コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

« 欝とは、自分が無理をしていることを認識できなくなる時期にすでに始まっている(再掲) | トップページ | アフォーダンスと洞察の接点(再掲) »

2013年1月 3日 (木)

「私のうつノート」書評 (再掲)

 
 
 
   苦しいうつ状態を脱して、今度こそ前向きに意欲的に生きようとすればするほど、自分でも自覚できないうちにいつの間にか簡単に「オーバーラン」してしま い、再び燃え尽き、振り返ってみたら、その高揚状態での活動が周囲にいかに無神経で、迷惑をかけていたかに今更のように気がつくという、波打ち際で「砂の 城」を築くかのような不毛の繰り返し。「自分で自分のペースが取れない」という行き場のない苦しみの中で、何とかバランスを以前よりうまく取れるように、 生活の細々したところまで少しずつチューニングし続ける、あまりにも地味でコツコツとした試行錯誤の過程。自分はもう大きな夢は追えないのか? かつての 活動的な充実した日々はすべて「軽躁」という「病」のなせる業に過ぎなかったのではないかという煩悶。そうした中で、これからの人生を、より「地に足を着 けて」歩んで行こうという境地に徐々に近づけていくかどうか?

 それが「双極性障害」を生きるということ。

 恐らく、日本では、この読売新聞の記者さんの生々しい闘病記の新聞連載まで、そもそもそうした「双極性障害を生きる」ということのリアルな現実が、お茶の間に届くということそのものがなかったのではないかと思う。

  ここで描かれる、休職の中で順調な回復軌道に乗ったたかにみえたのに、再び躁傾向を押さえきれなくなり、そうした挙句、再び燃え尽きて欝状態に泥のように 沈み込み、絶望の中から小康を得て再出発をしようとすると、またもや簡単に「スイッチが入りすぎて」やり過ぎになるいう、上ったり下ったりの泥沼のような 生き様を読んだ時、この病気に苦しむ人たちや、ご家族等の関係者の深い共感を呼び起こし、「同じことで苦しんでいるのは自分(たち)だけではない」という 連帯の輪をどれだけ広げたことだろうか。

「第I部 体験編」前半の、記者さん自身の体験記、「1.私のうつノート-双極性障害の記録」 (記事連載時に、第27回ファイザー医学記事優秀賞受賞)には、ご本人のみみならず、当時奥さんが実はどのような思いをしていたのかも細く触れられてい る。続く第I部後半「2.うつ病闘病中の同僚記者と」では、当時上司だった方の目からの報告がなされている。「自分たちの同僚に生じてしまった病と、そこ から生じてしまった事態」を、その混乱の渦中にありつつも重く受け止め、特集として取り上げ続けた、読売新聞生活情報部の記者たち「共同制作」の、ジャー ナリストとしての良心の軌跡としての、迫真の「ルポルタージュ」という視点で、本書の存在意味を眺めてみたらどうだろう?

 新聞掲載時に連載記事を読めなかったけれども、この特集に何らかの情報で関心を抱いていたけれども全体像に触れ得なかった人たちを含めて「まとまった一冊の本」として「通して読める」という形にまとめられたれただけでも存在価値があるのだと思う。

  第II部「情報編」はやや雑多な形になり、双極性障害についても、より体系的な一般向けの類書は他にも出ているかも知れない。だが、この記者さんの手記連 載の後、読売新聞が、うつ病に限らず、他紙の水準を超えた良心的なメンタルヘルス・医療関連の特集を展開し続けるひとつの大きなきっかけになった原点も、 まさに本書に収録された記事たちの連載にこそ、あったと言えるはずである。

 なお、この記者さんは、当初通常のうつ病と診断され、双極性 障害II型に診断変更・投薬変更されるまでに、実に4年間の期間を要している。双極性障害II型の診断が適切な人に、気分安定薬を伴わない、抗うつ薬のみ 中心の薬物療法がなされると、その人の躁鬱の波はどんどん極端になっていく場合も少なくないので、本書の体験記の中盤まで描かれているこの記者さんの躁鬱 の波の大きさは、[双極性障害II型本来の波]+[当初の4年間の投薬が不適切だったゆえの増幅の強化]という複合的なものであると想定できることに注意 して読まねばなるまい。

 つまり、4年間の気分安定剤なしでの薬物療法のおかげで、症状が「こじれた」可能性も考慮せねばならないのである。「双極性障害―躁うつ病への対処と治療 (ちくま新書)」(加藤忠志著)によると、このような形で生じる躁鬱の揺れのことを「物質誘発性気分障害」と呼ぶらしい(p.44。もっとも、「抗うつ剤の投与を中止して4日以上続くような軽躁状態があった場合には、双極性障害と考えた方がいい」とも付記されています)。

  さもないと、本書第I部のp.69で「かつてのような大きな波はない」と明言される「前の部分」までで描かれたこの記者さんの「睡眠3時間」などの高揚状 態での活動のありようは、双極性障害「II型」とだけいうには、「躁状態」が激しすぎる状態にあったのではないかとすら戸惑う人すら少なくないかもしれな い。(本書p.44に、それが「抗うつ剤」の処方のせいもある可能性を当時すでに医師に示唆されていたことが書かれている)。

 「II 型」と診断される人でも、繰り返す鬱の波から脱した「一番いい」状態の時期ですら、ほとんどの場面で、おだやかで安定した状態(本書p.88で上司の方が お書きのように、本人からすると「少し落ち込み、やや調子が悪い」と体験される)」でいられることが多いの人もたくさんいるのである。これは診断されるお 医者さんによって意見が分かれるのかもしれないが、敢えて注意を喚起したい。

« 欝とは、自分が無理をしていることを認識できなくなる時期にすでに始まっている(再掲) | トップページ | アフォーダンスと洞察の接点(再掲) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70854/56458575

この記事へのトラックバック一覧です: 「私のうつノート」書評 (再掲):

« 欝とは、自分が無理をしていることを認識できなくなる時期にすでに始まっている(再掲) | トップページ | アフォーダンスと洞察の接点(再掲) »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク