コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

« 複雑性PTSDの「典型例」の当事者に、今回の報道が、多大な苦痛とストレスを与えていることを、もし眞子さまが知ったとすれば、眞子さまはたいへんお悲しみになられるのではないか。 | トップページ | Yahoo! 知恵蔵で、眞子さまの「複雑性PTSD」診断に疑問を呈した人への私のコメント »

2021年10月 5日 (火)

心的外傷後ストレス障害に対するマインドフルネスに基づく治療:治療文献と神経生物学的証拠のリサーチ(翻訳)

専門家の方のために、PTSDに対するマインドフルネス療法の効果とその脳生理学的基盤についての研究論文を、とりあえず翻訳したものを、私の責任で転載します。

現段階では図版の挿入は省略しています。

マインドフルネスは、認知行動療法の一番新しい流れなんですが、実証的アプローチを極めて重視します。

マインドフルネス療法は、私の専門とするフォーカシングとかなり近縁のアプローチです。このことは両派の専門家が相互に認めています。

 マインドフルネス療法は、第3世代認知行動療法(CBT)とも呼ばれる。その特徴は、(非常に荒っぽい言い方で、そのスジの専門家には怒られるかもしれないが)、瞑想状態に近い、深いリラクゼーションを、自分の中に生じてくる様々な情動や思考と対提示する形を形成し、そこに新たな条件反射を生み出し、衝動やパターン化された思考と、リラックスした形で距離をとって体験することをめざす。

これには当然瞑想的リラクゼーションのかなり長期間の訓練が先行することになる。そうした上で、自分が苦しい情動に呑み込まれた時を想定して、その情動に呑まれて「一体化」し、「私」=「情動」になってしまうのではなく、「私」は「ここ」にいる、衝動や思念は「あそこ」にある、と、リラックスしながら、さながら「眺めて」いられるような状態を徐々に習慣化する(行動療法的に言えば、新たな条件反射に置き換えてしまう)ことを目指す。

これはフォーカシングにおいて、アン・ワイザー・コーネルがいう、「脱同一化(dinsidentification)」に相当する。

これは東洋的な瞑想において、すべてをあるがままにうけとめ、こだわりを捨てて流していくような境地を目指すのとかなり類似したところがある。

長期的虐待の被害者は、脳の扁桃体の萎縮が生じているという仮説が、CTやMRIの所見によって言われている、そのような生理学的な変化をどう補完するするかということが目指されているようである。

**************

Mindfulness-based treatments for posttraumatic stress disorder: a review of the treatment literature and neurobiological evidence

Jenna E. Boyd, MSc, Ruth A. Lanius, MD, PhD, and Margaret C. McKinnon, PhD, CPsych 

ジェナE.ボイド、修士号、ルースA.ラニウス、MD、PhD、および マーガレットC.マッキノン、PhD、CPsych



概要


心的外傷後ストレス障害(PTSD)のマインドフルネスに基づく治療は、有望な補助的または代替的な介入アプローチとして浮上しています。マインドフルネスベースのストレス低減、マインドフルネスベースの認知療法、メタマインドフルネスなどのアプローチを含む、PTSD治療研究に関する文献のスコーピングレビューは、中程度から大きな効果サイズでの摩耗が少ないことを明らかにしています。PTSDの神経生物学的モデルとマインドフルネス文献の神経画像所見との間の収束をレビューします。マインドフルネス介入は、PTSD症状の重要な特徴である感情的な過小および過変調を標的とする可能性があります。最近の新たな研究は、マインドフルネスベースの治療が、PTSD患者間の大規模脳ネットワーク間の接続を回復するのにも効果的である可能性があることを示しています。デフォルトモードネットワークと中央エグゼクティブおよびサリエンシーネットワーク間の接続を含みます。PTSD患者におけるマインドフルネス介入の神経生物学的メカニズムのさらなる同定、およびこれらの介入とPTSDの第一選択治療との直接比較を含む、将来の方向性について説明します。

 

序章

北米の個人の約60%〜75%は、生涯のある時点でトラウマ的な出来事を経験しています。1は、2心的外傷後ストレス障害(PTSD)の12ヶ月の有病率は、この条件に重要な公衆衛生上の問題を作り、2.5%-3.5北米における%と推定されます。2、3一般的に経験される外傷性イベントには、性的暴行やレイプが含まれます。繰り返される子供時代の感情的、肉体的または性的虐待またはネグレクト。重大な事故(例、自動車の衝突)への関与。戦争や戦闘劇場への露出。心的外傷後ストレス障害は、侵入(例、不要な記憶やフラッシュバック)、トラウマリマインダーの回避(例、トラウマを象徴する環境内の物体)、認知や気分の否定的な変化(例、視界の変化)など、無数の症状に関連しています。自己、世界、および他の人の)および覚醒の変化(例えば、過覚醒)。4さらに、PTSD患者のかなりのサブセット(15%〜30%)は、離人症(自分の体の外にいる、または自分の体に属していないように感じる)や現実感喪失(自分の周りにあるもののように感じる)などの解離の症状を経験します。本当じゃない)。5 – 10離人症および/または現実感喪失症状を経験するPTSDの個人は、DSM-5でPTSDの解離性サブタイプ(PTSD + DS)を持っていると認識されます。4

長期暴露療法(PE)および認知処理療法(CPT)を含む、PTSDの第一選択治療は、回避の標的症状、外傷記憶の効果のない処理、および外傷性イベントの否定的な評価を含みます。図11は、 CPTおよびPEは大きな効果サイズと臨床的に重要な症状の減少に関連しているが11、12人の患者のかなりの割合は、治療(60%-72%)以下PTSDのその診断保持12またはかなりの残存症状を経験し続けます。13さらに、最近の研究では、主要な治療介入の離職率は35%から40%の間であると報告されています。14 - 16さらに、PTSDへの曝露を組み込んだ介入の使用に対する抵抗は、例えば、潜在的な症状の悪化についての懸念のために、一部の臨床医の間で指摘されています。17したがって、CPTやPEを含む外傷に焦点を当てた治療は、PTSDの効果的な治療と見なされますが、潜在的な補助的または代替治療の必要性は明らかです。

個別化された治療アプローチは、症状の重症度、安全性、個人に対する治療の受容性などの要因を考慮して、特定の時点で各個人に最も適切な治療の識別を組み込みます。代替治療の必要性アプローチは、解離性症状は貧しい治療転帰と関連している人には、PTSD + DSを持つものの中にも明らかである18、19(ただし、狼と同僚による研究を参照20クロワトルや同僚21とResickや同僚22を)。さらに、離人症および現実感喪失の症状は、PTSD患者の疾患の重症度の増加(例、自殺傾向)、病気の慢性化の強化、および機能的転帰の悪化と関連しています23。

マインドフルネスベースの治療は、CPTやPEを含むトラウマに焦点を当てた治療の代替手段となる可能性があります。このような治療アプローチは、現在発生している思考や感情の非判断と受容を促進するという点で、「現在中心」と見なされます。一瞬。注目すべきことに、最近のレビューでは、PTSDの現在中心の治療法は、エビデンスに基づくトラウマに焦点を当てた治療法と比較した場合、同等に有効であり、ドロップアウト率が大幅に低いことが確認されました。24マインドフルネスは、「現在の瞬間に、意図的に注意を払うことによって、そして刻々と経験の展開に非判断的に現れる意識」として定義されます。25過去10年間で、PTSD患者の自己非難、恥、罪悪感など、回避や否定的な認知の症状を対象とする代替手法として登場しました。26 – 28古代東部の伝統にルーツを持つ精神医学集団におけるマインドフルネスベースの治療の使用は、1980年代と1990年代に西洋心理学が導入された後、指数関数的に成長しました。29

マインドフルネスベースのストレス低減(MBSR)は、最も一般的に引用されているマインドフルネスベースの治療アプローチの1つです。治療は、2〜2.5時間のグループセッションの8週間で構成され、6週目頃に終日のサイレント瞑想のリトリートが行われます。これらのセッションは、マインドフルネス瞑想、ヨガ、ストレスと対処についてのディスカッション、毎週の宿題、毎日のマインドフルネスの練習。30、31マインドフルネス認知療法(MBCT)は、認知行動療法(CBT)とMBSRの構成要素を組み込んだ別の広く採用されているマインドフルネスベースのアプローチであり、最初は大うつ病性障害(MDD)を有する個体間で再発を防ぐために開発されました。32マインドフルネスベースの認知療法は、思考の認識と関係の変化に焦点を当て、「まともな」視点(つまり、「思考は事実ではない」)を促進します。32このアプローチは、特に残存症状の軽減を目標とし、再発を防ぐことを目的としています。33、34媒体の効果が両方の集団において観察されたサイズでMBSRとMBCT両方は、MDDおよび不安障害を含む精神障害の広い範囲にわたって有効性を示しました。

このレビューでは、PTSDの治療におけるマインドフルネスベースのアプローチの有用性の理論的根拠を調査します。さらに、PTSDの神経生物学的モデルと、マインドフルネスに基づく介入後のPTSD患者の神経生物学的変化を特定する新たな研究とともに、マインドフルネスの神経生物学を概説する初期の文献との重複を評価します。35、36は最後に、研究が増えてマインドフルネスベースの介入は、PTSDのための有効な治療法であることを示唆しています。これらの研究もレビューされています。次に、制限と今後の方向性について説明していく。

 

PTSDに対するマインドフルネスベースの治療アプローチの理論的基礎

MBSRやMBCTを含むマインドフルネスに基づくアプローチは、回避、過覚醒、精神的麻痺、恥や罪悪感などの否定的な感情、解離など、PTSDのいくつかのコア機能を対象としていると考えられています。26 - 28、37、38ラングと同僚27は、注意、意識、認知スタイル、およびnonjudgment含め、PTSDからの回復を促進することができるマインドフルネスの3つのコンポーネントについて説明します。具体的には、著者は、現在の瞬間への注意の意図的なシフトが注意制御の能力をどのように促進し、トラウマ関連の刺激に対する注意バイアスの減少につながる可能性があるかを説明します(を参照)図1マインドフルネスベースのアプローチがPTSDの症状を標的とする仮説メカニズムの要約について)。さらに、注意深い認知スタイルは、反芻傾向を減らし、不安覚醒と無快感症の減少につながる可能性があり、非判断的な見通しは、恐怖を誘発する刺激に近づく意欲を促進し、回避の減少につながる可能性があります。27は同様に、フォレットと同僚28は、これらの症状を軽減することがマインドフルネスによって教示されているように思い、経験や感情の中立的受け入れを示唆し、感情的な麻痺、意識行動のアンチテーゼとして、PTSDを持つ個人間の侵入思考と回避行動の抑制のパターンを説明します。

マインドフルネスに基づくアプローチが心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状クラスターを標的とする可能性があるという仮定されたメカニズムと、現在の証拠およびさらなる研究が必要な場所の兆候。MBCT =マインドフルネスベースの認知療法。

トラウマ関連障害への介入としてマインドフルネスが探求されてきたもう1つの方法は、メタマインドフルネス、つまり愛情深い瞑想です。メタ瞑想では、ユーザーは、口頭および視覚的な演習を通じて、自分自身や他の人に対する優しさと思いやりの意図的な発達を実践します(たとえば、注意深い意識と注意を払って特定の感情状態の経験を想像する)。37は、39は、40メッタの瞑想は、感情的な柔軟性、または正の感情的な状態に負からシフトする能力、および心理的柔軟性、または1つの現在の考え方から身を遠ざけるための能力を促進するために仮定されている(、アクションまたは応答、注意バイアスに影響を与えます)そして他の可能な考え方を熟考します。39、40これらのスキルは、恥、罪悪感、怒り、前向きな感情を体験できない(無快感症)、自己同情の欠如などの感情が支配的なトラウマ関連の障害からの回復に不可欠である可能性があります。41 – 45具体的には、自己や他者に対するポジティブな感情を体験する能力を促進することにより、自己や他者への思いやりの増加を促進しながら、無快感症や恥、罪悪感、怒りのネガティブな感情の減少を期待できます。

介入として探求されることに加えて、マインドフルネスは、トラウマ関連の精神病理学の発症に対する保護因子であることが示されています。46 – 52確かに、心的外傷前の注意深い傾向は心的外傷後反応の受容と認識を促進し、それによって心的外傷関連刺激に対する回避、再体験、過覚醒反応を減らし、PTSDの発症を防ぐことが示唆されています。38特に、説明(感情などの観察された現象にラベルを付けるまたは記録する能力)を含むマインドフルネスの側面は、意識と非判断で行動し、子供時代と生涯のトラウマ曝露と心的外傷後症状のリスクとの関連を仲介します。46同様に、マインドフルネスは、トラウマ曝露後の認知的融合(自分の考えや感情と強く同一視する傾向)との関連を介して、負の影響、反芻、抑うつ症状、心的外傷後ストレス症状の減少を予測することが報告されています。50さらに、最近の報告では、PTSDの症状を考慮した後でも、退役軍人の障害とマインドフルネスが負の関連があることが示され、マインドフルネスが機能的結果に影響を与える可能性があることが示唆されています。48

解離性症状は、マインドフルネスベースのアプローチの対象となる場合もあります。マインドフルネスは、存在を維持し、自己や他者とのつながりを育むスキルを育むと考えられているため、切断のコア機能によって接続されている解離性症状を軽減します(たとえば、現在の瞬間、他の人、または自己; 53 図1)。ここで、コリガン54は、解離が連続体に存在することを注意深く説明しており、各概念は連続体の反対の極を占めています。これと一致して、説明、意識を持って行動すること、非判断および非反応性を含む特性マインドフルネスの構成要素は、解離と負の相関関係があることがわかっています。55 – 57治療に関しては、Zerubavel and Messman-Moore 53マインドフルネスは、患者が嫌悪的な内部経験に耐えるように促すことによって分離を減らし、注意制御を高めて区画化(例えば、自己の断片化)を減らすことによって吸収を減らす(例えば、「何もない」への注意の完全な没頭;空白になる)ことに成功する可能性があることを示唆します)。これらのメカニズムを通じて、マインドフルネスは、経験への開放性と自己へのつながりの感覚を高める可能性があります。確かに、フリューエンとラニウス58マインドフルネスエクササイズは、自己全体の再統合を促進し、顕著な解離症状を持つ個人の体性感覚と感情的意識を高めるのに特に不可欠である可能性があることを示唆しています。したがって、マインドフルネスベースのアプローチは、解離性症状が悪化し、治療応答の予測されていることを考えるとPTSDとPTSD + DS、治療開発のための重要な道の両方を標的とするのに有効であり得る18、19(ただし、Dahmの同僚による研究を参照48とグルックと同僚49)と病気の慢性。23

図1マインドフルネスベースのアプローチがPTSDの症状を軽減する可能性のある提案されたメカニズムの要約を提供します。侵入的および過覚醒症状は、注意制御の強化、または注意をトラウマ関連の刺激から遠ざけ、現在の瞬間にとどまる能力によって改善すると仮定されています。マインドフルネスベースのアプローチはまた、経験への開放性を促進し、現在および過去の経験の非判断的な受容を促進することによって否定的な気分状態および認知の変化(例えば、自己、世界、および他者に関する否定的な信念)を減らすことによって回避の症状を標的にするという仮説が立てられています。最後に、解離性の症状は、自己とのつながりを強め、内的および外的経験への意識を高めることによっても標的にされる可能性があります。

追加または補助療法としてのマインドフルネスベースのアプローチの約束にもかかわらず、マインドフルネスベースのアプローチが適切であるかどうかを判断するために、各患者の症状の提示と特徴を考慮することが重要です。58、59は、具体的には、マインドフルネスベースのアプローチは、彼らがトラウマに関連した思考や感情の回避を削減し、外傷性メモリへの曝露を増大させることができるとことを考えると、フラッシュバック、反芻、または簡単にトリガ外傷思い出に特に傾向がある苦痛または不安定化させるクライアントを増大させることができます感情的な状態。59同様に、マインドフルネスに基づくアプローチは、適切な感情調節または苦痛耐性スキルを発達させていない患者にとっても難しい場合があります。59フリューエンとラニウス58トラウマに基づいたマインドフルネス介入は、PTSDの患者、特に離人症や現実感喪失の症状を経験している患者の治療に不可欠である可能性がありますが、ボディスキャンなどの運動が患者に体のさまざまな領域に気づきます。したがって、患者の完全なインフォームドコンセントを含むペースのある慎重なアプローチが必要です。各患者の個々の特徴が考慮され、特定の症状を呈する個人に対する特定の治療の適切性の研究結果と統合される個別化医療アプローチは、外傷治療への拡張マインドフルネスベースのアプローチから最も恩恵を受ける人々を特定するのに役立つ可能性があります。


PTSDの神経生物学的メカニズムとマインドフルネスの間の収束

PTSD患者の感情的な過変調および過小変調


PTSDの初期の神経生物学的モデルは、辺縁系領域(扁桃体など)でのトップダウン抑制の喪失を強調し、感情的反応性を誇張し、この障害の特徴的な症状の多く(過覚醒、驚愕反応など)に寄与します。60具体的には、内側前頭前野(mPFC;前帯状皮質[ACC]、腹内側前頭前野[vmPFC]、梁下野および眼窩前頭皮質[OFC]を含む)の活動低下は、辺縁領域(扁桃体、前部など)の過敏性と関連しています。島)感情的な刺激に。60さらに、海馬の異常な機能は、恐怖反応を消す能力の低下につながると考えられています。60これらの発見は、扁桃体の一貫した過剰活性化と、mPFC、吻側ACC、OFCなどの皮質正中線構造の低活性化が報告されているPTSD患者の神経画像研究の最近のメタアナリシスによって主に確認されています。61、62

PTSD + DSの個人の間では、対照的な活性化パターンが存在し、(過小変調ではなく)辺縁構造の感情的な過変調が解離の症状(例えば、離人症、現実感喪失)および感情的な麻痺(無能力)に関連していることに注意することが重要です。感情を効果的に体験するため)。7、63は具体的には、この患者群、背ACC(DACC)とのmPFCを含む感情の調節に関与する前頭領域における異常に高い活性化の間、感情スクリプト駆動型イメージ中注目されています。対照的に、そのようなタスク中の低活性化は、扁桃体や前部島を含む辺縁系の構造で見られます。7、63 - 65特に、感情的な過変調と過小変調は、PTSD + DSの個人間で同時に存在する可能性があります。66しかし、PTSD + DSの患者の主な反応は過剰調節であり、顕著な感情の麻痺を引き起こします。したがって、PTSDおよびPTSD + DSは、大脳辺縁系領域の活動を正確に調節する皮質正中線構造の能力障害によって特徴付けられ、感情的な過変調と過小変調の両方につながります

 

大脳辺縁系構造とマインドフルネスの前頭前野調節

いくつかの研究は、PTSD患者に影響を与えた領域におけるマインドフルネスと脳活性化のパターンの変化との関連を強調しています。具体的には、ネガティブな画像を期待する際の前頭前野(背側PFC [dmPFC]を含む)の活性化の増加と、ネガティブな刺激の知覚後の扁桃体および海馬傍回の活性化の低下が、健康な対照間の簡単なマインドフルネストレーニング後に観察されました。67同様に、双極性障害の治療におけるMBCTを調査した研究では、治療後のマインドフルネスタスク中のmPFCの活動の増加、および5因子マインドフルネス質問票(FFMQ)によって測定されたmPFCの信号変化とマインドフルネスとの相関が報告されました。68さらなる研究により、注意深い注意グループ69の後、および初心者の瞑想者の間の感情処理タスク中に、健康な対照における感情的に価のある画像に応答して扁桃体反応性が低下することが確認されました。70

重大なことに、全般性不安障害のある個人を対象とした最近の研究では、前頭前野PFC(vlPFC)と扁桃体の間の機能的接続性の増加と、8週間のMBSR介入後の不安症状の関連する減少が報告されました。71 Tangと同僚72は、これらの領域間の正の結合は、感情的反応のダウンレギュレーションではなく、覚醒モニタリングの改善を示している可能性があることを示唆しています。このような改善されたモニタリングは、感情的な過小および過変調のパターンを示すPTSDおよびPTSD + DSの個人にとって有益である可能性があります。さらに、瞑想者の間では、より大きな島の厚さが認められています73。そして、MBSRの経過は、瞑想に慣れていない個人の島の厚さの増加と失感情症の減少に関連していました。74はこのように、島機能の回復を介して、マインドフルネスベースのアプローチは、感情、しばしばPTSDを有するもので損なわれている能力の身体意識と意識向上に有益であり得る75 - 77、感情的な過変調と関連しています。7、63

新たな研究では、PTSD患者のマインドフルネスベースの暴露療法(MBET)の経過後の神経生物学的変化も指摘されています。ここで、MBET治療は、MBCTのようなマインドフルネストレーニングの要素を含む、16週間の非外傷に焦点を当てた介入で構成されていました。心理教育; 回避された状況への曝露(想像上の曝露またはトラウマ記憶の処理を除く)。36感情的な顔の観察パラダイム(恐怖、怒り、中立の顔)における神経反応を、MBETを完了した個人と現在中心の集団療法(PCGT; PTSDに寄与する現在の生活ストレッサーに焦点を当てた対照条件)を完了した個人の間で比較しました。PCGTと比較してMBET後の恐怖顔に反応した左mPFCのより大きな治療後の活性化が報告され、MBET後の辺縁領域の変調の増加を示唆している。

まとめると、これらの結果は、マインドフルネスベースの治療が、PTSD患者の感情的反応性の調節の増加を伴う辺縁系領域のトップダウン調節を回復するのに効果的である可能性があることを示唆しています。注意深い感情調節は、扁桃体を含む辺縁系構造における活動の強化された前頭前野認知制御と付随するダウンレギュレーションによって媒介されると仮定されています。72、78マインドフルネスベースのアプローチを介して、辺縁構造の変調を増加させることが可能である36PTSD + DS患者のさらなる感情的な過剰調節につながる可能性があります。ただし、マインドフルネスベースのアプローチは、Tangと同僚によって示唆されているように、大脳辺縁系の反応性を正確に調節する能力の強化に関連している可能性もあります(たとえば、状況に応じて、トップダウン抑制大脳辺縁系領域を増減することによって) 。72したがって、PTSDおよびPTSD + DSの個人の感情的な過小変調と過変調の両方を改善する上でのマインドフルネスの相対的な有効性を解明するには、将来の作業が必要です。

 

精神病理学とPTSDのトリプルネットワークモデル

Menonによって導入された精神病理学のトリプルネットワークモデル79は、精神障害に関与し、高次の認知機能に不可欠な3つの主要な神経内因性接続ネットワーク(ICN;時間的および機能的に接続された脳領域)を詳しく説明しています。これらには、デフォルトモードネットワーク(DMN)、顕著性ネットワーク(SN)、および中央エグゼクティブネットワーク(CEN)が含まれます。DMNは、皮質正中線構造と外側頭頂葉で構成されており、mPFC、後帯状皮質(PCC)、楔前部の主要ノードと海馬傍回および視床への接続があります。DMNは、自己参照処理、自伝的記憶、社会的認知などの内部メンションに関与していると考えられています。、80 - 82SNは、扁桃体や視床などのさまざまな皮質下領域に接続する、前帯状皮質(AI)と背側前帯状皮質(dACC)の重要なノードで構成されています。79、83、84は、それが検出、統合に関与し、顕著な内部および外部の刺激、ならびに自律神経と感情調節と競合監視フィルタリングされます。84 – 86最後に、CENは背外側前頭前野(dlPFC)と後頭頂葉(PPC)に固定されており、作業記憶や実行機能などのプロセスに深く関わっています。87 – 89批判的に、一方DMNは、将来の事象を想定し、自己反射の思考を含め、個人が自己参照の思考プロセスに従事しながら、残りの間、アクティブであると考えている、と心さまよう、90、91、それは認知的タスクを要求時に非アクティブのままです。逆に、CENは通常、安静時は非アクティブであり、認知的に要求の厳しいタスク中に従事します。最後に、SN(特にAI)は、CENとDMNのアクティブ化の間の動的な相互作用を調整する上で重要な役割を果たすと考えられています。79、83

3つのネットワークすべてがPTSDの神経病理学に関与しています。 図2は、現在理解されているPTSDのDMN、CEN、SNの変化を示しています。最近の2つのメタアナリシスでは、mPFC、PCCと後頭頂小葉、海馬傍回など、DMNに関連する脳の領域での活性化の低下が強調されています。61、92 DMN間の減少の機能的接続性がPCCを含む、ノード、後方海馬およびvmPFCも報告されている92とPTSDの症状の重症度に関連付けられている93、94(図2)。DMNの機能的接続性の低下は、PTSD患者に見られる自己参照プロセス、自伝的記憶、および自己感覚の変化の障害の根底にあると考えられています。75、92対照的には、扁桃体およびAIなど、SNのノード間休止状態機能の接続性を増加92、94 - 96、ならびにAI、DACC、および扁桃体など、安静時SN領域における活性化を増加させ、61、92はPTSDの個人の間で一貫して報告されています。洞房結節のこのような変化は、PTSD患者の過覚醒症状と脅威感受性回路の全体的な優位性の根底にあると考えられています。92また、変更された機能的接続性が一貫して増加した接続が腹ACCの間に報告されたDMNとSNのノード間で注目されている(VACC、一般のmPFCの一部であると考えられる)およびPCC insulaと94、97(図2)。また、PCC /楔前部と扁桃体の接続性を増加させた93、98及び前方insula 94は、扁桃体およびPCC /楔前部6週間posttrauma間の接続は、12週目にPTSD症状の重症度を予測する場合、注目されています。93全体として、SNとDMNのノード間の接続性の増加のパターンは、適切な自己参照処理を犠牲にして、脅威処理と過覚醒の増加を反映していると考えられます。92図2
顕著性ネットワーク(SN;オレンジ色で表示)、中央エグゼクティブネットワーク(CEN;赤で表示)およびデフォルトモードネットワーク(DMN;青で表示)内およびそれらの間の機能的接続性の変化を示唆する現在の文献の要約心的外傷後ストレス障害(PTSD)。ネットワーク内の接続性の低下は赤い破線で示され、ネットワーク内の接続性の向上は緑色の実線で示され、ネットワーク間の接続性の低下はピンク色の破線で示され、ネットワーク間の接続性の向上は黄色の実線で示されます。一貫した調査結果は、PTSDを持つ人々の間で、DMN内の機能的接続性が低下していることを示しており、自己参照プロセス、自伝的記憶、および自己感覚の変化の混乱の根底にあると考えられています。逆に、SN内で接続性の増加が報告されており、過覚醒と脅威感度の増加の根底にあると考えられています。同様に、DMNとSNの間の接続性の増加は、自己参照処理を犠牲にして脅威に対する過敏症を反映していると考えられています。PTSDのある人は、関連するネットワークを適切に採用する能力の障害も示しており(たとえば、ワーキングメモリタスク中のCENではなくDMNのアクティブ化)、SNを介したDMNとCENの切り替えの障害を示唆しています。CEN内の接続性の明確なパターンは、PTSDと解離性症状を伴うPTSD(PTSD + DS)の患者の間で出現しています。PTSD + DSの患者は、CEN内の接続性の増加を示し、PTSDの患者は、CEN内の接続性の低下を示しました。dACC =背側前帯状皮質; dlPFC =背外側前頭前野; mPFC =内側前頭前野; PCC =後帯状皮質。

CENの活動と接続性は、PTSDのある個人でも混乱しており、メタアナリシスの結果はdlPFCの活動の低下を示しています。61興味深いことに、ある研究では、PTSD患者のワーキングメモリタスク中にDMNが不適切にアクティブ化されたことが報告されました。これは、コントロール間のCENの適切なアクティブ化とは対照的であり、PTSD患者のタスクポジティブネットワークを採用できないことを示唆しています。99さらに、CENの前頭頭頂部領域間の安静時機能的接続性の低下は、PTSD症状および外傷歴と関連しています100(図2)。特に、DMNノードとdlPFCの間の接続性の増加は、PTSD患者の解離性症状と関連しています。98さらに、PTSD + DSの女性の間で、上および下肢の脅威処理中のCEN内の接続性の増加が認められました(図2)、CENのハイパーコネクティビティと、辺縁領域のトップダウン抑制の増加の可能性を示唆しています。101

 

マインドフルネスと精神病理学のトリプルネットワークモデル

図3マインドフルネスベースのアプローチがDMN、SN、およびCENの機能を改善し、したがってPTSDの症状を標的にする可能性があるという仮説のメカニズムを示しています。マインドフルネスは、DMN、SN、CEN内およびそれらの間のアクティビティと接続性と一貫してリンクされており、各ネットワークは、経験豊富な瞑想者の間でマインドフルネス瞑想のさまざまな段階を担当しています。102具体的には、マインドワンダリングはDMNでの活動に関連付けられており、マインドワンダリングの認識はSNでのアクティビティに関連付けられていますが、注意を現在に焦点を合わせ、その後の現在の経験に焦点を合わせることが最も強く関連付けられています。 CENでの活動。102デフォルトモードのネットワーク活動と接続性は、瞑想の治療効果を監視するための潜在的なバイオマーカーとして提案されています。103具体的には、DMN内の自己参照処理とアクティビティはマインドワンダリングに関連付けられていますが、現在の瞬間のマインドフルネス意識のアンチテーゼは、「知覚」または「偏心」として知られる意識的思考の内容との識別の分離を促進します。 」103、104意識状態の間DMNの活性化は、経験豊富な瞑想に減少し105、106及び瞑想未経験者でMBSRトレーニング以下、107また、mPFCのより大きなアクティブ化と、休止中(たとえば、自己参照処理中)のmPFCとDMNの機能的接続性が、コントロール108と比較して瞑想者の間で示されています(図3)。まとめると、これらの調査結果は、マインドフルネスに基づく介入が、必要に応じて(たとえば、安静時の自己参照処理中に)DMNを適切にオンラインにする能力の向上と、DMNのアクティブ化が行われていないときにDMNに対するより優れた認知制御を与えることに関連している可能性があることを示唆しています。望ましい(例えば、現在を注意深く認識している間)。これらの調査結果は、通常、自己参照処理のためのこの重要なネットワークの安静時活性化と接続性の低下を示すPTSDの個人に変換される可能性があります。


図3
マインドフルネスが顕著性ネットワーク(SN;オレンジ色で表示)、中央エグゼクティブネットワーク(CEN;赤で表示)およびデフォルトモードネットワーク(DMN;青で表示)の機能の回復につながる可能性があることを示唆する調査結果の要約。ネットワーク内の接続性の向上は緑色の実線で示され、ネットワーク間の接続性の向上は黄色の実線で示され、ネットワーク間の接続性の低下はピンク色の破線で示されます。新たな研究は、コントロールと比較した場合、瞑想者間およびマインドフルネス介入後の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の退役軍人間で、休息中のDMN内の機能的接続性が高いことを示しており、PTSD患者のDMN接続性と適切な自己参照処理を回復する可能性があることを示唆しています。35CEN-DMN接続の増加も報告されており、注意の内部と外部の場所の間を移動する能力の増加を反映している可能性があります。SNの地域に応じて、マインドフルネス介入後のDMN-SN接続の増加と減少の両方の混合所見が報告されています。PTSDに対するマインドフルネス介入の後に、背側前帯状皮質(dACC)-DMN接続の増加が報告されました35。これは、内部刺激から外部刺激への注意のシフトの能力の増加を示唆している可能性があります(実行制御に関係するdACC)。対照的に、SN(島)-DMN接続の低下がコントロール間で報告されました。これにより、PTSDのある個人で所見が再現された場合、過覚醒症状が低下し、自己参照処理が増加する可能性があります。dlPFC =背外側前頭前野; mPFC =内側前頭前野; PCC =後帯状皮質。

MBETグループに参加したPTSDの退役軍人の間での新たな研究(前述のとおり)により、ICN内の症状変化の潜在的な神経マーカーが特定されました。35ここで、MBETは、CENのメインノードであるdlPFCとのDMN接続の増加に関連していました。PCGT比較条件では、そのような変更は報告されていません(図3)。さらに、著者らは、DMN-CEN接続の増加は、回避性および過覚醒症状の減少と関連していることを指摘しました。これは、注意の自発的制御能力の増加と、DMNを介した内部自己参照処理から注意をシフトする能力を反映している可能性があります( CENを介した相互受容を含む、他の形態の内部経験への反芻など)。これにより、感情的な調整能力が向上します。35特に、著者らは、治療後のMBETグループにおけるDMN-SN(dACC)接続性の増加も報告しました(図3)。著者らは、脅威に対する感受性の増加の根底にあると考えられているPTSD患者間のSN-DMN接続性の増加を示した以前の研究を考えると、この発見は矛盾しているように見えるかもしれないと述べています。93、94、97、98が、王と同僚35注意および実行制御におけるDACCの役割を考えると、DMN-SN(DACC)接続性を増加させたことが示唆さが内部自己参照状態から注目シフト用容量の増加を反映し得ますDMN-CEN接続の増加の場合に示唆されるように、外部刺激。

PTSD患者のICNにおける追加の重要な変化は、安静時のSNのノードにおける機能的接続性と活動の増加です。まだ、SNの安静状態の機能的活動に対するマインドフルネスベースの介入の影響を調べた研究はほとんどありません。ただし、新しい研究では、経験の浅い瞑想者と比較して、経験豊富な瞑想者の間では、マインドフルネスの特定の側面(たとえば、マインドフルネスの認識)ではSNがアクティブ化されるが、他の側面(たとえば、マインドフルネスや現在の瞬間への注意)ではアクティブ化されないことが示唆されています。102これらの調査結果は、マインドフルネスが、マインドフルネスプロセスの特定の段階でのICNの選択された使用と、これらのネットワークの使用に対する全体的なより優れた制御につながる可能性があることを示唆しています。SNの安静時機能的接続性の高まりは、PTSD患者の間に顕著な内部または外部刺激がない場合に、ネットワークの不適切な使用を示している可能性があることを考えると、これは特に適切です。逆に、いくつかのソースは、意識状態の間AI(SNのメインノード)の増加した活性を示した78、109、110これは、PTSD患者のSN領域の安静時活性化が高まっていることを考えると逆効果であると解釈される可能性があります。特に、これらの研究では、AIがアクティブなときにマインドフルネスのどの側面が使用されるかが明確ではありません(たとえば、外部刺激への注意とマインドワンダリングの認識)。さらに、特性マインドフルネスを調査した研究では、特性マインドフルネスが高い個人は、負の刺激を期待し、それにさらされている間、AIの活性化が低いことが報告されています。これらの結果は、に向かって指して減少自動感情的な応答、67、111、これらの結果は、この集団内で複製された場合にPTSDを有する個体において減少した過覚醒につながることが期待できます。

最後に、PTSDのある個人の間でインターネットワーク接続の変更が指摘されています。具体的には、PTSD患者のDMNノードとSNノード間のハイパーコネクティビティは、効果的な自己参照処理を犠牲にして、ハイパーリアクティブと脅威処理の増加の潜在的な原因として挙げられています。92同様に、DMNとCENの間の接続性の増加は、解離性症状と関連しています。98批判的に、最近の研究は、健康な対照の間で呼吸トレーニングへの2週間の自己誘導注意の後のマインドフルネスの測定のスコアの増加が、SN(前部島)とDMNの間の安静時接続性の低下と関連していることを報告しました。112DMNとSNのハブ間の接続性の低下に関する同様の調査結果が、経験豊富な瞑想者の間で報告されています102(図3)。ドールと同僚112は、DMNとSNの間の相互接続性の低下は、ネットワーク間のより明確な区別を表し、したがって個々のネットワークのより効果的な接続を表す可能性があると考えています。ドールと同僚112はまた、適切な感覚体験に参加するときにネットワークを切り替える能力が高いことを示す可能性のある、より注意深い個人間のCENとDMN間の接続性の低下を示唆する傾向レベルのデータについても説明しています。しかし、他のグループは、経験豊富な瞑想者の間で瞑想中にDMN領域(PCC)とCEN(dlPFC)およびSN(dACC)領域との接続性が増加することに注目しています105(図3)。特に、これらの研究の決定的な違いは、スキャン中の瞑想105と休息112の関与です。SNとDMNの間に減少し、休止状態の接続が減少過敏性の(特に内部刺激に対する)応答及び自己参照処理の回復につながる場合があるため、PTSDを有する個体のうち、92 DMNとCENの間の減少休止状態接続が低減することができます解離の症状。98

注目すべきことに、研究領域基準(RDoC)の認知制御ドメイン(認知リソースを柔軟かつ適応的に使用する能力)は、CENとSNの両方の機能に密接に関連しており、精神医学全体の重要な診断横断的障害として強調されています。病気。113、114このように、マインドフルネスベースの可能性がCENとSNの機能的完全性を高めるために近づき、かつ正確にオンライン関連ICNSをもたらすので、能力は、さらに認知制御を増加させる能力に関して検討する必要があります。

 

皮質下脳構造の注意力と接続性

視床は、DMNとの機能的な接続がマインドフルネスの根底にある可能性がある重要なノードとして識別されています。具体的には、Wangと同僚115は、視床がDMN内で特性マインドフルネスと一貫してリンクされている唯一のノードであり、視床とDMNの接続性の低下がより高い特性マインドフルネスに関連していることを発見しました。著者らは、視床とDMNの過度の接続性が、視床のさまようことを促進し、視床が関与する他のネットワークに効果的に寄与する能力を低下させる可能性があると仮定しています。具体的には、視床は上行網様体活性化システム(ARAS;覚醒と警戒の調節に重要なネットワーク)の主要な貢献者であり、DMNとARASシステム間のスイッチとして機能する可能性があります。115同様に、視床の視床枕核は、先天警報システム(IAS)、脅威の潜在意識の検出に関与する相互接続された脳領域のネットワークの主要ノードである116 - 119が急速に促進することによって進化の利点を付与する防御応答の急速な活性化を可能にすることが脅威への対応。120は、121ザIASは最近ショーは潜在意識と脅威処理中PTSDを有する個体間での機能的接続性、異常なこと脳ネットワークとして記載されている122 - 126恐怖の顔に反応したPTSD + DS患者の潜在意識の脅威処理中の視床、扁桃体、海馬傍回の活動の亢進を含み、潜在意識の脅威に反応するIASの誇張を示唆している。64マインドフルネスにおけるDMNへの視床接続の新たな役割を考えると、PTSDに関連する解離性症状を標的とするマインドフルネスベースの介入の潜在的な有用性を判断することも重要です。ここで、解離の防御カスケードモデルによれば、生物が特定の状況での脅威のレベルを克服できないと見なすと、それらは強壮性または崩壊した不動(死を模倣することによって生存を促進する可能性のある覚醒の低下状態)に従事する可能性があります。視床によって媒介される「機能的感覚求心路遮断」は、感覚統合の低下と皮質への入力につながります。これは、外傷を受けた個人の解離によって反映されると考えられているプロセスです。127、128したがって、DMNとの視床接続性の低下の結果としてのARASとの視床接続性の回復は、PTSD + DS患者間の解離の低下を促進する可能性があります。確かに、マインドフルネスベースのスキルは、相互受容性、固有受容性、および触覚に焦点を当てることによって(おそらく視床を介して)心と体の状態の認識を改善することによって解離状態からシフトする戦略として提案されています(たとえば、ボディスキャン中)。


PTSDのマインドフルネスベースの治療のエビデンスの評価

PTSDやその他の一次診断を受けたトラウマにさらされた集団の中で、MBSRやMBCTなどのマインドフルネスに基づく治療の有効性を調査する研究が増えています。これらの研究のほとんどはベテランのサンプルで完了しており、他のトラウマにさらされた集団(例えば、発達的トラウマ、対人的トラウマ、自然災害)でのいくつかの研究があります。表1 ここでレビューした研究とその主な調査結果を要約します。 図1 マインドフルネスに基づくアプローチがPTSDの症状と現在の経験的証拠を対象とするという仮説のメカニズムをリンクします。

ベルゲン-チコら。135 PTSDの退役軍人40人(男性90%) BMP based on MBSR (4 weekly 90-min sessions) plus TAU or to TAU alone (typical primary care for veterans) Salivary cortisol PCL, PHQ-9 (measure of depression) RCT, pre/post measures 20% drop-out rate BMP completers showed significant reduction in CAR (0.2 μg/dL)
TAU and noncompleters did not show a significant decrease in CAR
Significant correlation between changes in cortisol levels and PTSD and depression scores
Bormann et al.146 146 veterans (142 male) with PTSD MRP (6 weekly 90-min classes) or TAU alone (case management and consultation as needed) CAPS, PCL-C, BSI-18 (depressive symptom subscale), SF-12 (mental health component), MAAS RCT, pre/post measures 95% of MRP+TAU completed treatment MRP + TAUグループにおけるPCL-C、CAPSの過覚醒および麻痺症状、うつ病、および精神的

HRQOLの大幅な減少MRP + TAUグループにおけるMAASの大幅な改善

PTSD、うつ病および心理的幸福対策に対するMRPの注意を介した効果

注意深い注意に対するMRPの毎日のマントラム実践媒介効果

Catani etal。145 PTSDの診断を受けて津波にさらされた31人の子供(男性17人) 瞑想-リラクゼーション(個々の心理教育および瞑想リラクゼーション戦略)またはKIDNET(子供に適応した個々の物語暴露療法) UPID(機能の問題を評価するための5つの項目、身体的愁訴の存在を評価するための5つの項目) RCT、事前/事後対策; 6か月のフォローアップ 100%完全な治療を完了しました PTSD症状のグループ間に有意差なし治療

直後(d = 1.83)およびフォローアップ時(d = 2.20)の瞑想-リラクゼーショングループ内のPTSDスコアの有意な減少

瞑想-リラクゼーションの子供たちの71%が6歳でPTSDの基準を満たしていませんでした-moのフォローアップと81%がKIDNETグループの基準を満たしていませんでした(有意差なし)
両方の治療グループで機能スコアの有意な改善(有意差なし)

コール等。129 mTBIとPTSDの歴史を持つ10人のベテラン MBSR(2時間の入門クラス1回、毎週2.5時間のセッション8回、7時間のリトリート1回) PCL-C、注意を測定するためのCogstateのコンピューター化された評価 単群、管理されていない研究、事前/事後措置; 3か月のフォローアップ 90%が治療を完了しました 治療直後(d = 1.56)およびフォローアップ時(d = 0.93)のPCL-Cスコアの有意な減少治療
直後(d = 0.57)の注意測定の有意な改善、フォローアップでは維持されない
アーリー等。130 一般重症度指数BSIスコア> 0.50のCSAの19人の女性生存者 MBSR(週8回の2.5〜4時間のクラスと1回の5時間のリトリート(CSAのために拡張)と同時心理療法 BDI-II、PCL、BSI-18、MAAS 片腕、管理されていない研究; 以前の研究の2。5年間のフォローアップ133 NA うつ病(d = 1.10)、不安(d = 0.90)、およびPTSD症状(d = 0.80)の2。5年のフォローアップで維持された1カ月後の治療後の改善

PCLサブスケールは2。5年のフォローアップでベースラインから有意に低い:回避/麻痺(d = 0.70)、再体験(d = 0.50)、過覚醒(d = 0.90)

Gallegos etal。139 対人暴力の歴史と高い知覚ストレスを持つ42人の女性 MBSR(週8回の2.5時間のセッション、1日のリトリート)

TLEQ、STAI、DERS、CDES、MPSS、FFMQ、IL-6、TNF-α、CRP 片腕、管理されていない研究、前/中/後の測定; 1か月のフォローアップ 57%がクラスの50%以上を完了しました Significant reductions in depressive symptoms at all time points
Significant reductions in PTSD symptoms, state and trait anxiety immediately posttreatment and at follow-up
Significant improvement in DERS scores immediately posttreatment and at follow-up
Significant effect of attendance on IL-6 levels (reduced IL-6 with increased attendance)
Goldsmith et al.131 10 individuals with exposure to lifetime trauma or childhood abuse (9 female) with primary diagnosis of PTSD or MDD MBSR (8 weekly 2.5-hr sessions with 1 day-long retreat) PHQ-9, BDI-II, PCL, CTQ, LEC, AAQ-II (measure of experiential avoidance), TAQ Single arm, uncontrolled study, pre/mid/post measures 90% retention Significant reduction at mid-treatment and post-treatment in PTSD symptoms (d = 0.70, d = 0.73), depression (d = 0.30, d = 0.54) and TAQ shame-based appraisals (d = 0.30, d = 0.70)
Significant improvement in AAQ scores mid-treatment and post-treatment (d = 0.77, d = 1.11)
Kearney et al.132 92 veterans with PTSD MBSR (8 weekly 2.5-hr sessions and 1 7-hr retreat) PCL-C, PHQ-9, BADS, SF-8 (mental and physical HRQOL), AAQ-II, FFMQ Single arm uncontrolled study, pre/post measures; 4-mo follow-up 74% met minimum compliance (4 of 8 classes) Significant improvement at baseline and follow-up on PCL total (d = 0.55; d = 0.65), PCL re-experiencing (d = 0.40; d = 0.56), avoidance (d = 0.36; d = 0.35), emotional numbing (d = 0.46; d = 0.54), and hyperarousal (d = 0.64; d = 0.67)
Significant improvement at baseline and follow-up on depression score (PHQ-9; d = 0.53; d = 0.70), BADS (d = 0.47; d = 0.62), mental HRQOL (d = 0.62, d = 0.73), and AAQ (d = 0.65; d = 0.68)
Clinically significant reductions in PCL scores in 47.7% of participants
Changes in FFMQ scores from baseline to post-treatment significantly predicted PCL, PHQ-9, mental HRQOL immediately post-treatment and at follow-up
Kearney et al.133 47 veterans (37 men) with chronic PTSD MBSR (8 weekly 2.5-hr sessions and 1 7-hr retreat) plus TAU or TAU (usual care for PTSD within veterans health administration clinics) PCL-C, LEC, PHQ-9, SF-8, FFMQ, BADS RCT, pre/post measures; 4-mo follow-up 84% met minimum compliance in MBSR group (4 of 8 sessions) No significant difference between MBSR and TAU groups on PTSD, depression or behavioural activation immediately post-intervention or at follow-up
Significantly greater improvement in mental HRQOL in MBSR group post-treatment (d = 0.69), but this was not maintained at follow-up
Significant within-group improvement in the MBSR group on PTSD (d = 0.64), depression (d = 0.65), and mental HRQOL (d = 0.77) post-treatment (maintained only for mental HRQOL at follow-up)
Significant improvement in mindfulness scores immediately post-treatment (d = 0.65) and at follow-up (d = 0.67) in the MBSR group
King et al.142 37 veterans with long-term (> 10 yr) PTSD or PTSD in partial remission MBCT adapted for PTSD (8 weekly 8-hr group sessions) or TAU (psychoeducation and skills training, 8 weekly 1-hr sessions) or imagery research therapy (6 weekly 1.5-hr sessions) CAPS (all groups), PDS (MBSR group only), PTCI (MBSR group only) Nonrandomized controlled study, pre/post measures Dropout 25% in MBCT and 23.4% in TAU groups Significant reduction in CAPS score (d = 2.20) within MBCT group (ITT)
Significantly greater improvement on CAPS score in MBCT than in TAU group (d = 1.14; ITT)
Improvements on CAPS score in MBCT group explained by significant reduction in avoidant subscale (d = 2.11; ITT)
Significant reductions in CAPS intrusive (d = 0.64) and hyperarousal (d = 0.78) symptoms also seen in MBCT group (ITT)
73% in MBCT group attained clinically significant reductions in CAPS score (33% in TAU group; completer analysis)
Significant reduction in PDS numbing subscale (d = 0.57) and PTCI self-blame cognitions (d = 1.80) in MBCT group (completer analysis)
King et al.35 43 veterans with PTSD MBET (16-wk nontrauma focused intervention; mindfulness, psychoeducation, self-compassion training; in-vivo exposure to avoided situations [no trauma exposure]) or PCGT (16-wk intervention identifying current stressors contributing to PTSD) CAPS RCT, pre/post measures Not reported MBET participants attended an average of 13.5 of 16 sessions; PCGT group attended an average of 7.5 of 16 sessions
No significant differences between groups on PTSD symptom severity differences between pre- and post-treatment assessments
MBET group showed significant reduction in total CAPS (d = 0.96), CAPS intrusion (d = 0.72) and CAPS avoidance (d = 0.97) symptoms
PCGT group showed significant reduction in CAPS hyperarousal symptoms only (d = 0.79)
Kim et al.143 22 nurses with PTSD, 7 healthy control nurses MBX (16 semi-weekly 60-min sessions) or control condition PCL-C, serum cortisol, plasma ACTH, DHEAS RCT, pre/post measures; 2-mo follow-up Not reported Significantly greater decrease in PTSD symptoms and cortisol levels in MBX group than in controls
No significant differences between groups in ACTH and DHEAS levels
MBX group showed significant reductions in PTSD symptoms (including re-experiencing, avoidance, and hyperarousal) at 2-mo follow-up
Significant association between cortisol levels and PTSD symptoms
Kimbrough et al.134 27 survivors of CSA (24 women) with general severity index BSI score > 0.50 MBSR (8 weekly 2.5–4 hr classes and 1 5-hr retreat augmented for CSA) with concurrent psychotherapy BDI-II, PCL, BSI, MAAS, practice logs and attendance monitoring Single arm uncontrolled study, pre/mid/post measures; 4-mo follow-up 85% retention Significant reduction immediately post-treatment and at follow-up on depression scores (d = 1.8; d = 1.0), anxiety (BSI; d = 1.1; d = 0.90), PTSD symptoms (d = 1.2; d = 1.0)
Significant reductions immediately post-treatment and at follow-up on PTSD avoidance/numbing (d = 1.4; d = 0.90), re-experiencing (d = 0.70 both time points), and hyperarousal (d = 1.2; d = 0.60)
Significant reduction in individuals meeting criteria for PTSD post-treatment but not at follow-up
Niles et al.137 33 veterans with current PTSD MBSR-based telehealth group (2 45-min in-person sessions and 6 20-min weekly phone calls with weekly individual practice) or telehealth psychoeducation with same contact CAPS, PCL-M, PSQ RCT, pre/post measures; 6-wk follow-up 76% completed MBSR treatment MBSR group showed significant decrease in PCL score (d = 0.84) and decrease in CAPS score (d = 0.70)
At 6-wk follow-up, changes in PTSD in MBSR group were not sustained (d = 0.16)
Significantly greater improvement in MBSR group at posttreatment on PCL (d = 1.95) and CAPS scores (d = 1.27)
Polusny et al.138 116 veterans with PTSD or subthreshold PTSD MBSR (8 weekly 2.5-hr sessions and 1 day-long retreat) or PCT (9 weekly 1.5-hr sessions) PCL, CAPS, PHQ-9, FFMQ, WHOQOL RCT, pre/post measures; 2-mo follow-up Dropout 22.4% in MBSR and 6.9% in PCT Significantly greater reductions in PCL (d = 0.40), CAPS (d = 0.41), WHOQOL (d = 0.41) scores in MBSR group between baseline and 2-mo follow-up
Nonsignificant differences between groups on depressive scores (similar improvement in both groups)
Improvements of FFMQ scores significantly correlated with PTSD (PCL), depression and WHOQOL scores
Possemato et al.136 62 veterans with PTSD or subthreshold PTSD BMP (based on MBSR, 4 weekly 90-min sessions) plus TAU or TAU alone (typical primary care for veterans) CAPS, PCL, PHQ-9, FFMQ, MAAS RCT, pre/post measures; 1-mo follow-up 20% dropout rate No significant difference between BMP+TAU and TAU groups using ITT analysis for CAPS and PCL scores
Significantly greater improvement in BMP+TAU group on depression scores (d = 0.86)
BMP+TAU completers showed significantly larger decreases in PTSD severity (CAPS; d = 0.72) and depression scores (PHQ-9; d = 0.99)
FFMQ describing, nonjudgment and acting with awareness and MAAS scores accounted for 30% of total effect of BMP completion on PTSD severity
Rosenthal et al.144 7 veterans with PTSD (all men) TM (taught in 2 information lectures, brief personal interview, individual instruction and 3 follow-up sessions on 3 consecutive days; participants asked to meditate at home for 20 min twice daily for 12 wk) CAPS、PCL-M、Q-LES-Q、BDI、CGI-S、CGI-I、CES 片腕非対照試験、治療前の措置; 8週間のフォローアップ 71%完了 8週目でCAPS、Q-LES-Q、PCL-M、CGI-Iが大幅に改善

AAQ-II =受け入れと行動に関する質問票-II; ACTH =副腎皮質刺激ホルモン; BADS =うつ病スケールの行動活性化; BDI-II =ベックうつ病目録-II; BMP =簡単なマインドフルネスプログラム; BSI-18 = 18項目の簡単な症状インベントリ; CAPS =臨床医が管理するPTSDスケール; CAR =コルチゾール覚醒反応; CDES =疫学研究センターうつ病スケール; CES =戦闘暴露スケール; CGI-I =臨床的グローバル印象の改善; CGI-S =臨床的グローバル印象の重症度; CRP = C反応性タンパク質; CSA =児童の性的虐待; CTQ =子供時代のトラウマアンケート; DERS =感情調節スケールの難しさ; DHEAS =デヒドロエピアンドロステロン硫酸塩; FFMQ = 5要素マインドフルネスアンケート; HRQOL =健康関連の生活の質; IL-6 =インターロイキン-6; ITT =治療の意図; MAAS =瞑想の注意と意識の尺度; MBSR =マインドフルネスベースのストレス低減; MBX =マインドフルネスベースのストレッチと深呼吸のエクササイズ。MDD =大うつ病性障害; MPSS =修正されたPTSD症状尺度; LEC =ライフイベントチェックリスト; MBET =マインドフルネスベースの暴露療法:MRP =マントラ反復療法; mTBI =軽度の外傷性脳損傷; NA =該当なし。PCGT =現在中心の集団療法; PCL = PTSDチェックリスト; PCL-C = PTSDチェックリスト–市民; PCL-M = PTSDチェックリスト–軍事; PDS = PTSD診断スケール; PHQ-9 =患者の健康に関する質問-9; PSQ =患者満足度アンケート; PTCI =心的外傷後認知インベントリー; PTSD =心的外傷後ストレス障害; Q-LES-Q =生活の質の楽しみと満足度に関する質問票。RCT =ランダム化比較試験; SF-8 / SF-12 = 8項目/ 12項目の短い形式の健康調査; STAI = Spielberger State-Trait Anxiety Inventory; TAQ =トラウマ評価アンケート; TAU =通常通りの治療; TLEQ =トラウマティックライフイベントアンケート; TM =超越瞑想; TNF-α; 腫瘍壊死因子-α; UPID =カリフォルニア大学ロサンゼルス校、DSM-IVのPTSDインデックス。WHOQOL =世界保健機関の生活の質。

 

PTSDのマインドフルネスに基づくストレス低減

標準および外傷適応MBSRは、外傷にさらされた集団の中で最も頻繁に評価されるマインドフルネスに基づく治療法であり、2つのパイロット研究、3つの大規模な非対照研究、および5つのランダム化比較試験(RCT)がここでレビューされています。129 – 139最近のパイロット研究で、Coleと同僚129は、PTSDと軽度の外傷性脳損傷(mTBI)の病歴を持つ退役軍人の間で、PTSD症状と注意困難の両方の治療として標準MBSRを調査し、低い脱落率(10% )、自己申告によるPTSD症状の大幅な軽減、および治療後の注意力の大幅な改善。その研究では、注意力の改善は見られなかったものの、PTSD症状の軽減は3か月のフォローアップで維持されました。129同様に、Gallegosと同僚139は、自己申告による抑うつ症状とPTSD症状の有意な減少と、標準的なMBSR治療の直後、および対人暴力と高い知覚ストレスの病歴を持つ女性の1か月のフォローアップでの感情調節の改善を報告しました。ただし、著者は保持率が低く、参加者の43%が未完了者として分類されていると述べています。

多くの大規模な管理されていない研究でも、PTSD患者の標準的および外傷適応MBSR治療後の良好な結果が報告されています。130 - 132、134ゴールドスミスとその同僚131は自己報告PTSDの尺度、抑うつ症状、混合病因のPTSDを有する個体間で恥ベース外傷鑑定にmidtreatment及び後処理における標準MBSRもちろん以下有意な改善を報告しました。同様に、カーニーと同僚132退役軍人のサンプルにおけるPTSDの再体験、回避、感情的な麻痺および過覚醒症状、ならびにうつ病、経験的回避およびメンタルヘルス関連の生活の質(HRQOL)の測定について、治療直後および標準MBSR後のフォローアップで有意な改善が報告されました。 。安全性と前向きな成長体験を強調するように修正されたMBSRによる治療を調査した別の研究では、小児性的虐待の結果として、PTSDの女性の自己申告によるPTSD回避/麻痺症状と再体験、過覚醒、うつ病、不安症状が特に大幅に減少することがわかりました。134これらの利益は、2。5年後も維持されました。130MBSRの潜在的な長期的有用性を示しています。さらに、これらの研究では、ドロップアウト率が低く(10%〜16%)、治療の受容性が高いことが示唆されています。131、132、134

外傷にさらされた集団の間で、MBSRの有効性を調査する少数のRCTが完了しました。133、136 - 138症状として現在の問題に焦点を当て、これらの最大は、(外傷約心理教育を含むように拡張)または存在中心療法(PCTは、完全またはサブスレッショルドPTSDと116人の退役軍人がランダムMBSRを受信するために割り当てされた最近の研究でしたPTSDの)。138自己申告および臨床医による評価の大幅な削減(臨床医が管理するPTSDスケール[CAPS] 140)PTSD症状と生活の質の改善は、適切な保持率(78%)でMBSRグループ(中程度の効果量)で認められました。重要なことに、2か月のフォローアップでグループの違いが現れましたが、治療後は存在しませんでした(両方のグループで同等の症状の軽減が見られました)。これは、症状の軽減を維持する上でMBSRがPCTよりも効果的である可能性を示唆しています。同様に、Nilesと同僚137は、電話MBSRプログラムに参加した退役軍人の間で、高い治療受容性(18%の脱落率)と、自己申告および臨床医評価(CAPS)PTSD症状(大きな効果サイズ)の大幅な改善を報告しました。電話心理教育プログラムに参加した人。ただし、これらの結果はフォローアップ時に維持されませんでした。

これらの研究とは対照的に、Possematoとcollegages 136は、MBSRに基づく簡単なマインドフルネスプログラム(4週間)に参加した退役軍人と、通常通りの治療(TAU)。ただし、より完全な分析(すべてのクラスに参加した参加者を含む)では、TAUグループと比較して、マインドフルネスグループのPTSD重症度(CAPS)と抑うつ症状が大幅に改善され、効果量は中から大でした。136著者らは、有意な症状の軽減を達成するには、最低4回の治療セッションが必要であると主張しました。136同様に、カーニーと同僚133標準的なMBSRプログラムに参加している退役軍人の間で、PTSDの測定と治療後の抑うつ症状に関するグループ内の有意な改善が報告されました(フォローアップでは維持されません)。ただし、この研究では、メンタルHRQOLの評価を除いて、TAUに加えてMBSRを投与された退役軍人と、臨床測定でTAUのみを投与された退役軍人との間に有意差は示されませんでした。

要約すると、MBSRはPTSDの有望な治療アプローチとして浮上しており、最近の研究では、PCTと比較して標準MBSRに続くPTSD症状の有意な減少が報告されており、最小治療セッション数が136に達した場合、TAUと比較して138簡単なMBSRが報告されています(ただし、カーニーと同僚による研究133)、心理教育と比較した電話MBSR。137また、MBSRはほとんどの研究は、10%-22%の低ドロップアウト率報告と、患者の許容性の高いレベルを持っているように見える129、131、132、134、137、138(しかし、Gallegosと同僚による研究139を参照してください)。変化のメカニズム、カーニーらによる2つの研究からの集計データに対して132、133及び2未発表の研究は、非反応性の変化を報告し、最も強くPTSD症状の改善、特に過覚醒症状と関連することがFFMQに意識して作用します。141

PTSDのためのマインドフルネスベースの認知療法PTSD患者におけるMBSRの有用性の調査に加えて、ある研究では、PTSDの治療のために増強されたMBCTの有効性が調査されました。その研究では、キングと同僚142慢性PTSD(> 10年)の37人の退役軍人をPTSDのMBCTまたは2つの対照条件の1つ、スキルトレーニングまたは画像リハーサル療法(悪夢の内容の再構成に焦点を当てる)による心理教育を受けるように割り当てました。著者らは、ITT分析(大きな効果量)を使用した対照群よりもMBCT群のPTSD症状(CAPS)の大幅な改善を発見しました。これは、CAPS回避サブスケールのスコアの低下によって主に説明されました。さらに、著者らは、対照群よりもMBCT群の退役軍人の数が有意に多く、PTSD症状の臨床的に有意な減少を達成したことを発見しました(73%対33%)。さらに、治療を完了した人(MBCTグループの75%)の間で、麻痺症状と自己非難認知の有意な減少が認められました。したがって、

 

PTSDのための追加のマインドフルネスベースのアプローチ

メッタの注意深含むPTSDの治療のための代替的なマインドフルネスベースのアプローチ、近づき、143 - 148はまた、研究されています。PTSDの退役軍人に対する12週間の愛情深い瞑想介入の最近のパイロット研究では、3か月のフォローで、自己同情とマインドフルネスのスキルが向上し、PTSD症状(大きな効果サイズ)と抑うつ症状(中程度の効果サイズ)が減少したことが報告されました。 -アップ、74%が12クラスのうち少なくとも9クラスに参加。147さらに、調停は、PTSDの変化や抑うつ症状のドライバーとして自己思いやりの変化、識別分析147を追加の分析を習得、個人の成長、人生の目的、自己受容とdecentringの増加感情を明らかにしながら。148

ストレス、不安、怒りを軽減し、注意力を高めると考えられている神聖な単語やフレーズのサイレントリピートであるマントラムリピートプラクティス(MRP)は、最近、TAUまたはMRPを受けるように割り当てられたPTSDを持つ退役軍人の大規模なサンプルで研究されました+ TAU。146著者らは、TAUグループと比較して、MRP + TAUにおいて、自己申告および臨床医評価(CAPS)のPTSD症状および過覚醒および麻痺症状の有意な大幅な減少、ならびに自己申告によるうつ病症状の減少および精神的HRQOLの改善を報告しました。批判的に、著者らは、このアプローチが退役軍人の間で非常に受け入れられ、サンプルの95%が治療を完了していることを発見しました。146同様に、Rosenthalと同僚144PTSD(5回の治療完了)の7人の退役軍人のサンプルで超越瞑想(マントラ瞑想の一種)プログラムの有効性を研究し、CAPSスコアと生活の質の測定値の大幅な改善を報告しました。別の最近の研究では、津波への曝露後にPTSDの可能性がある(期間を除くすべての基準が満たされている)子供を対象に、瞑想緩和プログラム(マントラの繰り返しと呼吸運動を含む)の有効性を検証済みの子供向けナラティブ暴露療法(KIDNET)149と比較しました。145著者らは、治療直後と6か月のフォローアップで、参加者の100%の維持と同等のPTSD症状の軽減を報告し、両方の治療法の効果量が大きく、機能的転帰の改善(例、自己申告による学校の成績)が見られました。 。6か月のフォローアップで、瞑想-リラクゼーション治療を受けた子供の71%(KIDNETでは81%)は、PTSDの基準を満たさなくなり、寛解率に関してグループ間で有意差はありませんでした。集中治療室(ICU)の看護師の対照群と比較して、マインドフルネスベースのストレッチと深呼吸運動(MBX)を使用した同様の介入により、PTSDの再体験、過覚醒、回避症状が大幅に減少しました。143

したがって、マントラ繰り返し瞑想緩和治療はまた、TAUと比べてPTSDの治療に有効なアプローチとして浮上している146とコントロール条件。143は、子供のための暴露に基づく治療と比較した場合、また、最近の研究では、同等の症状の改善を報告しました。145愛情深い瞑想も有望なアプローチとして浮上しており、症状改善の推定上の推進力としての自己同情の増加が見られます。147

 

PTSDのためのマインドフルネスベースの暴露療法

王と同僚35、36は最近、PTSDのためのマインドフルネスベースの治療への新しいアプローチを提示しました。具体的には、MBCTのようなマインドフルネストレーニングと回避された状況への非外傷性のinvivo曝露を組み込んだ16週間のMBETを開発しました。このアプローチは、PTSD心理教育、身体のマインドフルネスとin vivo曝露、感情のマインドフルネスとin vivo曝露、および自己同情トレーニングを含む4つのモジュールで構成されています。著者らは、PTSDに寄与する現在の生活ストレッサーに焦点を当てたMBETとPCGTを比較しました。彼らは、fMRI研究にも参加した患者のサブサンプルからの結果を報告しました35。そして、両方の治療がPTSD症状の重症度の低下をもたらしたが、MBETのみが統計的に有意な低下をもたらしたことを発見した。有望な初期の発見にもかかわらず、このアプローチの有効性を確認するために将来の作業が必要になるでしょう。

 

マインドフルネスアプローチが内分泌機能に及ぼす影響

2つの研究が、内分泌機能に対するマインドフルネスベースの治療の影響を調査しました。135、143ベルゲンCICOと同僚135は、それらの受信TAUと比較して、短時間の注意深介入を完了した退役軍人の間でコルチゾール覚醒応答(CAR)の有意な減少を報告しました。重要なことに、CARの低下は、PTSDとうつ病の症状の重症度の変化と関連していた。逆に、Kimと同僚143は、対照条件と比較して、MBX治療に参加しているPTSDのICU看護師の間で基礎コルチゾールレベルの有意な増加を報告しました。さらに、より高いコルチゾールレベルは、MBXと対照サンプルの組み合わせにおけるPTSD症状の減少と関連していた。143重要なことに、これら2つの研究では、異なる方法を使用してコルチゾールを測定しました。Kimと同僚143は、瀉血によって覚醒してから数時間後の早朝にコルチゾールを測定し、Bergen-Cicoと同僚135は、参加者が最初に目覚めてCARを決定した後に唾液コルチゾールを測定しました。また、十分に確立されているが、その視床下部-下垂体-副腎(HPA)軸の調節、上の負PTSDの影響150、151この関連の方向性の報告にはかなりのばらつきがあり、多くの研究がPTSD患者の基礎コルチゾールレベルが低いことを報告し、PTSD患者の基礎コルチゾールレベルが高いことを報告している研究もあれば、正常性が失われている可能性があると結論付けている研究もあります。 PTSD患者におけるコルチゾール放出の概日リズム。151コルチゾールレベルとPTSD症状との関連の方向性は明確ではありませんが、ここでレビューした研究は、マインドフルネスに基づくアプローチがPTSD患者のコルチゾール反応を正常化するのに効果的である可能性があることを示唆しています。135、143また、Gallegosの同僚139対人的外傷の病歴のある女性のMBSR治療セッションへの出席の増加の関数として、循環インターロイキン-6(IL-6;炎症性バイオマーカー)の減少が観察されました。これらの発見は、PTSD患者の炎症性バイオマーカーの増加に関する一貫した報告に照らして重要であり、IL-6などの炎症性サイトカインが抑うつ症状や不安症状を増加させることが示されていることを考えると重要です。152


議論

PTSDの治療におけるマインドフルネスベースのアプローチ

全体として、PTSDのマインドフルネスベースの治療に関する新興の急速に成長している文献は、かなりの見込みを示しています。ここでレビューされた研究は、マインドフルネスベースの治療がPTSDの症状を軽減するのに効果的であり、グループ内の効果量が中程度から大きいことを示唆しています。129、131 - 134、136 - 138、142、145決定的には、これらの研究のほとんどは、低ドロップアウト率(0%-29%の摩耗)を報告129、131 - 134、137、138、142、144 - 146Gallegosらはより高い率を報告したが、社会経済的地位の低い女性のサンプルの中で育児や交通機関の困難などの理由を挙げた139人(43%の脱落者)。このような低いドロップアウト率は、PTSDのある個人のマインドフルネスベースの治療の高い受容性を示唆しており、最近の研究では、PTSDのエビデンスに基づく治療(CPT、PEなど)を受けている個人の35%〜40%のドロップアウト率が強調されていることを考えると重要です。14 - 16 PEが有意に高いドロップアウト率を有します。16現在のところ、MBSR 2件のRCTがベテラン集団間アクティブ比較療法と比べMBSRとPTSDおよび関連症状における有意に大きな改善が報告と、最も証拠支持アプローチである137、138(ただし、カーニーと同僚による研究を参照133とPossematoと同僚136)。さらに、いくつかのシングルアーム制御されていない試験では、退役軍人MBSR処理後のPTSDとの関連症状の大幅な改善を報告した129、132及び対人や発達外傷の犠牲者。131、134、139重要なことに、これらの研究間、治療利益は、主として5年のフォローアップの1ヶ月の範囲で維持された129、130、132、134、138、139(ただし、カーニーらによる研究を参照133とナイルズと同僚137)。批判的に、フォローアップで維持された改善を報告しなかったナイルズと同僚による研究137は、遠隔医療アプローチを使用し、治療効果を維持するためにより集中的な対面治療が必要かもしれないことを示唆しました。PTSD 142用に修正されたMBCTの最近の調査を含む、追加のマインドフルネスベースの治療法が評価されました。そしてMBET 36標準治療プロトコルに比べては、これらのより高い有効性を示す有望な結果を示すと、制御処理上近づきます。36、142また、MRP及び瞑想緩和技術は、PTSDを有する個体間で研究されています。143 – 146これらの研究では、初期のエビデンスは、TAU 146よりもMRPの有効性が向上し、子供たちの第一線のナラティブ暴露療法に対する瞑想-緩和アプローチの有効性が同等であることを示しています。145また、証拠新興する注意深ベースのアプローチは、正規コルチゾールレベルによりPTSDの特徴である神経内分泌機能不全標的とし得ることを示す135、143および循環炎症性サイトカインの減少。139

ここでレビューした研究のうち、ほとんどは特定のPTSD症状領域の変化(例えば、侵入、回避、認知と気分の変化、覚醒と反応性)について報告していませんでした。しかし、そうしたものの中で、再体験、回避、麻痺、および過覚醒の症状全体で有意な減少が認められました。132、134、142、143さらなる研究は、注意深ベースのアプローチは、PTSDの症状に変化をもたらすれる作用機序を解明するために必要であろう。しかし、予備調査はこの質問を調査し始めました(図1)。たとえば、Kimbroughと同僚134は、CAPS回避/麻痺サブスケールの特に大幅な減少を指摘しましたが、Kingと同僚142は、MBCT後のCAPSの改善は回避サブスケールの減少によって促進されたと主張しました。これらの発見は、外傷性の記憶、思考、刺激を外部および内部環境で非判断的に受け入れることを促進することにより、マインドフルネスがPTSD症状の重症度を軽減するメカニズムとして回避の軽減を示唆する仮説を支持します。27、28。同様に、受付の有意な増加、恥ベース認知の減少131感情調節および改善139PTSDのMBSR治療後に報告されています。キングと同僚142は、MBCT後の自己非難認知と感情的麻痺の有意な減少を報告し、マインドフルネスが感情の受容(すなわち、非回避)と調節、および外傷関連認知の受容を改善し、ひいては恥、自己の減少につながる可能性があることを示唆しました。非難と感情的な調節不全。131、139、142これらの知見は、最近のモデルはPTSDの開発と保守で恥と罪悪感に基づく認知の重要性を強調して与えられた特に重要です。41、153 最後に、マインドフルネスの側面、すなわち非反応性と意識を持って行動することの改善は、過覚醒症状の減少と関連しており、現在の瞬間に留まり、環境刺激に非反応性であるより大きな能力がこの症状クラスターの変化のメカニズムであることを示唆しています。

 

PTSDの治療におけるマインドフルネスに基づくアプローチの神経生物学的証拠

PTSDの神経生物学的モデルとマインドフルネスの文献における神経生物学的所見の間にはかなりの重複があります。最近の研究によると、マインドフルネスベースの治療は、感情的な過小調節(過覚醒および侵入症状に関連する)および感情的な過調節(解離性症状に関連する)を標的とする可能性があります。7、60、61、63具体的証拠はそのマインドフルネスベースの治療法は前頭葉前部領域(例えば、のmPFC)において活性を増大させ、辺縁系領域(例えば、扁桃体)における活性を低下させるのに有効であり得る示唆し、そして効果的侵入および過覚醒を標的とし得ます症状。72、78さらに、vlPFCと扁桃体の間の接続性の増加は、MBSR治療後の不安症状の減少と関連しており71、覚醒モニタリングの改善を示している可能性があります。72

さらに、証拠は、マインドフルネスの実践のさまざまな段階がさまざまなネットワークの明確な使用に関連付けられていることを考えると、マインドフルネスがDMN、SN、およびCENの適切な使用と整合性を促進することを示しています。102確かに、マインドフルネスに基づく介入は、PTSD患者のCEN、DMN、SN内およびCEN、DMN、SN間の活動と機能的接続を回復する可能性を示しています。最近の研究は、DMN内の安静時の機能的接続性と活動を高めるのにマインドフルネスが効果的である可能性があることを示しています。108これらの発見は、自己参照処理の混乱につながると考えられているPTSD患者のDMNの安静時活性化と接続性の低下を考えると、特に重要です。61、92また、マインドフルネスは、PTSDを有する個体間で見DMNとSNとの間のSNで多動とハイパーコネクティビティ標的化に有効であり得る61、92感情的合図に応答する神経低下育成することにより(すなわち、負の刺激に応答して減少AI活性化)67、111およびDMNとSN間のインターネットワーク接続の減少。112これらの変化は、次に、過覚醒症状の軽減と、PTSD患者の自己参照処理の回復につながる可能性があります。重要なことに、将来の作業では、マインドフルネスに基づくアプローチで治療を受けているPTSD患者の神経回路モデルとトリプルネットワークモデルの両方に関するこれらの仮説を確認する必要があります

 

制限と将来の方向性

ここでレビューした研究は、軍隊やその他のトラウマにさらされた集団のPTSDの症状を軽減するためのマインドフルネスベースのアプローチの有用性に関する有望な最初の証拠を提供しますが、これらの治療が潜在的な第一選択の介入と見なされる前に追加の作業が必要です。実際、PTSDの第一選択のエビデンスに基づく治療としてのマインドフルネスに基づくアプローチの有用性を比較した研究は1つだけであり、145、これらのアプローチをCPTまたはPEに比較した研究はありません。ただし、レビューしたように、マインドフルネスベースの治療は同様の効果サイズ(中から大)を持っているようであり、同様の有効性を示唆しています。さらに、初期の発見は有望であり、Cataniと同僚145PTSDの症状のある子供たちの間で、瞑想とリラックスの介入または物語の暴露療法のいずれかの後の同等の症状の軽減を報告します。

将来の研究のためのさらなる手段は、マインドフルネスベースの治療を、CPT、PE、またはPTSDの他の第一選択治療を完了した人々の再発を防ぎ、残存症状を軽減する手段として使用することです。うつ病の文献。32、154、155注意深ベース処理の使用のためのこの新興アベニューPTSDを有する個体のかなりの割合は、それらの診断後最初のライン精神療法保持することを指定された重要かもしれ12または実質的な残存症状を有しています。13これまでに行われた研究は1つだけであるため、追加の作業では、PTSDに適合したMBCTの一般的な有用性も調査する必要があります。142重要なことに、前述のように、治療へのパーソナライズされたアプローチは、臨床医が各患者の特定の特性を考慮して、どの治療アプローチが特定の症状とニーズに最も適しているかを判断するゴールドスタンダードアプローチとして浮上しています。参加者の特徴がさまざまな治療法(主に過覚醒または解離性症状など)への反応を予測することを正確に理解し、患者を最も効果的な治療アプローチに導くには、さらなる作業が不可欠です。

重要なことに、マインドフルネスが解離状態に反対し、病理学的解離症状を改善する可能性があることを示唆する理論モデルにもかかわらず、PTSDに関連する解離症状がマインドフルネスベースの介入によって改善できるかどうかを調査した研究はこれまでありません(たとえば、自己と現在への接続性の改善によって)瞬間認識)。53、54の代替的治療アプローチは、特に潜在的に低下治療応答に照らしてPTSD + DSを有する個人間で示され得るように、これは、探索する重要な道である18、19及び疾患の重症度を増加させました。23

将来の研究のためのもう一つの重要な分野は、感情的および心理的柔軟性でPTSDの患者を支援し、自分自身や他人への思いやりと共感を育む可能性があるため、最近の関心を集めているメタマインドフルネスまたは愛情のこもったアプローチの使用です。37、39、40準備作業は、瞑想のこのフォームはPTSDの症状を改善するのに有効と増加自己受容を促進し、人生の目的とベテランの間decentringであることを示しています。133は、148はさらに、研究は、自己思いやりの変化が慈愛の調停の介入に参加した人々の間でPTSDの症状の変化を媒介することを示唆しています。147、148これらの結果は、重要な与えられた最近の恥、罪悪感と自己思いやりの欠如によって駆動障害などのPTSDの概念化されている41、42と減少した自己思いやりがPTSDとのそれらの間で悪化し、症状の重症度と関連していることを発見。156

さらに、将来の研究は、PTSDの症状を改善するためのマインドフルネスベースのアプローチの能力の根底にある神経生物学的メカニズムのより良い理解を得ることを目的とすべきです。特に、PTSD患者へのマインドフルネス介入後の、DMN、SN、CEN間の機能的接続性の変化に関するさらなる研究が必要です。

最後に、PTSDの特定の症状の側面(例、回避、過覚醒、解離症状)を対象とするマインドフルネスベースのアプローチの能力をよりよく理解する必要があり、臨床医がこれらの治療の根底にある行動のメカニズムとどの個人を理解するのを助けるために重要です患者は、マインドフルネスベースのアプローチから最も恩恵を受ける可能性があります。


結論

既存の証拠MBSR含むこと注意深ベースの治療を示し、129、131 - 134、136 - 139 MBCT、142 MBET、36瞑想緩和143、145及びmantrum繰り返し144、146のアプローチは、予備的な証拠と、PTSDの症状を低減するのに有効ですその回避の減少を示す134、143および改良恥ベース鑑定における131と自己非難の認知142治療効果の根底にある重要なメカニズムかもしれません。また、PTSDと注意深の神経生物学、神経生物学のモデルの間にかなりの重複がある72、102、112、115はこれらの治療アプローチの潜在的な有用性に強力なサポートを提供します。PEやCPTを含むPTSDの第一線の心理療法と比較して、マインドフルネスベースのアプローチの有効性を判断するには、さらなる作業が必要です。さらに、将来の研究は、改善するために、PTSDの神経回路モデル(例えば、mPFC、扁桃体)に関連する領域、およびDMN、CEN、SNを含むICN内およびICN間の神経生物学的活動および機能的接続性の変化を調査することを目的とすべきです。 PTSD症候学におけるマインドフルネスを介した変化の根底にある神経生物学的メカニズムの理解。


謝辞

この作業のサポートは、R。ラニウスとM.マッキノンに授与されたカナダ健康研究所とカナダ軍事退役軍人健康研究所からの助成金によって提供されました。J.ボイドは、オンタリオ大学院奨学金であるホームウッド研究所からの奨学金と、セントジョセフヘルスケアハミルトンの研究所からのショーンオサリバン神父学生賞によって支援されました。

 


参考文献


1.ケスラーRC。心的外傷後ストレス障害:個人と社会への負担。Jクリン精神医学。2000; 61:4–12。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
2. Kessler RC、Sonnega A、BrometEなど。全国併存疾患調査における心的外傷後ストレス障害。アーチゲン精神医学。1995; 52:1048–60。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
3. Van Ameringen M、Mancini C、PattersonBなど。カナダの心的外傷後ストレス障害。CNS NeurosciTher。2008; 14:171–81。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
4.アメリカ精神医学会。精神障害の診断と統計マニュアル。第5版 ワシントン(DC):APA; 2013. [ Google Scholar ]
5. Armor C、Karstoft KI、Richardson JD PTSDと解離の共起:重度のPTSDと解離性PTSDの区別。Soc PsychiatryPsychiatrエピデミオール。2014; 49:1297–306。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
6. Bennett DC、Modrowski CA、KerigPKなど。外傷を負った拘留された歯のサンプルにおける心的外傷後ストレス障害の解離性サブタイプの調査。心的外傷。2015; 7:465–72。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
7. Lanius RA、ブランドB、VermettenEなど。心的外傷後ストレス障害の解離性サブタイプ:理論的根拠、臨床的および神経生物学的証拠、および含意。不安を抑える。2012; 29:701–8。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
8. Spiegel D、Lewis-FernándezR、Lanius R、他。DSM-5の解離性障害。Annu Rev Clin Psychol 2013; 9:299–326。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
9. Wolf EJ、Miller MW、ReardonAFなど。解離と心的外傷後ストレス障害の潜在クラス分析:解離性サブタイプの証拠。アーチゲン精神医学。2012; 69:698–705。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
10. Wolf EJ、Lunney CA、MillerMWなど。PTSDの解離性サブタイプ:複製と拡張。不安を抑える。2012; 29:679–88。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
11. Cahill SP、Rothbaum BO、ResickPAなど。成人のための認知行動療法。In:Foa EB、Keane TM、Friedman MJ、他、編集者。PTSDの効果的な治療法:国際外傷性ストレス研究学会の実践ガイドライン。第2版 ニューヨーク(NY)とロンドン(UK):ギルフォードプレス; 2012. pp。139–222。[ Google Scholar ]
12. Steenkamp MM、Litz BT、HogeCWなど。軍事関連のPTSDに対する心理療法。ジャマ。2015; 314:489–500。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
13. Bradley R、Greene J、Russ E、他。PTSDの心理療法の多次元メタアナリシス。J精​​神医学です。2005; 162:214–27。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
14. Schottenbauer MA、Glass CR、ArnkoffDBなど。PTSDのアウトカム研究における無反応率と脱落率:レビューと方法論的考察。精神医学。2008; 71:134–68。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
15. Goetter EM、Bui E、Ojserkis RA、他。イラクとアフガニスタンの戦闘退役軍人における心的外傷後ストレス障害の心理療法からの脱落の系統的レビュー。Jトラウマストレス。2015; 28:401–9。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
16. Kehle-Forbes SM、Meis LA、SpoontMなど。退役軍人省の外来診療所での長期暴露と認知処理療法による治療開始と脱落。心的外傷。2015; 8:107–14。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
17. Zayfert C、DeViva JC、BeckerCBなど。「現実世界」の臨床診療におけるPTSDの曝露利用と認知行動療法の完了。Jトラウマストレス。2005; 18:637–45。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
18.ペH、キムD、パークCP。解離は、心的外傷後ストレス障害の眼球運動脱感作および再処理(EMDR)における治療反応を予測します。Jトラウマ解離。2016; 17:112–30。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
19. Price M、Kearns M、Houry D、他。早期介入の有無にかかわらず、外傷にさらされた個人の心的外傷後ストレス軽減の救急科の予測因子。J ClinPsycholに相談してください。2014; 82:336–41。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
20. Wolf EJ、Lunney CA、Schnurr PP 心的外傷後ストレス障害の解離性サブタイプが女性退役軍人および現役軍人の治療効果に及ぼす影響。J ClinPsycholに相談してください。2016; 84:95–100。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
21. Cloitre M、Petkova E、Wang J、他。児童虐待に関連するPTSDの女性の経過と解離の影響に対する連続治療の影響の調査。不安を抑える。2012; 29:709–17。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
22. Resick PA、Suvak MK、JohnidesBDなど。認知処理療法によるPTSD治療に対する解離の影響。不安を抑える。2012; 29:718–30。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
23. Stein DJ、Koenen KC、FriedmanMJなど。心的外傷後ストレス障害における解離:世界のメンタルヘルス調査からの証拠。バイオル精神医学。2013; 73:302–12。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
24. Frost KD、Laska KM、WampoldBE。心的外傷後ストレス障害の治療としての現在中心の治療の証拠。Jトラウマストレス。2014; 27:1–8。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
25. Kabat-Zinn J.マインドフルネスに基づく介入の文脈:過去、現在、未来。Clin Psychol SciPract。2003; 10:144–56。 [ Google Scholar ]
26. Banks K、Newman E、Saleem J.心的外傷後ストレス障害の症状を治療するためのマインドフルネスに基づく介入に関する研究の概要:系統的レビュー。Jクリン心理学。2015; 71:935–63。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
27. Lang AJ、Strauss JL、Bomyea J、他 PTSDへの介入としての瞑想の理論的および経験的根拠。BehavModif。2012; 36:759–86。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
28. Follette V、Palm KM、PearsonAN。マインドフルネスとトラウマ:治療への影響。J Ration-Emot Cogn-BehavTher。2006; 24:45–61。 [ Google Scholar ]
29.ベールRA。臨床的介入としてのマインドフルネストレーニング:概念的および経験的レビュー。Clin Psychol SciPract。2003; 10:125–43。 [ Google Scholar ]
30. Kabat-Zinn J. 完全な大惨事の生活:ストレス、痛み、病気に直面するためにあなたの体と心の知恵を使用します。ニューヨーク(NY):バンタムデル; 1990. [ Google Scholar ]
31. Kabat-Zinn J、Massion A、Kristeller J、etal。不安障害の治療における瞑想に基づくストレス低減プログラムの有効性。J精​​神医学です。1992; 149:936–43。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
32. Teasdale JD、Segal SV、WilliamsJMGなど。マインドフルネスベースの認知療法による大うつ病のレルパーゼ/再発の予防。J ClinPsycholに相談してください。2000; 68:615–23。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
33. Chiesa A、Serretti A.精神障害に対するマインドフルネスベースの認知療法:系統的レビューとメタアナリシス。精神医学の解像度。2011; 187:441–53。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
34. Fjorback LO、Arendt M、Ornbol E、他。マインドフルネスベースのストレス低減とマインドフルネスベースの認知療法:ランダム化比較試験の系統的レビュー。Acta PsychiatrScand。2011; 124:102–19。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
35. King AP、Block SR、SripadaRKなど。アフガニスタンとイラクの戦闘退役軍人における心的外傷後ストレス障害(PTSD)のマインドフルネスに基づく暴露療法後の、変更されたデフォルトモードネットワーク(DMN)安静時機能接続。不安を抑える。2016; 33:289–99。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
36. King AP、Block SR、SripadaRKなど。PTSDのOEF / OIF戦闘退役軍人におけるマインドフルネスベースの暴露療法のパイロット研究:社会的感情的処理における内側前頭皮質と扁桃体反応の変化。フロント精神医学。2016; 7:154。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
37. Frewen P、Rogers N、Flodrowski L、他。マインドフルネスとメタベースのトラウマセラピー(MMTT):インターネットリソースの初期開発と概念実証。マインドフルネス。2015; 6:1322–34。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
38. Thompson RW、Arnkoff DB、GlassCR。トラウマに対する心理的レジリエンスの構成要素としてのマインドフルネスと受容の概念化。トラウマ暴力乱用。2011; 12:220–35。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
39. Hinton DE、Ojserkis RA、Jalal B、他。トラウマを抱えた難民やマイノリティグループの治療における愛情の優しさ:マインドフルネスの類型と感情と感情の規制のノードネットワークモデル。Jクリン心理学。2013; 69:817–28。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
40. Hofmann SG、Grossman P、Hinton DE 愛情と思いやりの瞑想:心理的介入の可能性。Clin Psychol Rev.2011 ; 31:1126–32。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
41.ハーマンJL。恥の障害としての心的外傷後ストレス障害。In:Dearing RL、Tangney JP、編集者。治療時間の恥。ワシントン(DC):アメリカ心理学会; 2011. [ Google Scholar ]
42. Lee DA、Scragg P、Turner S.外傷性イベントにおける恥と罪悪感の役割:恥ベースと罪悪感ベースのPTSDの臨床モデル。Br J MedPsychol。2001; 74:451–66。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
43. Frewen PA、Dean JA、Lanius RA 心理的外傷における無快感症の評価:快楽障害および干渉尺度の開発。Eur JPsychotraumatol。2012; 3:8585。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
44. Frewen PA、Dozois DJA、Lanius RA 心理的外傷における無快感症の評価:心理測定および神経画像の視点。Eur JPsychotraumatol。2012; 3:8587。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
45. Etter DW、Gauthier JR、McDade-Montez E、他。精神科入院患者におけるポジティブな影響、小児期の逆境、および精神病理学。Eur JPsychotraumatol。2013; 4:20771。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
46. Boughner E、Thornley E、Kharlas D、他。マインドフルネス関連の特性は、オンラインで評価されたコミュニティサンプルにおいて、生涯および小児期のトラウマ曝露とPTSDおよび解離性症状との関連を部分的に仲介します。マインドフルネス。2016; 7:672–9。 [ Google Scholar ]
47. Chopko BA、Schwartz RC マインドフルネスと心的外傷後成長の関係:トラウマを誘発する事件への最初の対応者の研究。Jメントヘルスカウンス。2009; 31:363–76。 [ Google Scholar ]
48. Dahm KA、Meyer EC、Neff KD、他。米国のイラクとアフガニスタンの退役軍人における注意力、自己比較、心的外傷後ストレス障害、および機能障害。Jトラウマストレス。2015; 28:460–4。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
49.グルックTM、トラン米国、Raninger S、ら。第二次世界大戦のオーストリアの高齢生存者のサンプルにおけるPTSD症状と心的外傷後認知に対する一貫性と注意力の感覚の影響。IntPsychogeriatr。2016; 28:435–41。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
50. Nitzan-Assayag Y、Aderka IM、Bernstein A.トラウマ回復における性向マインドフルネス:前向きな関係と仲介メカニズム。J不安障害。2015; 36:25–32。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
51. Smith BW、Ortiz JA、Steffen LE、他。マインドフルネスは、都市の消防士のPTSD症状、抑うつ症状、身体症状、およびアルコールの問題の減少に関連しています。J ClinPsycholに相談してください。2011; 79:613–7。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
52. Thompson BL、WaltzJ。心的外傷後ストレス障害回避症状の重症度の予測因子としてのマインドフルネスと経験的回避。J不安障害。2010; 24:409–15。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
53. Zerubavel N、Messman-MooreTL。存在を維持する:解離の治療にマインドフルネスを組み込む。マインドフルネス。2015; 6:303–14。 [ Google Scholar ]
54.コリガンFM。マインドフルネス、解離、EMDRおよび前帯状皮質:仮説。軽蔑の催眠。2002; 19:8–17。 [ Google Scholar ]
55. Michal M、Beutel ME、Jordan J、他。離人症、マインドフルネス、および子供の心的外傷。J Nerv MentDis。2007; 195:693–6。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
56. Baer RA、Smith GT、Hopkins J、他。自己申告による評価方法を使用して、マインドフルネスの側面を調査します。評価。2006; 13:27–45。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
57. Walach H、Buchheld N、ButtenmüllerV、他。マインドフルネスの測定—フライブルクマインドフルネスインベントリ(FMI)Pers IndividDif。2006; 40:1543–55。 [ Google Scholar ]
58. Frewen P、Lanius R. トラウマを抱えた自己の癒し:意識、神経科学、治療。ニューヨーク(NY)およびロンドン(UK):WW Norton&Company; 2015. [ Google Scholar ]
59. Follette VM、Briere J、Rozelle D、他、編集者。外傷に対するマインドフルネス指向の介入:瞑想的な実践の統合。ニューヨーク(NY):ギルドフォードプレス; 2015. [ Google Scholar ]
60. Rauch SL、Shin LM、PhelpsEA。心的外傷後ストレス障害と絶滅の神経回路モデル:人間の神経画像研究—過去、現在、そして未来。バイオル精神医学。2006; 60:376–82。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
61. Patel R、Spreng RN、Shin LM、他。心的外傷後ストレス障害およびそれ以降の神経回路モデル:機能的神経画像研究のメタ分析。Neurosci Biobehav Rev.2012 ; 36:2130–42。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
62. Hayes JP、Hayes SM、MikedisAM。心的外傷後ストレス障害における神経活動の定量的メタ分析。バイオルムード不安障害。2012; 2:9。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
63. Lanius RA、Vermetten E、Loewenstein RJ、他。PTSDにおける感情変調:解離性サブタイプの臨床的および神経生物学的証拠。J精​​神医学です。2010; 167:640–7。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
64. Felmingham K、Kemp AH、Williams L、他。意識的および無意識的な恐怖に対する解離性反応は、心的外傷後ストレス障害の脳機能の根底にある影響を及ぼします。サイコールメッド。2008; 38:1771–80。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
65.ホッパーJW、フリューエンPA、ファンデルコルクBA、他。PTSDにおける再体験、回避、および解離の神経相関:スクリプト駆動型外傷画像への応答における症状の次元および感情の調節不全。Jトラウマストレス。2007; 20:713–25。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
66. Lanius RA、Vermetten E、Loewenstein RJ、他。PTSDにおける感情変調:解離性サブタイプの臨床的および神経生物学的証拠。J精​​神医学です。2010; 167:640–7。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
67. Lutz J、Herwig U、Opialla S、他。マインドフルネスと感情調節—fMRI研究。SocCognは神経科学に影響を与えます。2013; 9:776–85。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
68. Ives-Deliperi VL、Howells F、Stein DJ、他 双極性障害患者におけるマインドフルネスベースの認知療法の効果:制御された機能的MRI調査。Jは不和に影響を与えます。2013; 150:1152–7。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
69. Desbordes G、Negi LT、Pace TWW、他。通常の非瞑想状態での感情的刺激に対する扁桃体の反応に対する注意力と思いやりの瞑想トレーニングの効果。フロントハム神経科学。2012; 6:1–15。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
70.テイラーVA、グラントJ、ダノーV、他。経験豊富な瞑想者と初心者の瞑想者の感情的な絵に対する神経反応に対するマインドフルネスの影響。Neuroimage。2011; 57:1524–33。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
71 HölzelBK、ホーヘEA、グレーベDNら。マインドフルネストレーニング後の全般性不安障害における症状改善の神経メカニズム。NeuroImageClin。2013; 2:448–58。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
72. Tang YY、HölzelBK、PosnerMI。マインドフルネス瞑想の神経科学。Nat RevNeurosci。2015; 16:1–13。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
73 HölzelBK、オットU、ガールT、ら。ボクセルベースの形態計測によるマインドフルネス瞑想の実践者の調査。SocCognは神経科学に影響を与えます。2008; 3:55–61。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
74. Santarnecchi E、D'Arista S、Egiziano E、他。マインドフルネスに基づくトレーニング後の神経解剖学的変化と心理的変化の間の相互作用。PLoSONE。2014; 9:e108359。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
75. Lanius RA、Frewen PA、Tursich M、他。PTSDおよび関連障害における大規模脳ネットワークの回復:神経科学的に情報に基づいた治療介入の提案。Eur JPsychotraumatol。2015; 6:27313。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
76.クリスタルH. 統合と自己回復:影響、外傷、失感情症。ニューヨーク(NY):ラウトレッジ; 1988年。 [ GoogleScholar ]
77. Frewen PA、Lanius RA、Dozois DJA、他。心的外傷後ストレス障害における失感情症の臨床的および神経的相関。Jアブノーム心理学。2008; 117:171–81。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
78.マーチャンドWR。マインドフルネスと瞑想の神経メカニズム:神経画像研究からの証拠。ワールドJラジオル。2014; 6:471–9。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
79.メノンV.大規模脳ネットワークと精神病理学:統一トリプルネットワークモデル。Trends CognSci。2011; 15:483–506。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
80. Greicius MD、Krasnow B、Reiss AL、他。安静時の脳における機能的接続性:デフォルトモード仮説のネットワーク分析。Proc Natl Acad Sci US A. 2003; 100:253–8。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
81. Qin P、Northoff G.私たちの自己は正中線地域とデフォルトモードネットワークにどのように関連していますか?Neuroimage。2011; 57:1221–33。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
82. Spreng RN、Mar RA、KimASN。自伝的記憶、見通し、ナビゲーション、心の理論、およびデフォルトモードの一般的な神経基盤:定量的メタ分析。J CognNeurosci。2009; 21:489–510。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
83.メノンV、ウッディンLQ。顕著性、切り替え、注意および制御:島機能のネットワークモデル。脳構造機能。2010; 214:655–67。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
84. Seeley WW、Menon V、Schatzberg AF、他。顕著性処理と実行制御のための分離可能な固有の接続ネットワーク。Jニューロサイエンス。2007; 27:2349–56。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
85. Dosenbach NUF、Fair DA、MiezinFMなど。人間の適応的で安定したタスク制御のための別個の脳ネットワーク。Proc Natl Acad Sci US A. 2007; 104:11073–8。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
86. Lovero KL、Simmons AN、Aron JL、他。前島皮質は、差し迫った刺激の重要性を予測しています。Neuroimage。2009; 45:976–83。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
87. Seeley WW、Menon V、Schatzberg AF、他。顕著性処理と実行制御のための分離可能な固有の接続ネットワーク。Jニューロサイエンス。2007; 27:2349–56。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
88. Habas C、Kamdar N、Nguyen D、他。内因性接続ネットワークへの明確な小脳の寄与。Jニューロサイエンス。2009; 29:8586–94。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
89. Koechlin E、SummerfieldC。前頭前野の実行機能への情報理論的アプローチ。Trends CognSci。2007; 11:229–35。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
90. Sheline YI、Barch DM、Price JL、他。うつ病におけるデフォルトモードネットワークと自己参照プロセス。Proc Natl Acad Sci US A. 2009; 106:1942–7。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
91. Mason MF、Norton MI、Van Horn JD、他。さまよう心:デフォルトモードネットワークと刺激に依存しない思考。化学。2007; 315:393–5。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
92. Koch SBJ、van Zuiden M、Nawijn L、他。心的外傷後ストレス障害における異常な安静時脳活動:メタ分析と系統的レビュー。不安を抑える。2016; 33:592–605。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
93. Lanius RA、Bluhm RL、Coupland NJ、他。急性外傷を受けた被験者における心的外傷後ストレス障害の症状の重症度の予測因子としてのデフォルトモードネットワーク接続。Acta PsychiatrScand。2010; 121:33–40。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
94. Sripada R、King AP、Welsh RC、他。心的外傷後ストレス障害における神経調節不全:顕著性とデフォルトモード脳ネットワークの間の平衡破壊の証拠。PsychosomMed。2012; 29:997–1003。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
95. Rabinak CA、Angstadt M、Welsh RC、他。心的外傷後ストレス障害における扁桃体安静時機能的接続性の変化。フロント精神医学。2011; 2:1–8。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
96. Sripada RK、King AP、Garfinkel SN、他。心的外傷後ストレス障害の男性における安静時扁桃体の機能的接続性の変化。J精​​神医学神経科学。2012; 37:241–9。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
97. Jin C、Qi R、Yin Y、etal。地震後の治療歴のない心的外傷後ストレス障害患者で観察された全脳機能的接続性の異常。サイコールメッド。2014; 44:1927–36。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
98. Bluhm RL、Williamson PC、OsuchEAなど。若年期の外傷に関連する心的外傷後ストレス障害におけるデフォルトネットワーク接続の変化。J精​​神医学神経科学。2009; 34:187–94。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
99. Daniels JK、Mcfarlane AC、BluhmRLなど。心的外傷後ストレス障害におけるエグゼクティブモードネットワークとデフォルトモードネットワークの切り替え:機能的接続性の変化。J精​​神医学神経科学。2010; 35:258–66。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
100. Cisler JM、Scott Steele J、Smitherman S、他。神経処理は、暗黙の脅威処理中の攻撃的な暴力への暴露とPTSD症状の相関関係:思春期の少女の間のネットワークレベルの分析。精神医学解像度ニューロイメージング。2013; 214:238–46。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
101. Rabellino D、Tursich M、Frewen PA、他。脅威に関連する刺激の亜および上肢の処理中の心的外傷後ストレス障害における内因性接続ネットワーク。Acta PsychiatrScand。2015; 132:365–78。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
102. Hasenkamp W、BarsalouLW。分散型脳ネットワークの機能的接続性に対する瞑想経験の影響。フロントハム神経科学。2012; 6:38。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
103. Simon R、EngströmM。瞑想の治療効果を監視するためのバイオマーカーとしてのデフォルトモードネットワーク。フロントサイコール。2015; 6:776。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
104 HölzelBK、ラザールSW、ガールT、ら。マインドフルネス瞑想はどのように機能しますか?概念的および神経的観点からの作用機序の提案。パースペクト心理学。2011; 6:537–59。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
105. Brewer JA、Worhunsky PD、Gray JR、他 瞑想の経験は、デフォルトモードのネットワークアクティビティと接続性の違いに関連しています。Proc Natl Acad Sci US A.2011 ; 108:20254–9。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
106. Garrison KA、Zeffiro TA、Scheinost D、他。瞑想は、アクティブなタスクを超えてデフォルトモードのネットワークアクティビティを減らすことにつながります。CognはBehavNeurosciに影響を与えます。2015; 15:712–20。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
107. Farb NAS、Segal ZV、Mayberg H、他。現在に注意を向ける:マインドフルネス瞑想は、自己参照の明確な神経モードを明らかにします。SocCognは神経科学に影響を与えます。2007; 2:313–22。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
108. Jang JH、Jung WH、Kang DH、他。瞑想に関連するデフォルトモードのネットワーク接続の増加。NeurosciLett。2011; 487:358–62。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
109. Farb NAS、Segal ZV、Anderson AK マインドフルネス瞑想トレーニングは、相互受容的注意の皮質表現を変更します。SocCognは神経科学に影響を与えます。2013; 8:15–26。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
110. Zeidan F、Martucci KT、Kraft RA、他。マインドフルネス瞑想に関連する不安緩和の神経相関。SocCognは神経科学に影響を与えます。2013; 9:751–9。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
111. Paul NA、Stanton SJ、Greeson JM、他。うつ病の脆弱性を軽減する際の特性マインドフルネスの心理的および神経的メカニズム。SocCognは神経科学に影響を与えます。2013; 8:56–64。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
112.ドールA、ヘルツェルBK、ブーカードCC、他 マインドフルネスは、デフォルトモードと顕著性ネットワーク間の本質的な機能的接続に関連しています。フロントハム神経科学。2015; 9:461。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
113. McTeague LM、Goodkind MS、EtkinA。精神疾患における認知制御の診断横断的障害。J PsychiatrRes。2016; 83:37–46。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
114. Downar J、Blumberger DM、Daskalakis J.精神疾患の神経の岐路:脳刺激の新たな標的。Trends CognSci。2016; 20:107–20。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
115. Wang X、Xu M、Song Y、etal。デフォルトモードネットワークにおける視床のネットワーク特性は、特性のマインドフルネスと相関しています。神経科学。2014; 278:291–301。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
116. Liddell BJ、Brown KJ、Kemp AH、他。恐怖のサブリミナル信号のための直接的な脳幹-扁桃体-皮質の「警報」システム。Neuroimage。2005; 24:235–43。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
117. Phillips ML、Williams LM、Heining M、他。恐怖と嫌悪感の表情の明白な提示と秘密の提示に対する異なる神経反応。Neuroimage。2004; 21:1484–96。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
118. Williams LM、Liddell BJ、Kemp AH、他 扁桃体-サブリミナルおよびサブリミナル恐怖の前頭前野解離。ハムブレインマップ。2006; 27:652–61。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
119. Williams LM、Liddell BJ、Rathjen J、他。恐怖の無意識および意識的知覚の時間経過のマッピング:中枢および末梢の測定の統合。ハムブレインマップ。2004; 21:64–74。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
120.ポルゲスSW。 ポリバガル理論:感情、愛着、コミュニケーション、および自己調節の神経生理学的基盤。ニューヨーク(NY):ノートン; 2011. [ Google Scholar ]
121.ポルゲスSW。ポリバガルの視点。BiolPsychol。2007; 74:116–43。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
122. Rabellino D、Densmore M、Frewen PA、他。心的外傷後ストレス障害における先天性警報回路:恐怖および外傷に関連する手がかりの意識的および潜在意識的処理。精神医学解像度ニューロイメージング。2016; 248:142–50。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
123. Rabellino D、Densmore M、Frewen PA、他。外傷関連刺激の潜在意識処理中のPTSDにおける扁桃体複合体の異常な機能的接続性。PLoSONE。2016; 15:e0163097。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
124. Harricharan S、Rabellino D、Frewen P、他。PTSDおよびその解離性サブタイプにおける中脳水道周囲灰白質のfMRI機能的接続性。脳の振る舞い。2016; 6:e00579。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
125. Steuwe C、Daniels JK、Frewen PA、他。対人的外傷に関連するPTSDにおける直接のアイコンタクトの影響:先天性警報システムの活性化のfMRI研究。SocCognは神経科学に影響を与えます。2014; 9:88–97。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
126. Steuwe C、Daniels JK、Frewen PA、他。対人外傷に関連するPTSDの女性における直接アイコンタクトの効果:先天性警報システムの接続性の心理生理学的相互作用分析。精神医学解像度ニューロイメージング。2015; 232:162–7。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
127. Schauer M、ElbertT。外傷性ストレス後の解離。ZeitschriftfürPsycholJPsychol。2010; 218:109–27。 [ Google Scholar ]
128. Kozlowska K、Walker P、McLean L、他。恐怖と防御のカスケード。HarvRev精神医学。2015; 23:263–87。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
129. Cole MA、Muir JJ、Gans JJ、他。心的外傷後ストレス障害と軽度の外傷性脳損傷の病歴を持つ退役軍人の神経認知症状と精神症状の同時治療:マインドフルネスに基づくストレス低減のパイロット研究。ミルメッド。2015; 180:956–63。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
130. Earley MD、Chesney MA、Frye J、etal。児童虐待の生存者に対するマインドフルネス介入:2。5年間の追跡調査。Jクリン心理学。2014; 70:933–41。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
131. Goldsmith RE、Gerhart JI、Chesney SA、他。心的外傷後ストレス症状に対するマインドフルネスに基づくストレス低減:受容性の構築と恥の減少。J Evid Based Complementary AlternMed。2014; 19:227–34。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
132. Kearney DJ、McDermott K、Malte C、他。マインドフルネスプログラムへの参加と、ベテランサンプルのPTSD、うつ病、および生活の質の測定値との関連。Jクリン心理学。2012; 68:101–16。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
133. Kearney DJ、Mcdermott K、Malte C、他。心的外傷後ストレス障害の退役軍人のためのマインドフルネスプログラムへの参加の効果:無作為化対照パイロット研究。Jクリン心理学。2013; 69:14–27。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
134. Kimbrough E、Magyari T、Langenberg P、他。児童虐待の生存者に対するマインドフルネスの介入。Jクリン心理学。2010; 66:17–33。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
135. Bergen-Cico D、Possemato K、Pigeon W.PTSDの退役軍人のためのプライマリケアの簡単なマインドフルネスプログラムに関連するコルチゾールの減少。メッドケア。2014; 52:S25–31。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
136. Possemato K、Bergen-Cico D、Treatman S、他。PTSDの退役軍人を対象としたプライマリケアの簡単なマインドフルネストレーニングのランダム化臨床試験。Jクリン心理学。2016; 72:179–93。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
137. Niles BL、Klunk-Gillis J、Ryngala DJ、他。遠隔医療アプローチを使用した戦闘関連PTSDのマインドフルネスと心理教育治療の比較。心的外傷。2012; 4:538–47。 [ Google Scholar ]
138. Polusny MA、Erbes CR、Thuras P、他。退役軍人の心的外傷後ストレス障害に対するマインドフルネスに基づくストレス低減のランダム化臨床試験。ジャマ。2015; 314:456–65。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
139. Gallegos AM、Lytle MC、Moynihan JA、他。外傷にさらされた女性の心理的機能を強化し、炎症性バイオマーカーを改善するためのマインドフルネスに基づくストレス低減:パイロット研究。心的外傷。2015; 7:525–32。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
140. Blake DD、Weathers FW、Nagy LM、他。臨床医が管理するPTSDスケールの開発。Jトラウマストレス。1995; 8:75–90。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
141. Stephenson KR、Simpson TL、Martinez ME、他。マインドフルネスに基づくストレス低減に登録した退役軍人のマインドフルネスと心的外傷後ストレス障害の症状の変化。Jクリン心理学。2017; 73:201–17。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
142. King AP、Erickson TM、Giardino ND、他。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を伴う戦闘退役軍人のためのグループマインドフルネスベースの認知療法(MBCT)のパイロット研究は不安を抑制します。2013; 30:638–45。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
143. Kim SH、Schneider SM、Bevans M、他。マインドフルネスベースのストレッチと深呼吸運動によるPTSD症状の軽減:有効性のランダム化比較臨床試験。J Clin EndocrinolMetab。2013; 98:2984–92。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
144. Rosenthal JZ、Grosswald S、Ross R、他。不朽の自由作戦と心的外傷後ストレス障害を伴うイラクの自由作戦の退役軍人における超越瞑想の効果:パイロット研究。ミルメッド。2011; 176:626–30。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
145. Catani C、Kohiladevy M、Ruf M、他。戦争と津波によってトラウマを負った子供たちの治療:スリランカ北東部における暴露療法と瞑想緩和の比較。BMC精神医学。2009; 9:22。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]
146. Bormann JE、Oman D、Walter KH、etal。心的外傷後ストレス障害の退役軍人におけるマントラの繰り返しの練習に続いて、注意が高まり、心理的結果を仲介します。メッドケア。2014; 52:S13–8。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
147. Kearney DJ、Malte CA、McManus C、他。心的外傷後ストレス障害に対する愛情深い瞑想:パイロット研究。Jトラウマストレス。2013; 26:426–34。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
148. Kearney DJ、Mcmanus C、Malte CA、他。心的外傷後ストレス障害の退役軍人の間での愛情深い瞑想とポジティブな感情の広がりと構築の理論。メッドケア。2014; 52:S32–8。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
149. Neuner F、Catani C、Ruf M、他。外傷を負った子供と青年の治療のためのナラティブ暴露療法(KidNET):神経認知理論から野外介入まで。子AdolescPsychiatr Clin NAm。2008; 17:641–64。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
150. Yehuda R、Hoge CW、McFarlane AC、他。心的外傷後ストレス障害。ナットレブディスプリム。2015; 1:15057。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
151. Zoladz PR、Diamond DM PTSDの行動的および生物学的マーカーの現状:矛盾する文献における明快さの探求。Neurosci Biobehav Rev. 2013; 37:860–95。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
152. Baker DG、Nievergelt CM、O'ConnorDT。PTSDのバイオマーカー:神経ペプチドと免疫シグナル伝達。神経薬理学。2012; 62:663–73。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
153. Nazarov A、Jetley R、McNeely H、他。軍隊内の罪悪感と恥の経験における道徳の役割。Acta PsychiatrScand。2015; 132:4–19。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
154. Ma SH、Teasdale JD うつ病に対するマインドフルネスベースの認知療法:再発防止効果の複製と調査。J ClinPsycholに相談してください。2004; 72:31–40。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
155. Piet J、Hougaard E.再発性大うつ病性障害の再発予防のためのマインドフルネスベースの認知療法の効果:系統的レビューとメタアナリシス。Clin Psychol Rev.2011 ; 31:1032–40。[ PubMed ] [ Google Scholar ]
156.平岡R、マイヤーEC、キンブレルNA、他。外傷にさらされた米国のイラクとアフガニスタンの戦争退役軍人の間のPTSD症状の重症度の前向き予測因子としての自己同情。Jトラウマストレス。2015; 28:127–33。 [ PMC無料記事] [ PubMed ] [ Google Scholar ]

« 複雑性PTSDの「典型例」の当事者に、今回の報道が、多大な苦痛とストレスを与えていることを、もし眞子さまが知ったとすれば、眞子さまはたいへんお悲しみになられるのではないか。 | トップページ | Yahoo! 知恵蔵で、眞子さまの「複雑性PTSD」診断に疑問を呈した人への私のコメント »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

フォーカシング」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

福祉」カテゴリの記事

精神医学」カテゴリの記事

PTSD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 複雑性PTSDの「典型例」の当事者に、今回の報道が、多大な苦痛とストレスを与えていることを、もし眞子さまが知ったとすれば、眞子さまはたいへんお悲しみになられるのではないか。 | トップページ | Yahoo! 知恵蔵で、眞子さまの「複雑性PTSD」診断に疑問を呈した人への私のコメント »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。