分けに視聴者がついて行くのが大変だったろうと思う。

総合的完成度はSeason 2 を上回っていると思う。よくここまでやれたものだ。

ゲームのブームに乗って、Season 2 しか観ないのはどうみても損である。

ゲームを知らない人が、ゲームと切り離した独立したシリーズとして観ても、十分歯ごたえがある、滅多に観られないクオリティの作品だと思う。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

2021年6月 2日 (水)

ウマ娘、67人全キャラの元になった名馬を一気に解説

非常に便利な動画なので貼っておきます #ウマ娘

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

これからの音楽・映像産業はどこから利益を上げるのでしょう?

今日実に久しぶりに久留米市でも郊外にあるショッピングモール、Youmeタウン久留米までバスを乗り継いで行ってきた。

●宮崎哲弥氏、久留米に「たがみ書店」や「リズムレコード」がなくなったことを嘆く

↑こちらでも書いたが、久留米市中心部にはもはや大書店や大CDショップはない。

紀伊国屋書店とタワーレコードが目当てだったが、本気で買うのではなく、あくまでも久留米の現状についての「視察」目的である。

紀伊国屋の方はAmazon帝国で既存の本屋が成り立たなくなっている中、売り場面積もひろく、専門書もかなりあり、大健闘していると思った。

それに対してTower Recordの方はしょぼかった。どうしてあんなにK-popやジャニーズ系が多いのだ。まあ、みゆきお姉さまのコーナーもあったのはいいとして(新譜が出たようだ)。

クラシックにいたってはほんとうにスペースが狭かった。かなり厳選していて、密度は高いなとは思ったが。

それにしても、もはやCDという媒体は過去のものになりつつあると思う。ストリーミング配信のよる音楽があまりにも隆盛なのだ。

しかも、もはや一曲一曲購入する必要もなく、AppleのMusicやSponifyをはじめとして、月1,000円ぐらいで実質聴き放題なのである。

よほど高音質を求める層を除けば、ユーザーはこれで満足してしまうのだ。

ともかく気軽に980円の枠内でアバドのベートーヴェンの交響曲全集が聴けてしまう。今日外出中はiPhoneとこの前買ったノイズキャンセリングイヤホン、Anker Soundcore Life NCでこの全集を聴きっぱなしだった。この次にエントリーする萩尾望都展にも行った来たので、半日がかりで聴いたのだったが。

ベートーヴェンの交響曲全集のまだ聴いていない録音など、たとえ輸入盤2500円のディスカウントでも、CDに手を出す気に容易になるものか。

ちなみにみゆきお姉さまはApple Musicには対応していないようです。

これは音楽に限ったことではない。Amazon Prime Video でもNetflixでも、衛星CSなどとは比べものにならないくらいに安価な定額制がかなりの割合を占めている。

すでに高価なブルーレイ市場なども冷え込みはじめ、そうした中、アニメ「ウマ娘」SEASON 2のB-rayが異例の予約数を叩き出したというのは今や日本のウマ娘フィーバーが尋常ではないことの証左ではあるが。アニメ「ウマ娘」自体は、よい脚本で練り込まれているが、意外と「低予算」で済んでいると思う。

ウマ娘の最大の収入源は、本来無料で遊べるのに課金ガチャに溺れる人が少なくないからであるが、B-ray市場も席巻となるとCygmesは莫大な収入得ていることになる。予定を大幅に遅延してでも完成度を上げた、数年がかりの企画らしいが。

・・・話を元に戻すが、こうした非常に安価な定額の課金制の音楽・映像市場全盛になる中、素朴な疑問として生じるのは、「いったいどこから制作費が出ているのだろう?」ということだ。

すでにテレビや映画館で放映した「過去の遺産」の流用はともかく、「新規に」オリジナルの音楽や映画、ドラマを制作していく資金はどこから調達するのだろう?

ネット広告の収入なんてしれたものであろう。

ましてや、ちょっとした動画ならYoutuberが少し張り込めば量産でき、膨大な広告収入を得る時代である。

「うっせぇわ」などはYoutube動画があったからこそ流行したと思うが、そういう路線で行くのか?

再び大資本が音楽・映像産業に投資する時代が来るのか?

莫大な費用がかかるであろうオーケストラの録音などはどうなる?・・・あ、これはオーケストラのライブ公演の方が収入が多いかな。

もちろん、映画とかは、大スクリーンでないと味わえない作品に傾斜したり、B-ray化などを期待できないミニシアター映画などに活路を見出すかもしれない。

アニメなどは、「ウマ娘」などの例外を除き制作費をもっぱら高価なB-rayで回収するという循環モデルが再び崩れ、ラノベ・コミックス・ゲームなと、多様なメディアミックス展開を逆に広めて再生するかもしれない(すでに述べたように、この点で現在抜群に商売上手なのが、「ウマ娘」のCygamesである。アニメはいくら完成度が高くても、「広告媒体」に過ぎない。他にコミック版のサイドストリーもある)。

それとも、劇場版アニメ「この世界の片隅で」のようにクラウド・ファンディングという一般の人からの支えが大きくなっていくのか。

音楽が、CDよりもライヴ観客動員で収入を稼ぐ時代には、すでに浜崎あゆみの2000年前後には突入していた。

しかしコロナ禍の現在、「日本では」まだライブ公演どころではないのだ。

いずれにしても、これからの時代はどうなるのであろう。

皆さんのお知恵・情報も拝借したい。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年6月 1日 (火)

アニメ「ウマ娘」SEASON 2を全編一気に観直す。

Youtubeの違法アップロード以外で、Amazon Prime Videoの高画質で、全編通して一気に観たのははじめてである。

以前途中から観た時は、ゲーム「ウマ娘」をそこまでやり込んでいなったし、競馬の歴史もまだ乏しかったので、随分印象が異なって見えた。

・・・というか、我ながら、ゲームのキャラがあれだけアニメとして動くということ、そしてドラマを演じること、おなじみのBGMとかが使われるというだけで、涙腺が刺激されて、これには困った。

トウカイテイオーが主役で、メジロマックイーンとのライバル関係と友情が基軸にある、集団劇である。

競走馬に不可避な足の故障や骨折が物語の展開を生み出す。

トウカイテイオーの3度の骨折を経た奇蹟の復活劇など、実にこまかいところで史実の競馬史を敷衍している。これでJRA協賛ではないというのはホントにようやるよ。

Ws000001_20210330215601

殊に第12話、「ふたり」は傑作だと思う。

ライスシャワーが結構大きな扱いを受けているが、勝てばヒールになり、称賛が得られないというのは史実にも共通する。結局彼女はそれをアニメ版では称賛がなくてもいい顔をしている強い女性へと成長するのだが。

ライスシャワー、ゲームの物語進行ではそもそもメイクデビュー戦に出るまでの葛藤が凄く、ひたすら小心で、自己肯定感にこれでもかというくらいに欠けた存在だが、アニメではデビューしてそれなりのレースを経験してからの登場であり、結構コミカルな動きもすることに気がついた。

でもゲーム版のライスシャワーの、「お兄様」とよばれたくなる、守ってあげたい吸引力は、他の育成ウマ娘にはない、非常に際立った魅力であるのがやはり好きかな。

意外だったのは、ゲームでは完全にサイボーグキャラであるミホノブルボンが、アニメでは結構人情に厚くなっており、ライスシャワーとの友情関係がこれだけ描かれていたのかというのが新たな気付きである。

ビワハヤヒデは言動が完全にゲームとアニメで同じ。

作画的には、ゴールドシップについてはもう少しどうにかならなかったかとは思う。

それほど画質を追求するアニメではない(実は結構低予算で制作していると思う。大人数登場する声優さんのギャラは凄かったろうけどね)ので、特典を期待しなければB-rayまで買わなくてよく、Amazon Prime Videoで十分だと思うが、ゲームをやってこのアニメを観ないのは損だし、アニメを見ればゲームに手を出したくなる、一見の価値がある秀作であることには変わりがないだろう。

・・・と言いたいところだが、B-yay、近年にない驚異の予約数すでに達成だそうで。

 

なお、順序は逆になったが、SEASON 1 についてはこちらをどうぞ。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

NHK 100分 de 名著 ブルデュー『ディスタンクシオン』からの「知ったかぶり」を承知のほとんど勝手な自由連想

実は原典の方は読んでいないのですが、「100分で名著」を30分で読んで、「知ったかぶり」させていただきます(^^;)

これはブルデューの著作の中でも、もっぱら「趣味」についての本のようです。

=======================================================

階級的に上位にある人々、特に「よい大学」を出た人々は、その成果を自分の才能や努力のおかげだと信じ切って、その地位を享受することを当然だと思いがちです。

しかし、ブルデューは、今回紹介する『ディスタンクシオン』などの多数の著作のなかで私たちが自然だと思っていること、当然だと思っていることが、いかに階級などの社会構造に規定され、条件付けられているかを明らかにしました。

たとえば、聴く音楽、毎日の食事、好んでおこなうスポーツ。あるいはもっと微細な身のこなしや態度、歩き方や喋り方まで、こうした日常的な行為や認識が、いかに社会によって決定(と言うと言い過ぎですが)されているかを、執拗なまでに説き続けたのです。

======================================================

ブルデューという人は、単なる思弁の人ではなく、膨大な社会調査も駆使した実証的スタンスも併せ持った人のようですね。あと、「ハビトゥス」というのが鍵概念であることはわかりました。

私は、音楽への関心という点ではかなりハビトゥスから自由な人間な気はします。クラシックはグレゴリオ聖歌、バロック、ロマン派、バルトークやシェーンベルク、メシアン、ショスタコヴィッチぐらいまでならオールマイティです(いわゆる現代音楽は苦手ですが)。

クラシックファンにはカラヤン嫌いも多いですが、カラヤンも好きですし、グレン・グールドも好きです。

クラシックのライブは、昔は日本指折りと言われ、来日著名音楽家も演奏した久留米石橋文化ホールでの体験が基礎になっています。

ポップス・ロックは、それなりにメジャーな、贔屓のミュージシャンがいます。

(といってもジャズは私の関心のごく一部ですし、レゲエやヒップホップとかは、一応持ってはいますが聴きません)。

美術の分野では、以前書いたようにムンクもクリムトも好きですし、シュールレアリズム、印象派、ルネサンス、更に昔の画家のものも好きです。

現代美術も好きで、ジャコメッティの彫刻とかも好きで、ウォルホールとかも馴染んでいますし、ともかく東京時代はいろんな美術展に通いました。

名画の非常に多くを現物で観てきたとおもいます。油絵とかは、画集とかではなく、実物は絵の具の盛り上がりが立体的に観れると印象が深まりますね。

久留米は青木繁や古賀春江など、随分傾向の違う画家の出身地でもあり、石橋美術館で子供の頃から鑑賞していました。日本画も嫌いではありません。

Y321artimg480x6401511915750ettxij11135 Img56731845

今、久留米市美術館(旧石橋美術館)萩尾望都展をやっているのですが、来週ぐらいにブログに鑑賞記をあげるつもりです。

一方、小説というジャンルは基本的に苦手ですね。歴史好きの私ですが、意外にも「歴史小説」は読んだことがない。司馬遼太郎も山岡荘八も一冊も読んだことがない。

大衆小説は読まない。

純文学では夏目漱石駄目、谷崎潤一郎も駄目、川端康成は「伊豆の踊り子」しか読んだことはない。太宰治は「人間失格」のみ、三島由紀夫は「金閣寺」のみ。芥川龍之介と宮沢賢治ぐらいかな? ほとんど読んでるのは。

アニメ・コミックなら好み万能であることは言うまでもありません。少女漫画もOKです。すでに触れた萩尾望都は全集持ってますし。もっとも趣味は古めで、つげ義春であろうが手塚治虫であろうがOKですが、アニメには「まどか☆マギカ」以降にはブランクがあります。

新海誠作品と「この世界の片隅に」ぐらいでしょうか。YoutubeやNeifixやAmazon Primeに上がっているのの幾つかは観ています。最近のなら「進撃の巨人」とかまで。大ブームになっている「鬼滅の刃」は原作もアニメも見たことないです。

ラノベとは無縁でしたが、「転生したらスライムだった件」や「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー」はやすやす楽しめたことは前のエントリーで書いたとおりです。

「銀河英雄伝説」は大好きですが、これってライトノベルではなくて「スペースオペラ」ですよね? この作品は旧アニメ版もNeue Theseも観ています。

もっとも、ゲームはほとんど「卒業」「誕生」「ウマ娘」ですべて(全部育成シミュレーションではないか)。

一方、私は歴史の本なら、それこそ心理の本以上にといっていいくらいに滑らかに一気に読み進めますが、社会学、ましてや経済学の本となるとそうはいきません。非常に努力しても理解できないことが多い。これもハビトゥスと関係あることかもしれませんね。

私の父は中卒で、税理士の仕事一筋、野球中継ばかりみて、ろくに小説とかも読まない人でした。音楽といえば軍歌と島倉千代子かな。

母は・・・日本舞踊の師範ではありました。

ところが、家に10枚組ぐらいのクラシック全集が忽然とあるのに私が中学2年の時に突如興味を持った時、父はいきなりオーディオ装置を買い与えてくれたんですね。これが大きかったです。

もっとも、幼稚園児時代にヤマハの音楽教室に通わせてもらえていたという素地もあるのですが。

収入の割には、随分私に投資し続けてくれたと思います。その結果、こちらで示したように、最高学府まで行かせてもらえたわけですが。

自分の「階級」は何なのか、よくわかんないです。一時期私は父の収入すら上回っていたのですが、基本的には庶民根性が抜けていないと思います。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年5月28日 (金)

「私にはいくらでも代わりがいるもの」を肯定的にとらえることもできる。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

2021年5月14日 (金)

笹木咲、ライスシャワーでうまぴょい達成!!

実は少し前のライブ配信のものなのだがまだ観てなかった。

彼女は、実はそんなにこのゲームをやり込んだわけはない。ライブチャットで多くの人からアドバイスを受けながら進めるという好環境ではある。

しかし、なぜ私がURAファイナル決勝までいけてもその壁が分厚いことに難渋しているのかについての解決のヒントを随分もらえた内容であった。笹木さんのは、ライスシャワーBランク止まりの育成で、そんなにすごいスペックではないのだが。

私の流儀とは異なった、一見かなり偏った育成スタイルなのだが、私が見落としていたポイントについても気づかせてもらえた。

彼女がほぼ省略なくゲームをすすめているので、皆さまにとっても役立つ配信だと思う。

でも、私はサポートカード6人全員SSRであるが、そもそもプリティダービーガチャで育成ウマ娘としてライシャワー引けていないんだよね。

シンボリルドルフとかトウカイテイオーはすでに育成ウマ娘として確保していて、20名ぐらいはすでに来ている。

ライスシャワーはレアなのかな? あの根暗キャラに「お兄さま」と早く呼ばれてみたいのだが。

それにしても、笹木咲はやはりカワイイ。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

2021年4月27日 (火)

カウンセラーが「出会う」ということ(第4版)

カミングアウトしておくが、ちょっと前まで、私は、どこのとは言わないが、いわゆる「出会い系」サイトに登録していた。

そのまた前までは「婚活」サイト(無料なのになんとも整ったマッチングシステム。身分証明書のアップロードが必要で、そっちではカウンセラーであることを表示していた)だったが、結局そこで出会った人に振られて不調だったので、乗り換えてしまった。

ちなみに、私にはすでに単に自分の性欲を「一方的に」満たしたいという欲求はもうないつもりだ。心身ともに「対等なパートナー」、はっきり言えば結婚相手を求めているだけである。

そのための手段にとして出会い系に乗り換えるというのはちょっとぶっ飛んだやり方だが、少なくとも私の「妄想」の中では、出会い系の、歳のかろうじてつりあった女性(35-40歳以上)の少なからずは、家庭をすでに持った、夫も浮気しているか、少なくともセックスレスであり、そういう女性にお金を出して訴訟をおこさせ、「略奪婚」するつもりであった(爆)

もちろんハンドルネームはこことは違うし、「一日中パソコンに向かってる自営業者。コンサルみたいな仕事」で通していた。実際、スカイプカウンセリングが多く、自宅であるカウンセリングルームまで来る人は稀です。年齢は5歳若く申告していたが。

結局、4名の女性と個人的なやり取りをし、2人と会いそびれ、ひとりと関係を持った。2人は「お小遣い」要求してきた(「2」=2万円とかという隠語がある)。

男性では珍しい「顔出し」、しかもこのブログの右上でおなじみの、そこそこカッコよく撮れたと思っている、しかし実は10年前の写真を流用しているせいか、「足跡」「お気に入り」はそれなりの数におよんだ(私のことを「ダンディなおじ様」と呼ぶ足跡もあった)。

そうした中には美人さんの企業キャリア・ウーマンの女性も少なくないのには驚く。どうしてこんな人たちが出会い系に登録しているのか信じがたい域。残念ながら東京とかの人が多かったのだが。市区まで表示した地域別のはずなのに、わざわざ東京から「お気に入り」とか「足跡」をつけに来るとは。

大学生の登録も目についた。援助交際の大学生版みたいな女の子たち。写真をみるとものすごい美人さんで、いくらでも恋人ができそう。

私もそういう中のひとりから、会うことを誘惑された。「あなたに何か、ピンときたの」。

当初は「経済的に困っているので、申し訳ないですが、”2”でお願いします」と低姿勢だったが、待ち合わせ場所で(使い慣れないJR博多駅の非常にピンポイントな場所だったのでそばの派出所で場所を確認して)待機したが、「これから3分以内にレスすること」とあったのを見逃した。私はスマホではなくあたりを見回していたのである。傲慢な調子で「私、帰るね。あなたも帰って下さい」と切り捨てられ、その後の書き込みはブロックされた。

私はちゃんと服の色やカバンの色、黒いマスクなどとレスしたつもりだったが、実はかばんの色を書き間違えていたので素通りされた可能性もある。ただ、少なくとも写真の彼女らしい人物は目の前に現れなかった。

いくらでも引く手余多の、ファッションや遊びにお金をつぎ込む女の子だったのだろうと思う。

でも、あのきまぐれさは、何だったのだろう?

わざわざ20分かけて博多駅に来たそうだ。

それが、「私、帰るね」だ。

後で考えてみれば、その子と関係を持たなくてホントによかったと思う。

****

カウンセラーという職種は、カウンセラーとしかつきあわない傾向が顕著である。広げても医療・福祉の領域か学校の先生止まりだろう。一般サラリーマンとの結婚は、私が個人的に知るかぎりでは一組だけである。

そしてカウンセラーで家族環境に欠損がある人も非常に多い。生涯独身、離婚者(私もそうだが)、別居、結婚していても子どもがいないなど。

心理カウンセラーであると公言するだけで私的関係上では「引かれる」。大学院修了であることを開示するなど持っての他、ましてや私のように東大大学院研究生であったなど、超ドン引きもいいところであろう。

ネット上でもいいので、同性でこうした私のキャリアに引かない信頼できる友人をひとりでも持てることは極めて貴重である。こっちが愚痴をいえるしね。

師弟関係での恋愛も、一つ間違えば「アカハラ」と告発されるであろう。

いわゆる「陽性転移」というのがある。異性のカウンセラーに深い話を受容的に聴いてもらえば、カウンセラーへの恋心が生まれる。これに応じてしまうとなれば「陽性逆転移に基づく行動化」となり、資格はく奪ものである。

正直言ってタマります。女性がクライエントだと。

カウンセラーが、他業種の人と出会い、対等な形で親密な関係を築くことは至難の業だと思う。

もっとも、産業カウンセリングの領域で働く方は、企業の方と対等な関係を形成することができているケースも少なくなかろうとは思うが。

クライエントさんには他業種の人も多いが、その仕事そのものについて話題にのぼることは滅多になく、多くが家族関係とかについてである。

例えば、クライエントさんとしてアパレル業界の人とは会ったことないなあ。体育会系の人はいたけど。

****

でも、「出会い系」というのは、いきなり身体の関係から始まるため、少なくとも当初はどことんドライな関係を求められる。本名もヒミツで通さねばならない。相手のプライバシーにも「無関心」でなければならない。

カウンセラーのように、相手の立場をおもんばかる習性がある人種にとっては、このドライさが壁になるようだ。

でも、ウエットな関係だけではなく、ドライな関係、というものにも習熟することは実は結構必要なことかと思う。

出会い系の彼ら・彼女らは実は脆い。メンタルな関係を持つことにあまりに不器用である。出会い系の暗黙のルールというものが私が慣れていない域まであるのかもしれない。ともかく「プライバシー」を一切詮索してはならないようだ(少なくとも実際に会うまで)。

まずは35歳以上の職業不詳の女性。自分から誘ってきて、相当のやり取りを楽しげに積み上げ、「田川まで来てほしい」ということになった。「田川なら新幹線で久留米から小倉に出て、日田彦山線でくだるのが一番早い」と伝えたら、彼女はいろんな条件をつけてきた。「まずは久留米駅出発するときに連絡」「小倉に着いたら連絡」「田川近郊の某駅・・・ここが私の家から歩いて15分・・・に着いたら連絡。それから田川で遊びましょう」と。

ところが当日になってみると、私が出会いサイトの課金が3000円とかあまりにも少額で済ませていたので切れてしまい、日曜日だったのでゆうちょ銀行のATMも閉まっていて、課金の補充ができず、ちょうどJR久留米駅からの出発時点でメールが届かなくなった。

私は不安をかかえつつも彼女が駅に現れると信じて予定ルートで進んだが、結局私は田川近郊のド田舎の駅で待ちぼうけを食らい、新海誠監督のアニメ「秒速5センチメートル」第1章の逆の待遇を受けることになる。列車が何時何分に着くのかも了解しているのに、現れもしないという状況に直面した。

1時間半以上待ったあたりで引きあげた。

この人ビョーキっぽいかなとの思いも生じた。

だが、こうして一度田川まで呼び出され、会えなかったものだから、変に私の中に使命感のような救済願望が生じていた(心理学ではこういうのを「認知的不協和」と呼ぶ)。

翌日、ゆうちょで入金したうえで「課金が切れていた」釈明したら、今度は数日後に福岡市で会いたいといい出した。それまでは「家事」も忙しいとも書いてきた。

なぜか田川と福岡市で二重生活をしていて、2,3週以上の長期にわたる移動のようだった。どこで働いているのか、住んでいる拠点が福岡なのか田川なのかも見当がつかない。

最後に「実はセフレがすでにひとりいるのにいいの?」と言ってきたので「僕もいろいろ誘惑されてるよ」と返事をした。

これではセフレ、私という2人の「オトコ」とかかわりを持とうとしていたことになる(夫はいたとしてもセックスレスの可能性が高いと思うが)。

常識的に考えれば、セフレとの関係にも欲求不満を感じていたからこそ自分から私に声をかけてきたとしか言いようがないから、私は敢えて強気に出たのだと思う。

さて当日。こっちが、「西鉄福岡(天神)駅の、まずはタクシー乗り場に行って」と伝えると、「どこに行けと言われるか怖い。これは普通ではないやり方。今日会うのはやめときます」と言い出し、その後音信不通。

実は タクシーの行き先としてタクシーのりばについたら教えようとしていたのは、福岡市民なら場所を知らないものなどいない一流ホテル。タクシーなら2分で着いたであろう(楽天トラベル事前予約を使ったので意外と安く、ポイント還元も多かった)。私はそういう高級ホテルをとったことで彼女を「びっくりさせたかった」だけであった。

今思えば、いきなりどことも知らぬ場所に行けと言われるのが怖いという心情はわかるし、駅での待ち合わせを「普通」ととらえ、それから宿泊場所を慎重に選びたかったのかもしれない。どこかのラブホでのセックスの前にまずは一緒に天神で遊びたかった可能性も捨てきれない(16:00の約束でしたから)。

ただ、私の方は西鉄福岡(天神)駅は人が込み合っている、いくら目印になる服装をしていても見つけにくいと思っていた。私はホテルのロビーで落ち合う方がいいと思っていた。どこかで「今度は逃さないぞ」みたいな性急な思いもあったと思う。ホテル内のレストランの予約はしていなったが、食事とかはそれからでもどうにもなる繁華街地区であるとも思っていたし。

私はその後「何も怖いところへ行けといっているのではない。いい場所だよ」という婉曲な言い方からはじめて釈明し、「タクシーでは近すぎるくらいだが〇〇ホテルに来て欲しかった」と白状したのだが彼女はレスしてこなかった。

私が最初から「直接」そのホテルに呼び出せばやってきて、食事とかの後、コトに及んだかもしれないが。 

一応、「いいよ。どっちみち当日キャンセル料を全額取られるのだから、私一人でもホテルに行くから」と打っておいた。

ちなみに今確認したが、私の一連の釈明のメールはその日の深夜になってはじめて「既読」になっていたようで、深夜までスマホを投げ出して怒っていたか、未読メール(これは誰からかわからない形でまずは表示される)の蓋を開けるのを怖がっていた可能性があると思う。

ホテルに15時にチェックイン。「連れは後できますので」ということにしておいた。

私はもはや彼女は連絡をとってこないだろうなと諦めた。

そして、ホテルでひとり「暇」することとなったが、別の、「すぐしよう」と掲示板にあった、福岡県中央区(天神がある)の35歳以上の「医療関係者」を名乗っている人に「今〇〇ホテルにいます」と18時ごろ打診した。

すると、「20時以降なら来れます」と反応。

そして、のっけから「エッチはもちろん大丈夫ですし、キス、フェラ、クンニも大丈夫です♪よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ♪」と返してきた。

そして「玄関まで来たら部屋番号を教える」というのに乗ってきた。

「1.2」との要求があったが私はそれを受け入れた(看護師を含め、ホントの医療関係者だと年収が高いらしく、わざわざ交通費まで使って12000円を引き換えに行為に及ぶというのは割の悪いことだと思うが)。

35歳前後にしては、一回何かを書き込んで来るたびに、よく絵文字を使う人だと思った。

ところが彼女が実際に家を出たのは21時を回っていた。「30分で来れます」・・・それでも来ない。これでは22時になるではないか!! 

「いまから行ってもいいですか」

私は「おいおいどうした? 君は自分のペースで来ていい。他の人に乗りかえたりはしないよ」と打った。

結局その人は、

「天神まで来たけど、家から電話を受けて帰らねばならなくなったの(涙)」

と書いてきた。

恐らく小さなこどもがいて、寝かしつけるのに苦労して出発が遅れ、今度は子ともが起きてスマホに連絡を入れてきたのであろう。

こりゃお泊りのつもりは最初からなかったなと思った。

ホテルに来れなくなったことを心底悔やんでいる様子だったので、もちろん不倫そのものであろうことを承知していたが、「やはり改めて実際にお会いしたいな」。

すると、「はい、連絡しますね」。

その後、コトに及ぶ日が来た。この日は「一貫して」プライバシーを問題にしなかった。

だが、更に後日、2回目の誘いをかける際に、うっかり「ひょっとしたらお子さんもいらっしゃって大変でしょうけど」とかいう言葉を添えてしまった。

しばらく間隔があいたが、こちらからのメールは一応「既読」にはなった。だが、現在まで具体的レスは受けていない。

2回目の誘いが早すぎた可能性もある。でも、この「おもんばかり」、相手のプライバシーへの介入、一歩でも踏み込めばアウトだったのではないかと思っている。

****

いわゆる「セフレ」というのは、「継続的な」割り切った関係のように見えて、要するに相手のことに責任を取りたくない状態をズルズル引きずる関係のように思う。

****

私も若い頃は、まわりの女性に次々いきなり告白しては振られまくりの人間だった。一応それだけの「度胸」はあったわけね、と言われそうだが。

それが結婚(パソコン通信の民間人の心理系を通してのエヴァ婚。相手は普通の社会人)→離婚してから豹変した。

実は女性遍歴も数人ある。

全員メンタルなきづながある「恋愛」であった。

「相手の望むことをかなえることは愛情ではない。愛情は自分から相手に表現し続けなばならない」

が、特に結婚生活を通しての教訓である。

そうしなかったために、妻に、他に愛人がいるのではないかとか、あらぬ嫉妬妄想に取りつかれることとなったが。

もちろん、私は浮気なと一度もしなかったし、そもそも情欲の対象として妻以外をみることもなかった。

だが、「あの道の陰に不倫相手がいる」「家の中に誰か入った」「シンジケートがある」「学会参加というのは皆嘘だ」「携帯電話が届かない山奥で研修会?」の域であった。

何かというと浮気相手に会うためというのを邪推されたのである。

私はそういうのに耐えかねて、別れることにしたが、こういう場合も親権は妻側にあるとされてしまった。

しかし「自分からの」愛情表現は乏しかったとは思う。

妻に妄想型人格障害の素質があった(弟は明らかに妄想性統合失調症をかすめていた)としても、それを助長した私の責任もあると思っている。

もともといつ不機嫌になるのか全く見当がつかない女性であったから、私は当惑しながらも妻の求めることには何でも従ってきた。

ただ、その後の女性経験からわかったが、私は妻とのセックスで、一度もオーガズムに達させたことはなかったと思う。それ以前の男性遍歴でもオーガズムを体験したことがあったかどうかも怪しい。ほんとうに「痙攣」とか身体を後ろにそらせてしまう域のものがオーガズムなのた。慣れれば一目でわかる。

****

・・・以上、実はかなり肉食系の、オタクらしくない本性を持つ人間の告白である。

ちなみに、かなりのテクニシャンであると自負している。全然衰えていません。 

射精より、女性の身体をいつくしむことこそ楽しくならねばならないと私は思っている。ペニスなどそのための道具だ。

****

男性として自信を持つとはどういうことだろう。それは女性からの肯定を待つことなく、自己肯定感を持つことじゃないかな。

オタクは探求心と、経験から学ぶ感度が強いから、一転すれば凄く「熟達」すると思うよ。

あとは試しにメジャー系のリアルワールドの大歌手や女優とかに関心を持ってみることかな。

私の場合、浜崎あゆみのファンになってライヴにも繰り返し行くようになってから、随分楽になりました。ayuのライブ画像はすぐに削除になるからこのブログには載せないけど。

私も以前は自分の顔に自信がなかった。ところがこのサイトに掲げている写真(鏡に写しているので実は左右逆)を撮れてから、妙にナルシストになれました。服装とか、見た目を変えれば自信が後からついてきます。

特にフィジカルな運動をしたわけではないですが、昔よりかなり痩せましたしね。以前履いてたズボンはここ数年でダブダブになりました。

中年太りというのは、ある年齢を超えると逆に痩せ始めることが少なくないかと思えます。

****

何かいやにドロドロとした(いや、結構ユーモラスな筆致になったかな?)、私小説めいたことを書き連ねましたが、これが私の少なくとも今週日曜までのリアルワールドであった。

婚活サイトで知り合った人との当初良好な関係が崩れてしまったことへの反動で荒んでいたかとも思うが。

繰り返す。男のカウンセラーが女性と「出会う」のはそれくらい困難である。

****

ちなみに私には4DKより大きな持ち家を含めてそこそこ資産がある。

離婚した子供2人が大阪にいる(ただし現在音信不通。今の住所も探偵に頼んだが親権者である元妻の了解がないと教えられないがいつも留守電状態と聞いて、私はキレて結局1円も調査費を払わず請求もされないまま)ので私の配偶者が新たにできても取り分は半分になるが、離婚時に養育費を全額前払いした息子たちはすでに18歳と20歳(ともかく私が5年間常勤を務めた明治学院大学学生相談センター常勤の給料は高かった。月50万円以上でボーナスが6か月分。妻子との離婚調停ではいきなり600万近くを差し出した)。

まあ、長男の方は成人するので独立してこちらと連絡を取る権利を持つようになったはずだが恐らく執行しないと思う。

別れた妻の性格からして、息子たちには奨学金は取らせても今更大学の学費をこちらにせびることはないと思う。

特に長男は、亡き父があきれ返るほど私の子供時代のコピーで、利発そのものだった(鉄道好きまで引き継いだ)から、恐らく大学には入ったと思うけど。

父の遺族年金が地元の中企業の部長まで務めましたからかなりの額で、私は常勤勤務していた時期があったのが異様に効いていて(詳しい事情は伏せるが)、60歳を迎えた今でも「すでに」私学共済年金の受給者である。

母の年金(母単独でもそこそこそ働いていた時期があるのでその分年金が出ている)と合わせれば、何も働かなくても、母の介護入院費(5万円)を除いてもベーシックに月35万円は手に入る。その上に私のカウンセラーとしての収入があるわけだ。

いずれにしても、出会った女性に経済面で査定されてもそこそこ対応できると思う。

死んでしまったらその資産の行き場はないので喜んでパートナーに50%継承してもらうつもりである。浮気の権利すら与えていいと思っている。

98歳の母は自宅から2分で着く介護施設つき大病院に介護入院していますが、今でも認知的な障害はなく(というか、家では軽度のレビー小体型認知症の幻視はあったが、施設に入ったら集団生活のせいかそれも消えてしまった)、トイレも自宅ではかなりお漏らししていたが、介護入院してからは一度も濡らしたパンツを返却されとことはない。

家では私の作る食事を全く受け付けなくなった。これが介護入院を決定づけたことなのだが、病院食には最初はおいしくないと言っていたが、現在では適応している。

もう家に戻る自信はないと医師には語るという。実際、家に帰りたいとは私に一度も言ったことはない。

家にあるものをもっと持ってきて欲しい、お菓子が欲しいとはいう。私がお菓子を送りすぎて、看護師さんから「しばらく止めてください」といわれることが2回繰り返されたが、母親がどの程度食べるかなんてわかりようがなかった。恐らくほんの少しでよかったのだと思うが。

今、コロナで完全面会禁止で、洗濯物の交換を玄関口でするだけである。時々電話をかけるように看護婦さんを通して訴えて、かけてはくるが。

・・・そうだ、先日から歯医者に通う時は介護タクシーに乗せて連れていくことが2回あったけど、ホント半年ぶりぐらいに顔を合わせた。当然車いすでの移動だったが、歯医者の椅子に座らせるまでが無茶苦茶たいへんだったっけ。

だから、母の介護には全く負担はかけず、いつでも私の家に転がり込んてもらっても構わない。

一応シングルベットは2つある。

(私の介護が必要になった時はどうなるかわからないが、父は非常にぽっくりと79歳で5日間の入院で死んだ)

「家には今も一人で住んどるとね?」と繰り返しいう母にとっては私にパートナーできれば喜ぶばかりで親孝行であろう。

親戚は変なしがらみはなく、かなりの人がすでに死んでしまったので子世代が増え、私が若かったころ「お兄さん」的だった人は皆孫をもつ「おじいさん」なってしまい、付き合いがある人は減ったが、オープンでみんないい人たちである。

コロナでもなければ喜んで小さな宴に参加してくれるであろう。

久留米の北隣りにある自宅最寄りの櫛原駅は、普通停車駅であるが、福岡市天神まで早朝に途中で急行に化ける西鉄電車で48分である。だから福岡市で働く人でもいい。

*****

でも、もう、出会い系サイトで新たな人を発掘するつもりはない。ちょっと飽きてしまった。

でも、こんな対人関係があるのか!というスリルがある、ちょっとオモシロイ世界ではあった。

なんとなく、「婚活」を含め、リアルワールドでの女性探しはそんなにせっかちにならなくていいやという心境。

どうして「ウマ娘」からここまでワープしたのでしょうね?

何か、これを書いてスッキリした。

これを読んだ皆さん、私を軽蔑しないでね。

*****

いずれにしても、私の場合、60歳の今からこそ本格的な人生!!と開き直れている。なぜなのか自分でもよくわからない。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

フォト
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。