コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

« 「ウマ娘の精神分析」はじめに | トップページ | 「ウマ娘の精神分析」の表紙はこんなのだ!!! »

2022年7月 1日 (金)

『ウマ娘の精神分析」目次

目次(案)

 

はじめに

1. スペシャルウィーク -「おかあちゃんたち見てて! 私日本一のウマ娘になる!」・・・ 素朴で健気で田舎育ちのウマ娘-


2. サイレンススズカ -「ただ見ていたいだけ・・・誰も見ていない先頭の景色を」・・・穏やかさに隠された闘志-


3. トウカイテイオー -「無敵のテイオー伝説、ついに幕開けだぞ!」・・・ 度重なる骨折にも、不死鳥のように蘇る天才元気印ウマ娘-


4. ライスシャワー -「私なんかがいるから、みんなが不幸になるの!」・・・ 敵役の宿命を背負った、悲劇のヒロイン-


5. マルゼンスキー -「今日の走りもチョベリグよ!」・・・皆に慕われる、イケイケお姉さんウマ娘-


6. ゴールドシップ -「面白ければいいだろ! このゴルシ様についてきな!」・・・ 騒動を巻き起こしてばかりのトリックスター-


7. ダイワスカーレット -「フン! 私が一番なんだから!」・・・生意気な、負けん気が強いウマ娘


8. タイキシャトル -「ハウディ! 明るく楽しく狙い撃ちデース!」・・・アメリカ、西部育ちの人なつっこいバーベキュー娘-


9. グラスワンダー -「清々と、凛々と、共に歩んでまいりましょう」 ほのぼのと柔らかいが、芯の強さを秘めた帰国子女-


10. メジロマックイーン -「輝かしきメジロ家に、必ずや栄光と名誉を!」・・・名門令嬢の重圧に耐える不屈のウマ娘-


11. ミホノブルボン -「マスター、ご命令を」・・・サイボーグと呼ばれるウマ娘-


12. エルコンドルパサー -「飛翔、快勝、プロレス魂 エルこそ世界最強デェェェス!」・・・ 覆面をかぶった、ラテン系ウマ娘-


13. テイエムオペラオー -「はーっはっはっは! ボク主演の大歌劇を世界に届けよう!」 ・・・ウマ娘界の世界制覇をめざす究極のナルシスト-


14. シンボリルドルフ -「全てのウマ娘が幸せに暮らせる世を」・・・レースの実力、人格が飛び抜けた、皆の規範となる生徒会長-


15. サクラバクシンオー -「学級委員長に続けェ! 今日もバクシンバクシン!」・・・思い込んだら一直線。全生徒の模範でなければならないという使命感にとりつ憑かれたウマ娘-


16. ハルウララ -「ウッララー! 負けても負けてもめげないよ!」・・・心やさしい天真爛漫ウマ娘-


17. スーパークリーク -「思いっきり甘えてくださいね。いいこいいこ」・・・超お世話好きのウマ娘-


18. ウォッカ -「今日も麦茶がうまい! これからもブッちぎりで行こうぜ!」・・・カッコよく生きることを掲げる、不良気取りのウマ娘-


19. アグネスデジタル -「ウマ娘ちゃんたち尊い! 今日もウォッチング!」・・・自分がウマ娘なのにウマ娘おたく-


20. セイウンスカイ -「まあ、焦らず焦らず、のんびり行きましょうよ!」・・・釣り好きの超マイペースウマ娘-


21. ビワハヤヒデ -「見るがいい、これが私の〈勝利の方程式〉だ!」・・・頭でっかちで頭がでかいことを気にする理論派ウマ娘-


Xi. ウイニングチケット –「うぉぉぉおおおおおん!感動じだぁぁぁぁぁ!!!!!!!」共感しては泣き、負ければ悔し涙のウマ娘-


22. アグネスタキオン -「全ては実験材料なのだよ、モルモット諸君」・・・生体実験を繰り返し、速度の限界を追い求めるウマ娘-


23. キングヘイロー -「おーっほっほっほ! いつか必ず認めさせるわ、私が〈一流〉だと」・・・一流デザイナーの母を見返したいウマ娘-


24. マチカネフクキタル -「シラオキさまシラオキさま・・・今日も大吉と出ました!」・・・占いに凝りまくる、オカルトウマ娘-


25. スマートファルコン -「ファル子、トップウマドルめざしてまーす☆」・・・草の根街頭ライブから出発し、日本のダート馬の人気を高めようと奮戦するウマ娘- 

Xii.ゴールドシチー -「今はきれいなだけのお人形。でもほんとうのアタシは・・・」・・・一流モデルと二足のわらじを履くことを選んだウマ娘-


26. マヤノトップガン -「わかっちゃった。ひらめきのままに、マヤ、飛んじゃうよ!」・・・甘えん坊でやんちゃな天才少女-


27. ナイスネイチャ -「はいはい、三番手でもしあわせってもので~」・・・下町育ちの高望みしない庶民派ウマ娘-


Xiii.タマモクロス-「ビンボーに負けへんで! ウチが浪速の白い稲妻やーっ!」・・・チビだが関西弁バリバリの、家族思いのウマ娘


28. マンハッタンカフェ -「私はここにいます・・・あなたには見えない誰かと共に」 イマジナリーフレンドを追いかけ続ける、不思議ウマ娘-


29. ナリタタイシン -「見返してやる。アタシだって、勝てるんだ!」・・・いじめを受けて育った、孤独に強いウマ娘-


30. エイシンフラッシュ -「どんな時も厳正、厳格、厳密に」・・・何事もレシピ通りにこなす、真面目で几帳面な、ドイツからの留学生-


31. メイショウドトウ -「はうう・・・私なんかがレースに出ていいんでしょうか・・・ 」・・・テイエムオペラオーに憧れ続ける、究極のネガティブ思考ウマ娘-

おわりに

« 「ウマ娘の精神分析」はじめに | トップページ | 「ウマ娘の精神分析」の表紙はこんなのだ!!! »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

精神医学」カテゴリの記事

競馬・ウマ娘」カテゴリの記事

同人誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ウマ娘の精神分析」はじめに | トップページ | 「ウマ娘の精神分析」の表紙はこんなのだ!!! »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。