コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

« OPPO Reno 5A レポート | トップページ | Twitter上の東浩紀氏との議論とその後の流れについてのまとめ(増補版) »

2021年8月 4日 (水)

「ルックバック」問題

すでにTwitter界隈で論じ尽くされているようだが、私も一応書いておこう。

わたしはすでにこの作品が批判され出してから読んでみた。

●ルックバック/ 作:藤本タツキ(改定後の版)

よくこういう描線の作品が、ネットとは言え、ジャンプに載っていると思った。

そして、セリフを少なめにして、画面に語らせるスタイルも興味深いと思った。私は、こういう「説明的でない」のは好みである。

問題になったのは、美大に男が侵入してくるシーン。

確か、「絵から殺せという声が聞こえる」「オレの作品をパクリやがって」というセリフがあったと思う。

これが、統合失調症の幻聴を思わせ、更に「パクリ」というのが、京都アニメーション放火殺傷事件の犯人を思い起こさせることに批判が集まったのだと思う。

斎藤環先生へのツイートだけ貼り付ける。

 

斎藤先生のnoteへの直接リンクを貼ります:

●「意思疎通できない殺人鬼」はどこにいるのか?

少なくとも、京アニ事件の犯人が、統合失調症でなかったのは明白だと思う。

京アニは、原作募集の意図も持った小説コンクールを催していた。

犯人は小説家志望でもあり、コンクールに応募して落選していた。

そして、落選した小説を、アニメの中のワン・シーンでパクられたと信じてしまった。

それが「思い込み」であるとしても、それ自体は病的とは言い難いと思う。

こういう言い方は被害者に申し訳ないと思うが、ある意味で「筋が通った」思い込みだからである。

彼に、事件以前に、どれだけ、周囲を怖がらせる暴力的な問題行動があったとしても、「精神病的妄想」とは言えないと思う。

もちろん、そうした思い込みの結果として彼がしでかした犯行は、決して許されるものではないし、その極端で暴虐としか言いようがないやり方に、何らかの精神医学的メスが入れられとしかるべきだと思う。

ちなみに、彼は少なくとも「責任能力」はあったと思う。それに応じて裁かれるべきである。

******

この世には、歌手が自分のことを歌っているとファンレターや贈り物をする類の人は数多くいる。

ファンレターを数多く送るから、自分のために歌詞を書いていると思いこむのだが、これだけで「妄想」と呼ぶべきかどうかとなると、私はそうではないと思う。

恋愛においても、些細なことを、相手が自分に気があり、自分のために何かをしてくれているというサインだと思いこむことなど、茶飯事だと思うから。

以前のエントリーでも書いたが、私は「アニメージュ」や「OUT」の常連投稿者であった。アニメの製作者がそれを読んでくれていると思いこんだ。

直接ファンレターを書いたことがある。それに対して実際返事をもらえたことが2回ある。一人の方が実際に会いに来てくださるという過分な光栄に浴したことは以前も書いた。

その方は、今も現役ながら、最盛期を過ぎたが、もうひとりの監督さんは、現役バリバリで、今も注目作を連発し、熱心な信者も多い方である。その方から、主人公のイラストつきの返事をもらえた。

こういう視聴者との個人的接触は、プロは決してしてはならない倫理のはずなのに・・・である。

そして、実際に「アニメージュ」の編集部を複数回訪問することを許されたし、実際に記事を書いているライターの人(この方は現在は非常に著名なサイトを運営するばかりか、作り手へのインタビューを重ね、様々な企画を取り仕切るなど、アニメジャーナリズムの世界で確かな業績を上げ続けている)と知り合いになり、電話する間柄となった。いろいろ業界のウラ話も聞かせてもらえた。

ただ、電話越しにせんべいの音をバリバリ立てながら話す態度には不快を感じた。

そして、これははっきり書くが、「ふしぎの海のナディア」の、その人が担当ライターを務めると私に言っていた特集記事に際して、私は物凄い誌面批判の手紙を送りつけた。

作者、つまり庵野さんの描きたがったことをまるで理解していない、それはこういう意図だ・・・と。

「アニメージュ」翌月号では、ものの見事に「パクられた」。

京都アニメーションのケースの場合とは全く異なっていて、私の場合には、はっきりとした、リアルな因果関係があるわけだが。

京都アニメーションのコンクールでは、アニメ制作者は、審査に関与することもないばかりか、応募されてきた原稿自体読むことはなかったという。

・・・何か、脈絡からそれた、自慢話のようにも受け取れることを書いてしまったが、私が言いたいのは、「作り手に対して、影響力をふるう」とは、このような次元でなされることと示したいがためである。

*****

話を戻すと、「ルックバック」の場合に、京都アニメーション事件の影響としか思えない「パクリやがって」というセリフを言わせ、しかもそれを幻聴と関連付け、統合失調症であることを示唆する形になった時点で、事件で生じたことの安易で表面的な引用であり、作者の藤本タツキ氏の勉強不足は否めないと思う。

Twitter上で、ある方が、「ブラックジャックによろしく」の精神科編を読めとツイートしていたが、それはなるほどと思う。あの作品は、相当しっかりしたリサーチをした上で書かれている。池田小事件の再現以外の何物でもない残虐極まりない描写そのものが、物語で不可欠な展開なのだ。

それと比べてしまうと、「ルックバック」の場合には、あまりに表層的な次元でのものであり、物語を進める上で不可欠な展開とは思いにくい。

自分の親友は殺傷事件で殺された。犯人はすでに逮捕されたが、それとは別の男から、今度は自分が殺される危険にさらされる・・・その事自体はドラマの展開として理解できるのだが。

*****

さて、結局藤本タツキ氏は、自ら申し出て、修正した。

現在読めるのはその修正後の版だけである。

これを歯が抜けたかのように感じる人も数多いようだが、私としては作品の本質は失われていないと思う。

安易に表現の自由の問題にしてしまうのもどうかと思う。

Twitter上では、「ルックバック」の名指しこそしないものの、明らかにこの「修正」問題を示唆するツイートがあとをたたない。

ただ、私なりに、今回の事象をとらえる上で、皆様のご参考になりうそうなことを書いてみた次第である。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

« OPPO Reno 5A レポート | トップページ | Twitter上の東浩紀氏との議論とその後の流れについてのまとめ(増補版) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

自分史」カテゴリの記事

精神医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OPPO Reno 5A レポート | トップページ | Twitter上の東浩紀氏との議論とその後の流れについてのまとめ(増補版) »

フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。