コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

« 浜崎あゆみによる、インタラクティブ・フォーカシングの実例!!(再掲) | トップページ | なるちゃんはかっこいい!! おわちゃん、Take care of yourself! (再掲) »

2013年1月 5日 (土)

フォーカシングのアクション・ステップとあずきバー (再掲)

 先日の認知行動療法的フォーカシングの試みの記事でもご紹介した、フォーカシングの「アクション・ステップ」とは、具体的にどのようなものかについて、もう少しご紹介してみたいと思う。

 以下に述べるのは、あくまでも私流の普段使いのやり方/教え方なので、詳しいことは、ジェンドリンの「フォーカシング指向心理療法(下)」第17章、「行動ステップ」(訳書pp.382-399)、あるいは、より簡略なものとしては、アン・ワイザー・コーネルの「フォーカシング入門マニュアル」の第3部「フォーカシングを妨げるもの」の3.7「行為についての特別な覚え書き」(pp.83-85)をお読みいただきたい。

*****

  1. フォーカシングを進めて行った結果、シフトと共に「私は〇〇をやりたいんだ!!」ということに気がついた・・・・というところをスタートラインにするのが一番適切である。
     しかも、別々な時に、何回フォーカシングを試みても、結局、フェルトセンスからのご宣託が「〇〇をやる」ということ自分に勧めてくる方向に収束するのに、なぜか実際にはそのことに具体的に取り組む気になれないことを繰り返している場合があるだろう。

     例えば、
    • シフトと共に生じてきた、フェルトセンスからのご宣託:
      「私はその人との関係を深めたい。そのためには手紙を書くのがいいだろう」
       →なのに、手紙を書き始めても全然うまくまとまらず、繰り返して中途で投げ出してしまう。
    • 同じく、フェルトセンスからのご宣託:
      「私はやはり社会人入学してでももう一度勉強したいのだ」
       →どうしても資料請求のための申し込みのメールを大学に打つ決心がいつまでもつかない

      ・・・・こうしたケースを想定して欲しい。
             
  2.  こうした時に、
    アン・ワイザーさん流儀だと、

    「私の中の一方には、そのことをやりたい気持ちがある。でも、もう一方には、そのことをやることに抵抗している(恐れている、すんなりやる気になれないでいる)『何か』があるみたいね」

    ということを確認して、その両方に対して、それぞれ「わかったよ」と言ってあげるということを試みることができる("feeling about feeling")。

     そして、やることにブレーキをかけているもう一人の自分の方に向かって、丁寧にその気持ちを聴いていくつもりでフォーカスするというのも、有意義なことなのだが・・・・
       
  3. そうした"feeling about feeling"の方略なら、すでに普段からやり尽くしてきている、というフォーカサー向けの、よりアクティブな提案は、次のようなものだ(ここからが本題!!):

     「その行動に踏み切る前に、私の身体がやりたがっている『何か』にまだ自分でも気がつけていないのではないかしら?
      それは、そのこと(例えば、ある人に手紙を書くこと)とは一見無関係過ぎるくらいの、小さな事柄かもしれないけど」


    このように内側に問いかけて、静かに答えを待つのである。
       
  4. 得てして、こうした試みに対しては、「内なる批評家」が大反撃をはじめる。
     批評家曰く、

    「お前はそうやって結局どうでもいいことばかりををやって、肝心なことを延々と先延ばししようとしているだけだろう?」

    などと。
     しかし、そうした「批評家的な声」に対しては、更に、「内なる調停者」(!)に登場いただき、

    「・・・・ご説ごもっともでございます。
     でも、どうでしょう?
     そうやってあいつ(自分自身のことなのだが)を糾弾するのは、あいつが今度そうやって別のことを先に実際にやってみた後でも、相変わらず堂々巡りして、新たなことには取り掛からない時に「それ見たことか!!」と改めて糾弾するのでも、遅くはないとは思うのですが? あいつにもう一度チャンスを与えてあげてみては?」


    などと調停的な介入をしてもらい、批評家にはしばらく脇に控えていてもらうのがいいのではないかと思う。

****

 さて、上に例としてかかげた、「手紙が書けなかった人」は、それから2日後、突如、すらすらと手紙を最後まで書き上げられてしまって、内容にもフェルトセンスがあっさりOKを出してくることに、自分でもびっくりすることとなる。

 その人は、フォーカシングに慣れていたので、自分がその2日の間に、すでにどのような小さなアクション・ステップを見出し、実行したのかすら忘れていた(^^;)

 
そこで、その2日間のことを丁寧に思い出してみた。

 「この2日の間に、私は何か、それまで自分に許してはいなかった、新しい小さな行動のステップを、手紙を書くことと一見関係なさそうな、意外な場面で、『何か』やったのではないか?」

・・・・と。

 その結果思い当たった、唯一思い出せた、その2日間の新たな行動内容

 
二日前の晩、手紙がうまく書けないまま「自分はこの後何をしたいのか?」という問いかけへのフェルトセンスからの返事は、「ともかく一度家を出て夜風にあたりたい。コンビニに追加の買い物に行くのはどうだ?」ということ。

 
コンビニにたどり着き、再び「今自分は何を買いたいのか?」問いかける。それに対して、フェルトセンスが推して来たのは、意外な品物を買うことへの非常な積極的支持のサインだった。

 こうして、今年の夏になってからは決して買わなかったあすぎアイスバー1箱6本セットを買うことを自分に許すこととなった・・・・

「・・・・どうも、それが、2日後に手紙をすんなり書けたか書けなかったかの違いをもたらした行動ステップだったとしか思い返しようがない」

・・・・と、その人は言うのである。

 振り返ってみると、結果的に、あすきバーを2日かけて6本とも食べ終わった翌朝に、その人はなぜか自然と手紙を書き出せる心境になっていたことになることに気がついたという。

 この現象について、その人は以下のように自己分析した:

自分に甘くあってはならない、みたいな決心が今年になってから強くて。別にダイエットのためとかだけではなくて、自分に対する戒めであるかのようにして、おやつやスナック菓子の類をできるだけ買わない決心をしていたんですよ。アイスクリームを買ってもいいし食べてもいいけど、一度に一個、どうしても食べたい時に買うみたいにしていたんです。

 でも、それは、自分をむしろ狭い世界に押し込め、自分でできる範囲に活動範囲を留めて、ひたすら我慢し、耐えさせる方向にばかり向かわせるエネルギーになって、人に心を開いて接してみるみたいな、開かれた外側への態度を持ちたいという自分の中の部分のエネルギーを徐々に開放していくことを自分に許すこととは矛盾すらし始めていたのかもしれないですね。

 だから、あずきバー6本まとめ買いを1年ぶりに自分に許してみた時、私の心が、自分の気持ちに素直に文を書いてみるのを自分に許せるきっかけとしてのスモール・ステップになったのかもしれません」

 フォーカシングを学ぶ皆さんが、アクション・ステップの小さな一歩というものを、自由かつ柔軟に発想してみるためのヒントになれば幸いである。

*****

 あるひとつの行動をなす上で、実はその前に幾つもの小さな、そのこととは全然無関係にも見える行動を、幾つも重ねていく方が、気持ち的にも楽なだけではなくて、性急にひとつの行動だけにつき進んだ場合には避けがたかった様々な副作用・・・準備不足を力技で乗り切ってもその後が続かなくなるとか、回避可能だったはずの周囲の人との不要な摩擦の火種になるなど・・・を減じ、当初の行動が順調に運ぶだけの諸状況を、多角的に「外堀から埋める」形で準備することになることは少なくないと思う。

 中井久夫先生のよくお使いになる登山についての比喩をお借りすると、「最短ルートで頂上に向けて登攀しよう」とする「超限的努力」をするアプローチは、自他共に甚大な弊害と副作用を起こすことが多い。

 ベースキャンプを幾つものステップに渡って作って行き、少しずつ高度を上げるようなアプローチ、あるいは、急斜面を這い登りたい誘惑を退け、どれ だけ遠回りして緩い安全な斜面を探して、時間をかけて、折々休息を挟みながらでも、ゆっくりと登ろうとしていた人間のほうが、途中で挫折もしないで、その人なりの山頂・・・・最初は山脈の尾根の一番手前の小さなピークの安全な山小屋に過ぎなくても・・・に、その日の日没までにたどりつけるのかもしれない。

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス<br /><a href=ビジネスブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

« 浜崎あゆみによる、インタラクティブ・フォーカシングの実例!!(再掲) | トップページ | なるちゃんはかっこいい!! おわちゃん、Take care of yourself! (再掲) »

フォーカシング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70854/56471409

この記事へのトラックバック一覧です: フォーカシングのアクション・ステップとあずきバー (再掲):

« 浜崎あゆみによる、インタラクティブ・フォーカシングの実例!!(再掲) | トップページ | なるちゃんはかっこいい!! おわちゃん、Take care of yourself! (再掲) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク