コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

Twitter

« ささやかなミステリー -アニメ版「氷菓」- | トップページ | 「きまぐれ☆オレンジロード」のこと »

2021年7月20日 (火)

「竜とそばかすの姫」はこれまでの日本の劇場アニメの最高傑作である。

皆さん、オリンピック観てるぐらいなら、ぜひ映画館に行って、大画面とドルビーサラウンドで身を委ねましょう。

絶対に後悔はしません。

何か、とんでもないものを観せられた。

細田守監督の過去の作品との関連でこの作品を論じる人もあるようだが、そんなちゃちな次元でこの作品レビューするなど論外だ。

この、従来の細田作品を完全に「超えて」しまったスケール感。

これまでの「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみ子供の雨と雪」「バケモノの子」「未来のミライ」がお気に召さなかった人にも、是非観てほしい。

安易な比較論は慎みたいが、宮崎駿さんはもはや完全に過去の人となったと思う。

作風は異なれども、劇場アニメでこの作品と拮抗する評価を得られる作品があるとすれば、唯一、「この世界の片隅に」だけでしょう。「この世界の片隅に」の方が好きと言う人がいても、私は認める。

*********

主人公すずは、高知の田舎に住む地味な女子校生。母親を水難救助の際に亡くしていて、父親との二人暮らし。

母の生前から、少しずつスマホを使った音楽作りになじんでいく。

そして、インターネット上の仮想世界”U"の歌姫、「エル」として、またたく間に、世界中のファンを勝ちうるようになる。

まあ、このエルが最初に歌うシーンを観るだけで、圧倒され、泣いてしまう人もあるかもしれない。

おいおい、まだこの映画がはじまって30分も経ってないのだよ。

ところが、この仮想世界の格闘技王である、竜が突如現れ、歌うエルと、それを聴く、恐らく何億ものアバターのいる仮想空間は混乱し、正義を名乗る自警団、「ジャスティス」の追撃を受ける。

この竜は、”U"の秩序を乱す存在として糾弾され、おたずね者扱いをされている一方で、一部にはダークヒーローととしての熱狂的ファンも持つ。

すず=エルは、この竜の孤独と癒えぬ傷にひかれて、関わりを持ち始める。

さて、この竜の現実世界での正体は? ということに当然なってくるのだが、この物語の後半は、ネタばれしたくないんだよね。

・・・と、あらずじだけ書いてしまうと、「サマーウォーズ」っぽくなってしまって、この作品の真の凄みが全然伝わらないんだけど。

圧巻は、むしろ○○が歌い出すシーンにあるのだが・・・おっとっと。

後半には、現代のかかえる、深刻なテーマも描かれることになりますが、そこをネタバレする奴なんて大っ嫌ぇだ!!

******

そもそも、このエルのキャラクター、従来の細田作品的ではない・・・というより、日本的ではない。ディズニーの色あるよねと思っていたが、まさに「アナ雪」のキャラデザのジン・キムという人でした。

Belle

このキャラ、ネットの小さな映像やポスター観た人は、ちょっとバタ臭くで馴染めない人もあるかと思いますが、実際に大画面で動く絵として観て、あの歌声を聴くと、圧倒的なオーラを放つものと感じられるかと思います。

このエルの歌とすずの声の両方を演じているのが歌手の中村佳穂さん。

ともかくエルの歌う曲そのものが素晴らしすぎる。

中村さんは、マイナーレーヴェルですでに実績を積み上げたシンガーソングライターです。つまり曲の作詞・作曲が彼女自身のものと思われます。細田さんが彼女をどういう行きがかりで協力者になってもらったかについては以下を参照:

BGMを含めて、サントラは売れまくるでしょうし、エルの曲は「アナ雪」の"Let it Go"並みに流行り、紅白にも、「うまひょい伝説」と共に(瀑)、当選確実でしょうね。

細田作品には、これまでも狼やらバケモノやら、いろんな獣系の異型のキャラが出てきましたけど、どうも実際に動く絵になってしまうと、何かが急に貧困で物足りないものになってしまっていたと思います。それが今回はまるで感じられない。精悍・精細で、しかもよく動きます。

この作品、細田監督と交友を持つようになった、たくさんの国際的スタッフの協力によって、はじめてこの普遍的で完璧なスケール感になったのだと思います。細田監督の潜在的可能性を完全に実体化できたということ。

忘れてはならないのは、このきっかけとなったのは、日本では一般には少し不評だった「未来のミライ」が、国際的には評価されたことです。

全体として、細かいカット割りでテンポよく進むのもいいですね。

物語の構成は、これまでの細田作品を完全に突き抜けた、実に見事な完成度と周到さであり、これ以上を求めることは不可能である。勢いに任せた展開など微塵もない。

すずの住む高知の田舎の風景描写も極めてリキ入ってて素晴らしいのは、”U"の3Dデジタル的表現と絶妙のコントラストをなしています。・・・これ、「サマーウォーズ」の比じゃないですよ。

********

・・・ちょっと、さりげないことを最後に書いておきますね。

竜の住む城の壁に掲げられた女性の肖像画の顔の部分が中心として割れているのですが、これは、竜の「正体」が、母親を失っており、母親がいなくなったことを恨んですらいることの象徴的表現だと思います。

同じ母親を失った父子家庭であるとは言え、すずの家庭と、竜の「正体」の家庭は、全く対照的なものとして描かれており、そこに細田監督の家族観が強く反映しているのでしょう。

楽天トラベル

JAL 日本航空 国際線航空券

 

« ささやかなミステリー -アニメ版「氷菓」- | トップページ | 「きまぐれ☆オレンジロード」のこと »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ささやかなミステリー -アニメ版「氷菓」- | トップページ | 「きまぐれ☆オレンジロード」のこと »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。