コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

« 人は変化した時、二重の過去を持つ -こういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(1)(再掲) | トップページ | 「コンディション」とは、言葉にならない、漠とした心身の「心地」である -カウンセラーこういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(3)(再掲) »

2013年1月 4日 (金)

旧来の人格モデルは、一人の人格の中に、「障壁」の両側にそれぞれいる、「複数の主体」の存在を仮定せざるを得ない -カウンセラーこういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(2)(再掲)

 ジェンドリンの体験過程理論の基本文献「人格変化の一理論」のごく短い断章についての、私の参加する勉強会(何しろ、ここ10年間、月に一度、1-2時間、ねちっこく進めているのに、日本語訳で40ページ前後の論文がまだ読了されていない、という、驚くべき牛歩の歩みなのに、参加メンバー固定のまま誰も投げ出していない)での「ある特定の回の」やりとりを、やや要約し、脚色つつも再現する連載シリーズ、第2回です。

(第1回はこちら

*****

ある人が全く幸せな気持ちを感じながら場を去った。だが四日後に,彼は,あの時実は自分は起こったことについてひどい怒りを持っていたのだと覚る,彼は自分がず-っと怒りの気持ちを持ち続けて「いた」(has been)のだが「そのことに気づいていなかったのだ」と感ずる。(旧訳・新訳同じ。原書p.138 新訳p.218)

 ここまでの部分は、前回に私が説明したことで、共通理解があるという前提で進みます。

 

さて我々の理論は彼が現在,怒りと呼んでいるものがずーっと気づかれることなしに彼の身体の中にあったという考え方を否定する。我々の考えでは,何かがあったのだが,怒りを持つという過程はなかったのである。彼はそれを今怒りを持つ,と呼んでいる。なぜならば,彼はその過程に参加しており,彼の現在の怒りが,過去4日の間自分が身体的に感じていたある条件を「満たし」「放電し」「解放し」「象徴化し」「完了している」こと……すなわち早くいえば,その条件とある深く感じられた関係をもっていること……を生理的に彼に知らせるようなある解放惑(定義8[新訳:定義h]を見よ)をはっきりと感じているからに他ならない。過程は生じていなかったのであり,それは,今になってはじめて変更をうけている或る生理的条件の方へと進んでいたのだ。「構造に拘束された」体験が「完了する」ときに我々は,以前にそれが何であったかが今わかるのを感ずるのである。そのときに,そのことがわからなかったのは,今進行している過程はそのときの停止した条件とは異なっているからである。 ([ ]内以外旧訳・新訳同じ)  

Now, our theory denies that what he now calls anger was in his body all along, without awareness. Rather, there was something, but not the process of being angry. He calls it being angry now, because now he is engaged in that process, and he clearly feels the releasing (see definition 8) quality which physiologically lets him know that his present anger "satisfies," "discharges," "releases," "symbolizes," "completes"--in short, has some deeply felt relation to--the condition he physically felt during the four preceding days. The process was not occurring, and that made for a physiological condition which is only now altered. When "structure bound" experience "goes to completion," we feel that we now know what it was then; we did not know it then, because the ongoing process of now is different from the stopped condition of then.太字原文のイタリック。訳書にもある)

******

 こういちろうの講釈:

 ここでいきなり、 「我々の理論は彼が現在,怒りと呼んでいるものがずーっと気づかれることなしに彼の身体の中にあったという考え方を否定する」 と出てくるのは、ジェンドリンが、体験過程理論において、旧来の人格理論の多くが準拠していたパラダイムを、「抑圧モデル("repression paradigm"」と「内容モデル("content paradigm")」として否定しているということなんだけど、誰かさっきの実例を、例えばフロイトの意識と無意識の理論のモデルで、黒板で説明してくれる?

.......(沈黙)..........

A:
「(Bに)前回の要約までまとめてきたんだから、お前、やれ」 [注:お坊さん]

B:「エ? 私? ウッソーン!!(^^;)」 [注:既婚者の私より年上の保健師]

こういちろう:「わかった」とうなづいたんなら、その理解を図示して説明してくださいませ。「理解した」とは、「他人に自分なりに臨機応変に説明できる」ということである(^^)

(......Bさんの説明と図の経過は省略.......)

こういちろう:......では、この図を使わせてもらって、修正、加筆する形で説明していいかしら?

 前回の実例には、大きく分けて、3つの時期があると考えられるわけ。

*《第1幕》: 「ある特定の状況(a certain situation)」、たとえば4日前のデートの日には、実際、すごくハッピーだった。

*《第2幕》:それから3日間、デートの日のことを実際にハッピーだったと感じていた

*《第3幕》:4日後、実はデートのその時、デートの中でのある出来事(what happenned)に怒りを感じていたし、この4日間ずっと怒りを感じ続けていた(have been)と気がついた。

 .......《第1幕》の4日前のデートの時に、実際に楽しく感じていたことを否定して、それを精神分析の防衛機制としても「反動形成」であると決めつける根拠まではないと思う。

 でも、旧来のパーソナリティ理論なら、フロイトでいえば、無意識の次元では実際に「怒り」という「心的内容(content)」すでに実際に感じていたけれども、それが意識にのぼる前に「検閲」され、無意識の領域に「抑圧」されたととらえる必要はある。

 こうなるとね、いわば、ひとりの人間の心の中に、分割された2つの「層」....「小部屋」みたいものと、2人ないし3人の「人」というか、人格みたいなものを、一人の人間の中に考えねばならなくなるの。図で書くとこんなふうね。

*人格a:「無意識」の住人。「怒り」や「幸福感」を「感じる」人。

*人格b:「無意識」の住人。aの感じた「幸福感」や「怒り」を「意識」の側に送りこんでいいかどうかを《検閲》する人。「怒り」は却下。「幸福感」は通関OKと判断。

*人格c:「意識」の住人。壁の向こうのabという存在そのものには気がつかないまま、「意識」に入り込んできた「楽しさ」だけ「感じる」人。

 つまり、「怒り」そのものは、「無意識」にあるか「意識」にあるかの違いこそはあるものの、「怒り」という同じ《質》の「内容(content)」であるという前提に立っていることになる。そしてそれが「意識」にのばるか「無意識」にとどまるかだけが差異であると仮定される。

(注:ビオンやウィニコット、バリント、サリヴァンあたりになると、こうした、無意識と意識の内容の「等価性」を前提としていないようにも思える)

 だから、《第2幕》になっても、《第1幕》すでに感じていた「怒り」が、無意識にそのまま抑圧されて「存在し続けて」いたという図式になる。

 そして、《第3幕》になって、こうやって4日間無意識の中に存在「し続けて」いた「怒り」が意識にはじめてのぼる。その結果「4日前のデートの時からずっと怒り続けていた」という気づきが4日後になったはじめて生じる.....と考える。

 つまり、4日間、「怒り」は無意識という冷蔵庫の中で「凍結保存」されていたか、意識にのぼろうとしても、《検閲官》bに差し止めを食らい続けたか、どっちかとみなすことになる。

******

 このあと、この部分を最後まで解説するか、一気にジェンドリンならどう説明するかまで解説するかは判断保留のまま、とりあえずここまで記事としてアップします。

 ほんとは黒板に図示した図まで再現してブログ上で掲載したいのだか.....それは版を改めて。 (続く)

« 人は変化した時、二重の過去を持つ -こういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(1)(再掲) | トップページ | 「コンディション」とは、言葉にならない、漠とした心身の「心地」である -カウンセラーこういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(3)(再掲) »

フォーカシング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

心理」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人は変化した時、二重の過去を持つ -こういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(1)(再掲) | トップページ | 「コンディション」とは、言葉にならない、漠とした心身の「心地」である -カウンセラーこういちろうによるジェンドリンの体験過程理論の解題 断章-(3)(再掲) »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク