コメント・トラックバックについて

  • このブログのコメントやトラックは、スパム防止および個人情報保護の観点から認証制をとらせていただいております。これらの認証基準はかなり緩やかなものにしています。自分のブログの記事とどこかで関係あるとお感じでしたら、どうかお気軽にトラックバックください。ただし、単にアフリエイトリンク(成人向けサイトへのリンクがあると無条件で非承認)ばかりが目立つRSSリンク集のようなサイトの場合、そのポリシーにかなりの独自性が認められない場合にはお断りすることが多いことを、どうかご容赦ください。

最近のコメント

最近のトラックバック

banner

  • 携帯アクセス解析
  • Google Sitemaps用XML自動生成ツール

他のアカウント

« 事例検討会でのコメントを自分の心理療法流派の宣伝の場にしないように心がけましょう!!(再掲) | トップページ | 「億劫」とは、エネルギーのはけ口がうまく見つけられない状態である(再掲) »

2013年1月 7日 (月)

続・『信』なき理解 -援助職の人自身の人間関係の光と影-(再掲)

 大好評をいただきました「『信』なき理解」ですが、
今度はこの問題を、

  

クライエントさんとカウンセラーの関係の問題から、
  カウンセラー同士、
  あるいは、看護や福祉、
  地域精神保健等を含む、
  広い意味での「援助職の人間どうし」や、
  「私的な」人間関係 に拡張してみようかと思います。

*****  流派や個人差によってある程度違いがあるかとは思いますが、一般に援助職に携わる人間は、

  「相手の話をまずは受容的に傾聴し、
   相手を不要に傷つけないように応答する」

のが「習い症」になっています。

 これを、クライエントさんとの関係を離れたら、即座にスイッチを切り替えて、相手に愚痴も言えば怒りもぶつける「普通の」人間関係切り返られるものかとうか?

  援助職に就く人というのは、
  もともと他人の痛みに
  我がことのように「同情」し易く、
  普段の日常の人間関係でも、
  周囲の人の相談相手としても、
  「聴き役」になったり、
  あるいは少なくとも、
  家族や集団の中で、
  相手に不平不満をいわないで
  大人しく「いい子」として
  従順に、
  あるいは、
    「甲斐々々(かいがい)しく」
  ふるまったり、
  自分を殺して「いじめられ役」
  になっていた人

.......が、(すべてではないですけど)かなりのパーセンテージを占めていることは確かでしょう。

 自分で自分の人生に悩んだり、 自分自身が、「救いがない(helplessness)」人生経験をした教訓を生かして、自分が、人を援助する仕事に就こうと思うようになった人たちが少なくないはずです。

*****

  

こういう人が、
  相手のことを受容し、
  傷つけない応対の仕方を、
  更に「職業的訓練」として学んでしまうと
  私生活での対人関係はどうなるか?

****

 .......もう、目に見えていますよね。
 場合によっては、前回書いた、クライエントさんとカウンセラーとの関係より悲惨な状況が待ち構えていることは。

 何しろ、問題は、もはや、
  1時間なら1時間の「『枠』のある面接構造」、
  一日8時間の「勤務時間」
  の外側での私生活の領域なんだから、
  24時間営業、逃げ場がないのです。

*****

 そして、援助者同士の人間関係というのも、職場の中であるか否かに関係なく、一つ間違うと、悲惨な側面を抱え込みます。

   「この人はじっくり話を聞いてくれる」
    からといって、
    それが「相手の本心」からかどうか、
    まるで信頼できない。
        だって、
   その話し相手は
   「カウンセラー」
   なんだもの!!
   裏でどんな陰口を言われているか、
   わかったものじゃない。
   それどころか、
   自分のいない席では、同僚たちは、
   「あの人は『病気』だ」
   という噂すら立っているのに、
   普段は全くにこやかに、
   「職業的仮面」をかぶって、
   「私にも」、みんなぐるになって
   「何ともないかのような」
   「しらばっくれた」
   顔をしているのではないか????

.........こういうふうにカウンセラーひとりひとりが「お互いに」職場で同僚に「疑心暗鬼」の中で「腹の探り合い」ばかりしていたとしても、
   それはその人個人の「被害妄想」ではなく
   そういう状況におかれたら、
   誰でも陥る可能性がある

   

「集団心理的」な
   異常な対人関係の場

であるからだということは、

一般の皆様にも、お察しいただける
かと思います。

******

 この問題について、私が知る限り、唯一真正面から取り扱った名著をご紹介します。

Machtvonhelfer グッゲンビュール=クレイグ著「心理療法の光と影 -援助的専門家の「力」-」  

 

この方は、ユング派の重鎮のひとりですから、ユング派の用語が多く使われていますが、書かれている内容の「普遍性」に関しては、最低限のユング派用語を理解できる援助的専門家の方は、胸をえぐられる思いをなさるかもしれません。
 スイスのユング研究所の研修生の間では「青本」と呼ばれる、必読の教科書の一つとのことです。

   ここで展開される、
   「傷ついた癒し手」
   という元型をキーワードとする論述は、
   援助職に就く者の内面の暗部(「影」)
   情け容赦なく抉り出すと同時に、
   そうした「影」との戦い、克服の過程で
   はじめて得られる癒しについて、
   すべての「援助職」の人に
   生きる勇気と希望の「光」となり、
   「標(しるべ)の星」ともなる、
   感動的な名著だと思います。

 永らく再販されていなかったこの本の復活を私は心から喜んでいます。

    

「私の敬愛する本ベスト5」のひとつ。

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
携帯アクセス解析
ビジネスブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

« 事例検討会でのコメントを自分の心理療法流派の宣伝の場にしないように心がけましょう!!(再掲) | トップページ | 「億劫」とは、エネルギーのはけ口がうまく見つけられない状態である(再掲) »

心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70854/56489485

この記事へのトラックバック一覧です: 続・『信』なき理解 -援助職の人自身の人間関係の光と影-(再掲):

« 事例検討会でのコメントを自分の心理療法流派の宣伝の場にしないように心がけましょう!!(再掲) | トップページ | 「億劫」とは、エネルギーのはけ口がうまく見つけられない状態である(再掲) »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Twitter

フォーカシングの本1

フォーカシングの本2

トロントだより

  • 050601_0957
     The Focusing Instituteの第17回国際大会(2005/5/25-31)の開かれた、カナダ、トロントの北の郊外(といっても100キロはなれてます)、Simcoe湖畔のBarrieという街に隣接するKempenfelt Conference Centreと、帰りに立ち寄ったトロント市内の様子を撮影したものです。

淡路島縦断の旅

  • 050708_2036
     「フォーカシング国際会議」が、2009年5月12日(火)から5月16日(土)にかけて、5日間、日本で開催されます。
     このフォトアルバムは、その開催候補地の淡路島を、公式に「お忍び視察」した時の旅行記(だったの)です(^^)。
     フォーカシングの関係者の紹介で、会場予定地の淡路島Westinという外資系の超豪華ホテルに格安で泊まる機会が与えられました。しかし根が鉄ちゃんの私は、徳島側から北淡に向かうという、事情をご存知の方なら自家用車なしには絶対やらない過酷なルートをわざわざ選択したのであります。
     大地震でできた野島断層(天然記念物になっています)の震災記念公園(係りの人に敢えてお尋ねしたら、ここは写真撮影自由です)にも謹んで訪問させていただきました。
     震災記念公園からタクシーでわずか10分のところにある「淡路夢舞台」に、県立国際会議場と一体になった施設として、とても日本とは思えない、超ゴージャスな淡路島Westinはあります。

水戸漫遊記

  • 050723_1544
     友人と会うために水戸市を訪問しましたが、例によって鉄ちゃんの私は「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」に乗れることそのものを楽しみにしてしまいました(^^;)。
     仕事中の友人と落ち合うまでに時間があったので、水戸市民の憩いの場所、周囲3キロの千破湖(せんばこ)を半周し、黄門様の銅像を仰ぎ見て見て偕楽園、常盤神社に向かい、最後の徳川将軍となる慶喜に至る水戸徳川家の歴史、そして水戸天狗党の反乱に至る歴史を展示した博物館も拝見しました。
     最後は、水戸駅前の「助さん、格さん付」の黄門様です。
     実は御印籠も買ってしまいました。

北海道への旅2005

  • 051012_1214
     日本フォーカシング協会の年に一度の「集い」のために小樽に向かい、戻ってくる過程で、他の参加者が想像だに及ばないルートで旅した時の写真のみです。かなり私の鉄ちゃん根性むき出しです。  表紙写真は、私が気に入った、弘前での夕暮れの岩木山にしました。

神有月の出雲路2006

  • 20061122150014_1
     11月の勤労感謝の日の連休に、日本フォーカシング協会の「フォーカサーの集い」のために島根県の松江に旅した時の旅行記です。https://focusing.jp/  
    ご存じの方は多いでしょうが、出雲の国には日本全国の神様が11月に全員集合することになってまして、「神無月」と呼ばれるわけですが、島根でだけは、「神有月」ということになります。(後日記:「神無月」は10月でしたよね(^^;A ........旧暦なら11/23前後は10月でせう....ということでお許しを.....)  
    ちょうど紅葉の時期と見事に重なり、車窓も徒歩もひたすら紅葉の山づくしでした。このページの写真は、島根の足立美術館の紅葉の最盛期です。

リンク