コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

« 接点復活剤について | トップページ | 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Extra episodeと、劇場版第1作、「永遠と自動手記人形」観た »

2021年7月 7日 (水)

Chromebookの言語設定についての注意点。

私の常用のマウスコンピューターのデスクトップパソコンには、ここ一年ほど、次のような症状が現れていました。電源ONの起動時や、起動後もある時突然にガタガタとすごい振動をはじめるという症状です。

これは冬の記事に顕著で、気温が上がるとかなり収まります。それでも電源をONにした時には突如はじまることがあり、幸いそれが生じなくても、水冷式のクセに、絶えず小さなカタカタぐらいの音がしている。

この症状の原因であることが確実の、水冷式CPU冷却器の交換のために、これから一週間ほど、修理に出します。

すでに4年間使っていましたから、どこかガタが来るのはやもうえないところでしょう。

この冷却器さえ取り替えれば、CPUの性能は高いし、メモリもたっぷり積んでいるから、来たるべきWindows11時代にも、あと4年は持つはずです。

その間、Chromebookを使いますが、実用上は「一応は」問題はないです。2万円なのに、むやみと動作は軽いです。

ブラウザのブックマーク、パスワード等もgoogle経由で同期できますし、USBも自動で認識します(つまり、マウス、パソコン外付けスピーカー、JBL Pebbleも認識。

ただ、意外な何かの不都合が生じ、ブロクの更新に影響するような事態が、これからしばらくないとは限りませんので、一応皆様にもお伝えしておきます。

*****

Chromebook のキーボードは完全に英語配列(ASCII配列)で、日本語配列(JIS配列)ではありません(ひょっとしたら、たまたま安価なLenovoの製品だけ?)。キーに全然ひらがながない、ローマ字だけです。

これが単にひらがなが刻印されていないだけなら、私はとうの昔からローマ字入力派ですから、一向構わないのですが、実はキーの機能自体が、日本語配列(JIS配列)と全く異なってしまうのですね。

この点については、例えば、

●ツクモゲーム部 キーボード。日本語配列と英語配列

で詳しい解説がありますが、キーボード自体がJIS配列とASCII配列ではかなり違います。

更に、初期設定のままだと、IMEの切り替えが、ちょっと入り込んだ場所での変換をいちいちしないとならないことなっていました。これは私がこれまでは体験したことがない切り替えの面倒くささでした。

具体的に言えば、基本を「日本語(ローマ字入力)」に設定しても、「ひらがな」を打つためには改めて別の場所で「設定」しないとそもそもひらがなにならず、そうした時にはひらがなになり、漢字変換されますが、決してカタカナは打てない。再び設定画面のようなものに入ってカタカナを指定しカタカナを打ち出すとカタカナのみにしかなりません。ローマ字を打ちたくなったらまたもや設定を変える必要があり、そうやって半角英字をを打ち出すとすべての日本語すらローマ字のまま・・・という、実に面倒で不便な状態にありました。

しかし、設定を少しディープな層に降りて行き、うまくいじれば、一転してしまうのです。

むやみと予測変換能力が高くなり、ひらがなとカタカナが実に見事に変換でき自由自在になる(当然漢字変換もできる)どころか、よほど普段使わない英単語でない限り、和製英語で打ち込んでも英語のスペリングで半角英字変換されることが多いようになったんですね。これで実に楽になりました。

例えば、今や「komyunike-shon」と打って”communication”が第2候補です。「asuki-」と打てば何もIMEをいじらなくともASCIIに自動的になります。さすがに「saikoroji-」と打ち込んでも”psychology”とはならず、これはもはや特殊用語扱いのようです。

ところが、製品の箱の中には、ペラペラの紙一枚の、ハード面での使い方についての簡単な説明しか載ってなくて、こういう少し込み入った言語設定についてはなく、ネットでも、私が検索した範囲では、この問題についての解決策を解説したサイトは見つかりませんでした。

私はこの点に最初困惑し、色いろいじっているうちに、たまたまですが、特に何の操作もしなくても、半角英字と全角日本字、かな・カナが自動変換される状態に行き着きました。これ、心理学で言うスキナーの実験箱のネスミのような試行錯誤で、まぐれあたりで設定できたので、その設定を確実に手早く行うやり方はわかりません(^^;)

いったんそれがわかってしまえば、ChromebookのIMEは、Windows版のGoogle日本語入力よりも随分賢こいようです。

*****

以上、Chromebook をメインパソコンの代わりに、仮に常用する形になった現時点で気づいたことを皆様にお伝えしておきます。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

« 接点復活剤について | トップページ | 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Extra episodeと、劇場版第1作、「永遠と自動手記人形」観た »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 接点復活剤について | トップページ | 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」Extra episodeと、劇場版第1作、「永遠と自動手記人形」観た »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。