コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

経済・政治・国際

2017年3月28日 (火)

マルチリンガル対応のホームページ

先日公開した、私の開業サイト「久留米フォーカシング・カウンセリングルーム」新ホームページ http://kurume-focusing.com/ が、実はブログを含む記事すべてが「多言語対応」なのに今頃気が付いた。

アイスランド語、 アイルランド語、 アゼルバイジャン語、 アフリカーンス語、 アムハラ語、 アラビア語、 アルバニア語、 アルメニア語、 イタリア語、 イディッシュ語、 イボ語、 インドネシア語、 ウェールズ語、 ウクライナ語、 ウズベク語、 ウルドゥ語、 エストニア語、 エスペラント語、 オランダ語、 カザフ語、 カタルーニャ語、ガリシア語、 カンナダ語、 ギリシャ語、 キルギス語、 グジャラト語、 クメール語、 クルド語、 クロアチア語、 コーサ語、 コルシカ語、サモア語、 ジャワ語、ジョージア(グルジア)語、 ショナ語、 シンド語、 シンハラ語 、スウェーデン語、 ズールー語、 スコットランド ゲール語、 スペイン語、 スロバキア語、 スロベニア語、スワヒリ語、スンダ語、セブアノ語、セルビア語、ソト語、ソマリ語、タイ語、タガログ語、タジク語、タミル語、チェコ語、 チェワ語、テルグ語、デンマーク語、ドイツ語 、ルコ語、ネパール語、ノルウェー語、ハイチ語、ハウサ語、パシュト語、バスク語、 ハワイ語、ハンガリー語、パンジャブ語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、フリジア語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ベラルーシ語、 ペルシャ語、ベンガル語、ポーランド語、ボスニア語、ポルトガル語、マオリ語、マケドニア語、マラーティー語、マラガシ語、 マラヤーラム語、 マルタ語、 マレー語、 ミャンマー語、 モンゴル語、 モン語、 ヨルバ語、 ラオ語 、ラテン語、 ラトビア語、 リトアニア語、 ルーマニア語、 ルクセンブルク語、 ロシア語、 英語、 韓国語、 中国語(簡体) 、中国語(繁体)。

・・・・・以上の国語に自動翻訳される。

Ws000013_2

自動翻訳ならではの奇妙さもあるが、さすが大金はたいて依頼した業者の作成である。3回、合計8時間も話し合いを持ち、製作期間2ヶ月で納品、という懇切丁寧な製作体制にも敬意を表していたのですが、業者からはこの件について何も説明受けていなかった。

できるだけわかりやすい日本語でブログ書かないと損だな。

・・・といっても、実際に英語話せるクライエントさんが申し込まれても現状では困る(^^;)。

ただ、The International Focusing Instituteの国際会議で知り合った人に紹介するのにはいいいかもしれない。

・・・8月の神戸のアジアフォーカシング国際会議は使用言語が日本語と英語なので、英会話については促成栽培しようと目標を立てているのだが・・・

海外格安航空券ena(イーナ)

楽天チケット

2017年3月25日 (土)

「日本会議」から弾劾裁判を受ける夢

今朝見た夢は空前の悪夢。

日本の悪の組織(日本会議?)のドンとその取り巻きに「裁判」受け「死刑」を求刑される。

訴状は私のクライエント2人からのもので、事例(成功例)を脚色して引用しているという。

だが、就職するクライエントとの別れのシーンは感動的なもの。

そして、私の罪への反証が一気にはじまる。

実は私のこの夢は、私にとって節目となる、「通過儀礼」的な、タイヘン象徴的な「夢作業」ではなかったかと思える。

むしろ「悪魔の誘惑」に打ち勝つ夢なのだろうと思う。

もとより、私は、当ブログで実際のクライエントさんの事例をブログで全く引用せず、創作であるか、私自身の体験を他人の体験として書いている。

一例だけ、これくらいは許され、本人も感謝してくれると確信してると思えるものを場面を切り取って紹介している。それが以下の記事:

●鬱に陥った人の休養期の衝動買い現象

海外格安航空券ena(イーナ)

楽天チケット

2017年2月23日 (木)

ある心理カウンセラーのブログ人気記事のご紹介 その2(Togetter)

・・・・ということで、Togetter機能回復。

こちらからどうぞ。

エプソンダイレクト株式会社

Just MyShop(ジャストシステム)

当ブログ、過去最高アクセス数

Togetterで「ある心理カウンセラーのブログ人気記事のご紹介 その2」を作ってSEO対策しようかと思っていた。

ところがTogetterにログインしようとしたら,

「 エラーが発生しました。このページに対するリクエスト・トークンがありません。アプリケーションがTwitterアカウントを使用するかどうかを確認するために必要な特殊キーです」

だと。

まとめは後でにするかと思っていたが、それをしないうちに私をフォローして下さる皆様を誘導してしまったようで、当ブログ始まって以来最高のアクセス数を記録していた。

(↓クリックすると大画面で私のブログの管理画面の表示が大きく表示されます)

Ws000003

(過去の一位は河合隼雄先生が亡くなった時の手短な哀悼の意の表明の時で、800アクセス。)

今回のアクセス数のうち100ぐらいはTwitterに飛ばすための私自身のアクセスであることを値引きしてとらえないとならないが、ユニークアクセス394というのは普段のサイトでは全く見られない数値である。

・・・・・今はAKBグループにうつつを抜かして長い文を書けなくなっている(しかし精神的健康度のいいバランスは私の人生で最良と感じている)。

手前みそだが、やはり10年若い頃の記事は勢いが違う。自分で読んでて「感動」してしまう。

頭が良すぎて窮迫感がハンパじゃない。

丁寧に自分でも読み返し、今の自分にこの水準を再定着させるつもりである。

エプソンダイレクト株式会社

Just MyShop(ジャストシステム)

2017年2月 1日 (水)

トランプは偉大なトリックスターになる?(togetter)

ネット上ではトランプの持つ意味が過小評価されている現状がある気がしたので、連投したものを取りあえずささやかにまとめてみました。

当初は欅坂46の「サイレントマジョリティ」がなぜ従来のアイドルを視聴しない層までいきなり心を掴めたかについて、強引にトランプ論まで引きずり込む大技のブログ記事にすることも考えましたが、一応切り離しました.。

こちらからどうぞ。

●欅坂46/サイレントマジョリティー(Youtube)


エプソンダイレクト株式会社

Just MyShop(ジャストシステム)

2016年1月 1日 (金)

紅白でたかみなの卒業のサプライズにあっちゃんとゆうこが降臨しただけで、それから30分は泣いていた私(^^;)

●参考映像

私は紅白メドレーで出てきた歌くらいしか知らないし、(年明けで)去年の総選挙生中継を見て、「AKB48白熱論争 (幻冬舎新書)」

を読んだ程度のにわかファンなのだが(^^;)

これはどういう「異常心理」なのだろうか?

*****

年末からすでに新書を中心に1日2冊、計10冊ほど読破したが、その中で印象に残っているのは、マイケル・サンデルの「これからの『正義』の話をしよう」

がダントツである。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサムなどの過去の哲学者から、ロールズ、ノージックといった現代の哲学者まですら予備知識なくても理解することができ、今日の「新自由主義」と「社会民主主義」の二項対立を超えた視座を提供してるという壮大な著作である。

ここまで来たら、ピケティの「21世紀の資本」

までいくっきゃない!と確信して、今読み進めている。

今のところ、私にとっては興味深くこそあれ、難解とは感じない。数日がかりになりそうだが、充実した読書になりそう(^^)

*****

・・・・まあ、こんな、何でもありの私ですが、今年もよろしくお願い申しあげます

m(^^;)m

2013年2月 4日 (月)

いわゆる「2030年問題」と年金制度との関わり(togetter)

長期引きこもりの人たちの親が徐々に死に始めるタイムリミットが近づいている。

斎藤環氏はそれを「2030年問題」と呼ぶが、現実にはそれより早く顕在化 し始めるだろう。

幅を広げて言えば、そもそもフルタイム正社員雇用が厳しくなり、厚生年金を受給できす、国民年金納付をしていく生計の余裕自体を失っている若年層まで含めると遥かに広範な問題だろう。

この問題について、年金機構事務所で最低限のウラをとった上でまとめてみました。

こちらからどうぞ。


blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス解析
ビジネスブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2013年1月18日 (金)

やさしくなりたい(第2版)

私は「家政婦のミタ」も観ていなかったので、年末のレコード大賞で斉藤和義のこの曲にいきなり接したわけだが、その音楽性の高さに一聴して瞠目した。

●斉藤和義 やさしくなりたい

さらに言えば、東日本大震災直後にYouTube上で話題となった、自身の歌の替え歌、「ずっとウソだった」の人だということもidentifyできていなかった。

●ずっとウソだった。 斉藤和義  会津若松

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス解析
ビジネスブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2013年1月14日 (月)

ついに「過去ログ再掲シリーズ」終了しました。

最終日は一気果敢にラストスパートをかけてしまいましたが、これで、旧「カウンセラーこういちろうの雑記帳」からのエッセンスの再掲シリーズ、終了いたしました。

これで「クリーン再インストール」完了です。

大体過去記事の15分の1くらいのものを精選しました。

あまりに再掲のテンポが速いので、読者の皆さんのキャパを超えてしまっているかと思いますが。

また、全部の記事を再掲していないこともあり、あちこちにリンク切れが放置されています。応急処置は大事な記事についてはしましたが、これ以上細かくはやらないままとなるでしょう。

どうかゆっくりと、時折めくって下さいませ(^^)

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス解析
ビジネスブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2013年1月13日 (日)

「ゆとり教育」の思わぬ背景と、それに対応した「親世代」の限界(再掲)

 「ゆとり」教育については、「それまでの詰め込み教育の弊害の解消」ということばかりが強調されるが、更にその「背景」が何であるかに巨視的に立ち入ることができることが見過ごされてきている。

 すなわち、ゆとり教育が、実は当時の外交的、そして産業界からの要請で成立したという側面があるという指摘を、本書ではじめて知った。

  1.  輸出依存型経済から内需拡大型経済に転換するように欧米諸国から圧力がかかる
  2. →「貯めた金をケチらず使う」消費拡大のために勤労者に週休2日制の導入
  3. →海外へのパックツアーの隆盛・東京ディズニーランド等の建設
  4. →教師への5日制の導入にあい伴い、学校5日制の導入(2002)
  5. →政財界、労働界の要請(!)をも受け、文部省は授業時間短縮を迫られ、「ゆとり教育」が単なる「教育のスリム化」にすり替えられる。

 (以上、第8章「教育の自由化と学力格差」pp.132-3 岩永雅也執筆 より要約)

 こうして「ゆとり教育」とすることで、児童生徒が学校外で過ごす時間が50日分増えた。

 ところが、家庭にそれを引き受けるだけの能力があったか?「教育は学校が行うもの」と長年信じられていたのに、教育のかなりの部分が家庭に返され、「私(わたくし)事化」されることになったのである。(同p.134)。

 この頃バブルが弾けて、多くの家庭でに塾などの教育についてのお金をつぎ込む余力がなくなり、「教育格差」が生まれる引き金となったわけだが、実は事態はそんな単純な話ではないと岩永氏は述べる。

 「親たちの社会的主体としての資質に大きな問題があったという話なのである。資質と言っても、単に学力とか知識とかではなく、挨拶や人間関係の構築といった対人能力、協調性。忍耐力などの社会的能力、身の回りで日常的に起こるさまざまな事態を理解し、それに対応する能力など。まさに『生きる力』というにふさわしい能力のことである」(p.135)

 つまり、親世代自身が、子供のモデルとなるだけの、個人としての社会性がないということになる。

 よく考えてみれば、昭和一桁世代を親として持つ、現在の親世代(=私とほぼ同世代)は、受験戦争真っ盛りの中で成長した。その競争の勝者であるしても、敗者であるにしても、ともかく「生きる力」そのものを育める教育環境・・・というより、「社会」環境に恵まれていなかったことのツケが、今度は子供の教育の際にまわってくることになる。

*****

 「潤沢に教育資金は出してもらえても、『真空の中で』勉強しろと要請されているようでどうしたらいいかわからなくなった」私の生い立ちは、こうした状況の一側面として思い出されたのである。

 この放送大学教材は、一見経済学的社会学の観点からの著作に見えつつ、通常の教育学よりもはるかに巨視的な視点を提供してくれる。

 まだ読み進めている途中である。これからも具体的記事を追加するかもしれない。

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス解析
ビジネスブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク