コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

« 村瀬嘉代子先生語録(再掲) | トップページ | 「私のうつノート」書評 (再掲) »

2013年1月 2日 (水)

欝とは、自分が無理をしていることを認識できなくなる時期にすでに始まっている(再掲)

さて、「欝」の人というと、皆さんはどんなイメージをもたれますか?

げっそりとやつれ込んでいて、何にもやる気が出ず、「自分がこんな状態では周りに申し訳がない、死んでしまうしかない」と、切々と涙をこぼしながら訴える人?

いいえ、

「客観的に見ればその人が疲れ果てたり、泣き言を人に言いたくなるような状況下においても、全く平気そうに、明るくすら振舞い、精力的に勉強や仕事を続けている人」

がいたら、その人はすでに「欝」にはまりつつある、と私なら判断します。

つまり、「自分がつらい筈のに、つらいという自己認識が、その人から『1,2週間以上』失われてしまった」ら、その時点で、その人は、欝への道をまっさかさまに突き進んでいます。

******

人間に限らず、動物一般には、体内・脳内の状態を「非常事態切り抜けモード」に切り替える自動スイッチのようなものがあります。自然の大災害や命の危険にさらされると、それが発動して、いわゆる「火事場のクソ力」状態になります。

長時間睡眠とかをとらなくても移動し続けたり、頭の回転が鈍らなくなるのです。

大地震の直後、一気に途方にくれて何もできなくなる人ばかりかというと、そうではなく、むしろ普段は発揮されないくらいに冷静に、不眠不休の活動をし続け、善意の相互扶助のコミュニティを広げ、自然に活動を続ける人が意外なまでに多いというのは、結構知られたことでしょう。

あるいは、兵士は、最前線での戦いのさなかなら、一週間の不眠不休の戦闘や行軍にも耐えられてしまいます。

しかし、この「非常事態モード」は、多くの場合、1週間ぐらいしか持たないものです。

ハリケーンにせよ、大洪水にせよ、たいていの自然災害というのは、どんなに巨大なものでも、一週間以上、そのピークが続くものはありません。生き残れた、移動できる動物は、1週間のうちに、安全な土地に移動しているでしょう。

動物の体内スイッチは再び「非常事態切り抜けモード」から自然と「オフ」になり、むしろ「休息しながらの充電モード」になり、次第に「日常モード」に復帰するでしょう。

人間も、この「動物的」メカニズムを受け継いでいるだけなんですね。

人間にも、種の保存のため、この「非常事態」への耐性が特に強い遺伝子を受け継いだ人たちかいると思います。

*****

ところが、人間は、必ずしも自然の摂理に一致しない「文化」というものを築いてしまいました。そして、客観的に見れば「生存の必要性からすればそこまでしなくても生きていけるはず」の社会活動や仕事に、まるで「非常事態モード」にはまった場合と同じように、不眠不休で打ち込み続ける泥沼から抜け出せなくなる人も出てくるという問題を抱え込むようになったのです。

典型例。

配置転換されたり、昇任して、仕事の量がぐっと増えた。ある時期まではそれを本人は大変だ、睡眠不足になってきた思いつつも、歯を食いしばってがんばった。そのうち、同じ役職にある周囲の人は身体の病気になったり、する休みをはじめたり、仕事をやめてしまったりしてもその人はがんばった。

いよいよその人の「勤勉さ」への周囲の期待と依存は高まる。

その頃になり、気がついてみると、睡眠時間が非常に少なくても疲れを感じなくなる。

その人は、自分の「気力」が勝った!! などと思いつつ、それから2,3ヶ月は明るい顔で元気いっぱいで働き続ける。

数ヵ月後、何かのきっかけで、彼は「うつ病」と診断される。

「やれます! がんばれます」

と本人はそのことを受け入れない。ほんとにやれそうな気でいるのである。

それでも彼の状態が心配な人事課長は、会社の産業医との面接を勧めて、産業医の説得で、しぶしぶ休職を受け入れる。

その2,3日のうちに、彼は、自分が何をするのにも億劫で、トイレや、1,2メートル先の冷蔵庫の食べ物の扉を開けようとしても、身体が動かないまま、いつの間にか日が暮れているのに気づく。

「非常事態切り抜けモード」のスイッチが、自然に、ブレーカーが落ちるように落ちるのが、この人の場合、あまりにも遅すぎたのです。

そのブレーカーが、休息と薬の助けと自然治癒力の中である程度回復するのに、数ヶ月から年単位かかるわけです。

世間の人々は、この状態に陥った「後の」人の「欝」についてのイメージしかありません。

彼は、とうの昔に、「非常事態切り抜けモード」のブレーカーが再びOFFに自然に切り替わることができなくなった時点で、すでに病気だったともいえます。

*******

だから、欝の人は、見かけ上人よりすごく「元気」で「社交的」だったりする場合も多いという「逆説」があります。

「見かけは」元気そうでも、「言っている言葉の内容を文字通りに受け止めると」、この人、つらい状況にあるはずなのに、と、そこにある種の、態度と言ってることの「不自然なギャップ」を感じたら、その相手は欝にすでにかなりはまっている可能性があります。このことは、先日「アフォーダンス」について書いたとき、終わりの方で述べたことにもつながります。

回復後も、無理をせずに休息を取るベースをわきまえるまでが、通常のケースではいへんです。欝病者とは「無理をしたがる」ものですから。

そして、上司や同僚も、元気だった頃の彼のイメージ(そっちの方が「スーパーマン」過ぎた「異常事態」だったのに!!)だけを引きずって、

「もう『治った』のなら、フルに働いてもらう」ということを要求しやすい。

パソコンや自動車が「修理」されてきたのとは違うんですけどね!!

なぜ、鬱病は、回復期の上昇カーブにかかったあたりで自殺率が高いといわれるのかも、こうした理由によります。

少し調子を取り戻したつもりで、仕事に復帰したら、まだ思うように仕事ができない、すぐに疲れ果てる自分に直面して悲観するわけですね。

一度欝はまった人が、ちょうどいいペースで仕事をするとはどういうことかを、少しずつ社会復帰しながら自分なりのスタイルを完成させていく、というのは、ものすごく大変なことです。

周囲の期待と、「元通りに働きたい」という「焦り」に押し流されず、前ほど「お人よし」で「便利な人」「いい人」であることを放棄して、マイ・ペースの生き方に切り替えていく。

もし、そのことに本当にうまく成功して、新たなライフスタイルにたどり着けたら、ひょっとしたらその人は、前ほど「しゃにむに」働かないけど、一回り大きくなり、ほんとうの資質を開花させ、真の意味で組織や社会に「必要な」人間に脱皮しさえするかもしれません。

******

こうしたことへの認識がもっと広まれば、そういう「『働け』過ぎ」の人に、実は依存して、彼らを犠牲者として成り立っている、現代社会も少しすつ変わるのに、という思いを込め思いつつ、私なりの言葉で書いてみました。

少しでもこれが世間の「欝」についての著作より「新鮮に」響けば幸いです。

« 村瀬嘉代子先生語録(再掲) | トップページ | 「私のうつノート」書評 (再掲) »

心と体」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70854/56454583

この記事へのトラックバック一覧です: 欝とは、自分が無理をしていることを認識できなくなる時期にすでに始まっている(再掲):

« 村瀬嘉代子先生語録(再掲) | トップページ | 「私のうつノート」書評 (再掲) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク